聖女と風色のブーケ・贖罪編 Story

 
最終更新日時:
ストーリーまとめ


story1

罪に苦しむ人を救うため、
世界を旅する『贖罪の聖女

彼女の姿を一目見ようと、
人々は町の広場に集まっていた。

領主
私の心が、罪に橘れていると?

ルウシェ
祈りましょう。
あなたの魂に。

領主
(聖霊教会……奴らか聖女を
担ぎだして布教に力を入れ始めた
とは聞いていたが)

(俺の街で好き勝手はさせんぞ。
せいぜい恥をかかせてやる。
何が聖女だ……!)

領主
罪があるのなら、喜んで
悔い改めましょう。
もし私に罪があるならば。

ルウシェ
あなたの罪を――私にください。

聖霊の御業により悩める人々を
救うという聖霊教会。彼らが擁する
贖罪の聖女』ルウシェ――

故あってルウシェは教会の下より
逃れた身であったが、聖霊教会は
聖女の出奔を布教を行うためという
ことで公にした。

領主
何だ――これは!?

がああああああ!!

領主は己の魂が――
聖女の背後に現れたそれに
削ぎ落されるのを感じた。

その存在は罪を喰らう。
その存在が罪と認識した感情を
根こそぎ奪い、魂を改鋳する。

領主
おお、私は……私は今まで
なんということを……!

民衆
おお……!

領主の悪行を知る人々は、
目前の光景に息を呑んだ……

オリバー
ふーん、さすがっすね~。


……
…………

島の者から案内された教会で、
ルウシェは一人祈っていた。

ウォーレン
!!

セリーヌ……?
いや、そんな……!

ルウシェ
私はルウシェと申します。

ウォーレン
失礼しました、あなたが娘に
そっくりだったもので……!

私は興行師のウォーレンと
申します。私は許されぬ
罪を犯してしまいました……

愛する娘を、悪魔のいけにえと
してしまったのです……!

ルウシェ
それは――そういうことですか。

ウォーレン
伯爵>と呼ばれる男について
聞かれたことがあるでしょうか。

ルウシェ
いいえ……

ウォーレン
暗黒街の支配者の一人。
あらゆる犯罪に手を染めた
裏社会の大物です。

恥ずかしながら、この私が
興行師としてやってこれたのも
裏社会の大物です。

ルウシェ
(どうしてでしょう――
この方の言葉は痛ましいのに、
どこか違和感が――)

ウォーレン
伯爵は今までの見返りとして、
娘を花嫁にと求めたのです。

私はあの悪魔に逆らえなかった。
命よりも大切な娘に――死よりも
辛い運命を招いてしまった。

ルウシェ
望まれない契りは、悲しいもの。
わかりましたーあなたの罪を、
私に下さい――!

…………
……

多くの催事でにぎわうその島には、
住人たちか目を背ける
場所がある――

数千年前の遺跡、
地下競技場遺跡である。

花嫁は――
ここに囚われているという。


ルウシェ
騎士様――ごめんなさい。
でも私には、見過ごせません……!

story2

ルウシェは、花嫁の少女を
抱えながら走っていた――

ルウシェ
(また……何か見えないものが
私に触れた――!)

早く……ここを離れないと!

セリーヌ
……あなたは? どうしてこの私を
連れ出すのです?

ルウシェ
ルウシェと申します。
あなたのお父様に頼まれて、
助けに伺ったものです。

セリーヌ
伯爵の使いじゃないのね。
かしこまって損しちゃった。

ルウシェ
はい。お気軽にどうそ。

セリーヌ
え? え? あんた……
あたしそっくりじゃん!
それって変装か何か?

ルウシェ
変装ではありません。

セリーヌ
うっそ、やばくない!?
すっごーい!

ルウシェ
不思議ですね。ふふふ。
まるで自分とお話をしている
みたいです。

セリーヌ
で、あんた……
あたしを助けてくれるつもり?

ルウシェ
はい。罪をあがなうために。

セリーヌ
えーと、それいらないから、
降ろして?

ルウシェ
なぜ……ですか?

セリーヌ
だってあたし、別に結婚を
断る理由ないんだもん。

ルウシェ
ですが…

セリーヌ
相手は大金持ちで権力者。
裏社会のポスってのも
ロマンあるしねー。…!

結婚したらローラクして、
骨抜きにして、実権奪って、
あたしが裏社会のクイーンに
なったるってーの!

ルウシェ
お父様の身を……
案じてらっしゃるんですね。

セリーヌ
だーれがあんな
クズ男のことなんか!
ルウシェ

伯爵という方について、
私もいろいろと伺いました。
私におまかせください。

セリーヌ
駄目だよ……あたしが、
背負わないとダメなんだ……

ルウシェ
セリーヌさん……!

セリーヌ
あたしのせいなんだよ。
父さんがあいつの手下になったの。

ルウシェが背負う<アルマ>。
それは人によりつく
ソウルの化身である。

アルマはそれぞれ特性をもつ。
ルウシェの<アラストル>は
罪を喰らうアルマだった。

ルウシェ
(アラストル……セリーヌさんの
罪の意識に反応を……)

セリーヌ
だから、今度はあたしが――

ルウシェ
幸せになる番です。
だから安心してください。
それから、私のことはルウシェと。

セリーヌ
わかった。
……あ、ちょっと待って!

<セリーヌは、辺りを見渡す。>

ルウシェ
どうしましたか?

セリーヌ
見ちゃ駄目……!!

ルウシェ
これは……!

ルウシェは、悟った――
ここで、地下競技場で
何か行われたかを。

セリーヌ
いったでしよ。あいつは悪魔。
誰もあいつからは
逃れられない――

ルウシェ
もう少し、辛抱してください。
着替えられる場所まで。

セリーヌ
……あんた。

ルウシェ
私が……身代わりになります。

story3

そこには――清らかに
装った花嫁がいた。

花嫁は静かに待つ――
契りの時を。

<参列者たちの目には生気が無い。
どこか、人形めいている。>

ルウシェ
(セリーヌさんの言う通りなら、
ウォーレンさんは出席
されてないはず。
好都合ですが、どうして……?)


チャンスは一度――
アラストルの全力をもって、
伯爵の罪を喰らう。

ルウシェは思い出す。
地下競技場の光景を。


そこで行われていたのは、
単純にいえば徒競走だ。

しかしコースにはー面、
致命の罠が仕掛けられていた。
挑戦者たちはおそらく――

ルウシェ
たとえ赦されない罪であろうとも、
この私が救ってみせます――
それが私の使命だから。

伯爵
見違えたよ、我が花嫁。

ルウシェ
――!

ルウシェとアラストルは――
目の前の男の抱える罪を
目の当たりにした。

それは真っ暗な絶望だった。
罪に橋れているのではない。
罪そのものがそこにいた。

ルウシェ
どうしてこんな――
こんな――魂が!

…………
……

?
セリーヌ・ウォーレン。汝は
神聖なる契約の下、いついかなる
定めにあろうとも、共に寄り添い
永久に結ばれることを誓いますか?

伯爵
誓おう――我らは一つになる。

?
汝――セリーヌ・ウォーレンを
妻とし――神聖なる契約の下、
いついかなる定めにあろうとも、
共に寄り添い永久に
結ばれることを誓いますか?

<ルウシェは、何も答えない。>

?
それでは、誓いの接吻を――

十分な――間合いであった。

―― 一撃に全てを賭ける。
そんなルウシェの意志を受け、
アラストルは姿を変え、
さらなる進化を遂げていた。

ルウシェ
あなたの罪を――!

伯爵
惜しかったな、我が花嫁……

ルウシェ
まさか――アルマ!?

伯爵
その呼び名は嫌いでね。
昔ながらの呼び名でお願い
したいものだな……

そう、悪魔とね――!

ルウシェは、攻撃を避けようと
したが――

ルウシェ
あああああっ!!

<ルウシェは伯爵のー撃を
まともにくらって、その場に倒れた。>

ルウシェ
体が、動かない……!

<参列者たちの姿が、
魔物に変わっていく……!>

伯爵
さあ、抱きしめてやろう――
我が花嫁!

ルウシェ
……アラ、ストルっ!

アラストルは、ルウシェの
体を抱きかかえて、
後退する――!

伯爵
逃さぬよ!

<アラストルは、地下競技場へ
逃げ込んだ……>

ルウシェ
ううっ……

<ルウシェは傷口を抑える。
深手であった――>

story4

セリーヌ
……父さん。

ウォーレン
……セリーヌ! どうしてここに!

セリーヌ
逃げよう、さあ、早く!

ウォーレン
駄目だよ、私はここを離れることは
できないんだ――

セリーヌ
そんなに大会が大事なの!?

ウォーレン
私は、見届けねばならない――
それが興行師としての……
いや、もうそんな衿持など無意味か。

私は……ただの弱い人間だ。
すまない……本当にすまない。
セリーヌ……!

セリーヌ
何で今更謝るの!?
父さんの馬鹿!

ウォーレン
どうして……父さんを見捨てて
くれなかったんだ……!

セリーヌ
えっ……!?



セリーヌ
――なんで、あんたがここに――

伯爵
私とウォーレン氏とは、
一心同体でね……!

セリーヌ
どういうこと――

伯爵
彼は私の部下ではない。
乗り物兼、奴隷だよ。
我々は――

伯爵
君たち人間によりつけぱ、
力を大幅に節約できるからね。

セリーヌ
……ええっ!?

伯爵
だからこんなこともできる。
完全に支配することも――

セリーヌ
父さん!

伯爵
いいねえ。君たち父娘の絶望は
最高だよ……力が満ちて来る。

セリーヌ
あんた……一体何なの!?

伯爵
感情>を食べるものさ。
君たちは我々の食料なんだよ。
光栄だろう?

セリーヌ
あたしを、食べるつもり?
キモイんだけど。

伯爵
君にはもっと誇らしい役目がある。
実はウォーレン氏はもう限界でね。
あと数年の命だ。

セリーヌ
そんな……!

伯爵
新しい乗り物が必要なんだ。
それが君さ。我が花嫁。

乗り物にふさわしい人間は
宝石よりも貴重だからな……
さあ、私と一つになろう。

セリーヌ
嫌っ……!!


…………
……

ルウシェは――動かぬ体を
アラストルに運ぱせて、
ひたすらに、地上へと逃れた。

ルウシェ
あううっ……あああっ!

ルウシェは、その場で倒れ伏した。

約束をした――無理はしないと。
だが、見過ごせなかった――

ルウシェ
まだ、倒れては……
いけないのに……

騎士様……ごめんなさい……
ごめんなさい……

story5

<騎士は――黒い飛行艇の船内で、
手紙をしたためていた。>

アシュレイ
ルウシェ、俺はお前に、罪に
まみれた世界を見せるといった。
俺はその通りにした。

だがお前は変わらずに微笑む
だけだった。そんなお前が初めて
感情を見せたのは、
あの母子にあったときだった。

生まれたばかりの子を抱く
母親の姿を見て、お前はいった。
この世界は優しいと。

お前が知っているのは、世界の醜さ
だけだった。俺はお前にそんな
ものを見せ続けた教会にこそ、
怒りを向けるべきだったのだろう。

俺もお前も、もっと知らなければ
ならない。この世界の優しさを。
世界の優しさから目を背けて
いたのは、俺の方だった。

ルウシェ
騎士、様……
私は知ってます……
あなたは、優しい人。

…………
……

エクル
セリーヌ、セリーヌ!

ルウシェ
…………

アイリス
治療は終わったのに、
意識が……このままじゃ!

エクル
くんくん……あっ!

メイリン
どうしたんです?

エクル
なんかいる! セリーヌの中に、
わるいかぜ!

ヴィヴィ
わるいかぜ!?

エクル
ぷーってする!
えーいっ!

ルウシェの体を、風がとりまいた!

ルウシェ
はっ!? 皆様、
どうしてここに!?

ヴィヴィ
セリーヌさん! よかった!

キャトラ
だ、大丈夫なの!?

エクル
わるいかぜでてった!
エクルえらい!

メイリン
一体何かどうしたんです?

ルウシェは、事情を説明した……

…………
……

メイリン
ルウシェさんがセリーヌさんで、
セリーヌさんがルウシェさん。
なるほど連環の計ですね?

ヴィヴィ
大会の裏でそんなことが……!

エクル
よくわかんないけど……
でも、よかったね!

キャトラ
これからどうするワケ?

ルウシェ
罪に穢れた魂の元に向かいます。

メイリン
待ってください!
このパターンは罠です!

キャトラ
メイリンが賢いことを!?

ルウシェ
確かに!?
そうかもしれない気が!

ヴィヴィ
エクルさん、さっき言っていた
悪いかぜ>って……
どういうものなんですか?

エクル
もやもやー!
いっぱい!
そこにもここにも!

ルウシェ
……そういえば、なにか
周囲から忌まわしい気配を……

ヴィヴィ
と、いうことは……!

メイリン
こういう場合は油断をさせて
おいて意外なところから伏兵……
いや、天井裏から?

エクル
セリーヌ! じゃなくて、
ルウシェ! これ、おまもり!

<エクルはルウシェに美しく
輝く羽根を手渡した。>

ルウシェ
これは……! 周囲の忌まわしい
気配が、退いている……!

エクル
これで、わるいものばいばい!

ルウシェ
ありがとう、エクルさん……!
私、がんばります!

…………
……

<ルウシェは、関係者控室に走った。>

ルウシェ
あっ!?

ウォーレン
おお、セリーヌ……セリーヌ!

ルウシェ
(私のことをセリーヌさんと……!)

<ウォーレンは………
激しく衰弱している。>

ウォーレン
私は嘘をついた……お前のためと
いいながら、結局は金と名声に
すがっていたのだ……

当然の報いだ……
グフッ……!

ルウシェ
父さん、しっかりして――
私は、ここにいるから――

<小さな嘘だった。
人を、許すための……>

ウォーレン
セリーヌ……
愛している……

――興行師はゆっくり目を閉じた。

あがないの聖女は――
ゆっくりと立ち上がる。

ルウシェ
罪に――救いを!!







story6

セリーヌ
ふふ、追ってくるがいい。
我が地下競技場の死の罠を
味わっていただこう。

この場に残る絶望を束ね――
我が敵にさらなる絶望を。

ルウシェ
罪深き魂よ――汝に救いを。

セリーヌ
これは驚いた。
君が来るとはな――

セリーヌ
ルウシェ……来ちゃ駄目。
こいつは……

ルウシェ
(アラストルが罪を糧とするなら、
この存在も、何かを糧に
しているはずです)

<ルウシェは直感する。
セリーヌとウォーレンに
共通する感情――>

ルウシェ
あなたは、絶望を――
糧としているのですね。

伯爵
その通り。――君の心も
絶望に染めてあげよう。
ところで――

我が花嫁は、この世に二つと
ないはずの貴重な宝石――
それと生き写しのその姿。

それが何を意味すると思う。
もう一人の我が花嫁……
私は運がいい。

セリーヌ
さあルウシェ……
絶望になりましょう。

ルウシェ
セリーヌさんから、離れなさい。


くっ……

伯爵
動けんだろう。ははは、
無策だったな――


<ルウシェの全身は、すでに
伯爵の見えない霧に
拘束されている……!>

ルウシェ
アラストル!

<アラストルが、ルウシェの盾と
なるや……見えない霧は
ちぎれ飛んだ!>

伯爵
なにっ……!

<罪を喰らう魔神の手には、
嵐の鳥の羽根がある!>

ルウシェ
はあ……はあ……

伯爵の油断を誘うため、
ルウシェはわざと霧に体を
縛らせていたのだ――

全ては、セリーヌを救う
一瞬を稼ぐため!

嵐の鳥の羽は輝き――
アラストルの体を光で
覆い尽くす!!

伯爵
ぐぬおおおおううう!!

<アラストルの拳をうけて、
伯爵は吹き飛ぶ!>

ルウシェ
誰かの罪を背負えるのならば、
そんな人生でもいいと――
そう思っていました。

<ルウシェは、へたり込む
セリーヌの体を抱き上げた――>

ルウシェ
でもそれは罪――傲慢の罪。
だから、その罪をあがないたい。
この命を使って……!

伯爵
なかなかのじゃじゃ馬だな。
もう一人の花嫁は。だがそれも一興。

セリーヌ
……ルウシェ……

ルウシェ
この命、あなたには渡しません!


BOSS

最終話

<魔神と魔王――
両者の挙が激突した!>

ルウシェ
この力――アルマの――!

伯爵
罪を喰らうだと――ははは――
罪とは!

貴様ら家畜の言う罪とは!
己への絶望から生まれるもの!

罪如き、絶望には勝てぬわ!

ルウシェ
あなたの罪を――
私にください。

伯爵
ぬぁ……!?
あっ……ヒッ……!?

ぐああああああ!!!

ルウシェ
この罪に救いあれ……
赦しあれ……!

…………
……

司会者
いやあ一時はどうなることかと
思いましたねみなさん!

というわけで、気を取り直して
エンディングでございます!

アテナ
あーんっと……ムグムグっ。
んんーっ、美味しいっ!!

やっぱり最高ね。
絶望を乗り越えた希望の味は♪
伯爵>に感謝しなきゃっ♪

オリバー
めんどうなもんっすねえ。
悪魔ってのも。

アテナ
おかげで力が戻ったわっ♪

オリバー
じゃあ、そろそろ行くっすかねえ。
……あのピエロさんのとこに。

アテナ
あいつ、一筋縄じゃ
いかなそうだけど?

オリバー
そいつは楽しみっすねー。
次こそは、本気出したいっす。

…………
……

ヴィヴィ
ヴィヴィズ
   ブレインウェイブ
          レイディオ!

キャトラ
始まったわ!

ヴィヴィ
なんと今回から、番組は
公開録音になりました!
しかも!新しい仲間が!

メイリン
みなさん初めまして。
みなさん初めまして。
みなさん初めまして。

ヴィヴィ
なんで三回いったんですか!?

メイリン
<さんこの礼>です!
今回から番組に参加する、
軍師のメイリンです!

ヴィヴィ
そして!

エクル
エクルだよ!わーい!
みんなおそろい!!

メイリン
なるほど、衣装をそろえるという
作戦ですね!

ヴィヴィ
今回からこの三人で、ラジオを
やることになりました!!

Gプロデューサー
これが三倍の輝きだ!
まさにトリプルスター!!
嵐を起こすぜ!

エクル
ねえねえラジオってなに?

メイリン
私もよくわかりませんが、
なにやら皆さん
私たちを見てますね?

ヴィヴィ
これから三人で、楽しく元気に
おしゃべりします。
それがラジオです。

エクル
わかった!!

メイリン
なるほどわかりました。
これもライバルとの
切磋琢磨ですね!

ヴィヴィ
では最初のお便り!
『結婚はもうこりごり』
さんから!

エクル
ふいー?おたより?

ヴィヴィ
私はずっと、父親か嫌いでした、
でも、父親か良くない仕事を
してるのは私のためでした

私は昔から少し難しい病気を
患っていて、父親はずっと高顧な
治療費を払ってくれていました

<ラジオから聞こえる放送に、
少女たちは耳をそばだてる。>

ルウシェ
そうだったんですね……

セリーヌ
よくある話でしょ?

ウォーレン
ルウシェ様……なんとお礼を
申し上げたらいいか……!

ルウシェ
私は、務めを果たしただけです。

セリーヌ
ねールウシェ、あなたの騎子様、
いつ帰ってくるの?

ルウシェ
はい、明日にはこの島に。
帰ってくるとのことです。

セリーヌ
あのドレスを着てお迎えしたら?
そのままゴールイン
しちゃうとかどう?

ルウシェ
ゴールイン?

エクル
今度は、ルウシェとセリーヌも
いっしょにラジオしよ!

メイリン
あのお二人も、ライバルですしね!

<興行の島イベン島――
絶望の霧は隋れ、
希望の嵐がやってきた。>

ルウシェ
皆さんに、
聖霊の祝福かあらんことを!

飛行島・思い出

最近の更新

2017/05/20 (土) 16:56

2017/05/20 (土) 16:49

2017/05/20 (土) 07:22

2017/05/20 (土) 00:32

2017/05/19 (金) 06:44

2017/05/19 (金) 06:29

2017/05/19 (金) 06:27

2017/05/19 (金) 06:24

2017/05/18 (木) 06:03

2017/05/17 (水) 12:11

2017/05/17 (水) 12:09

2017/05/17 (水) 12:08

新規作成

2017/05/20 (土) 16:56

2017/05/20 (土) 00:32

2017/05/19 (金) 06:44

2017/05/19 (金) 06:29

2017/05/18 (木) 06:03

2017/05/17 (水) 12:11

Wikiランキング
【速報】ミラクルニキ攻略アンテナ
チェインクロニクル攻略・交流Wiki チェンクロ3
白猫プロジェクトwiki【白猫攻略wiki】
4 アイマス デレステ攻略まとめwiki【アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ】
5 ジョジョの奇妙な冒険 スターダストシューターズ攻略Wiki【ジョジョSS】
6 消滅都市2 攻略まとめWiki
7 メルクストーリア - 癒術士と鈴のしらべ -攻略Wiki【メルスト攻略】
8 ドラクエモンスターズ スーパーライト非公式wiki【DQMSL攻略】
9 DBZ ドッカンバトル攻略Wikiまとめ【ドラゴンボールZドカバト】
10 ブレソル攻略Wikiまとめ【BLEACH Brave Souls】
注目記事
白猫 神気アーモンドピーク 評価 白猫プロジェクト
ドッカンバトル 最強キャラ 評価 ドラゴンボールZドッカンバトル
ジョジョSS タワーバトル 究極 攻略 ジョジョの奇妙な冒険 スターダストシューターズ
DQMSL 大魔宮の試練Lv6 ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト
デレステ イベント モーレツ★世直しギルティ! アイマス シンデレラガールズ スターライトステージ
#コンパス リセマラ #コンパス
あんスタ 親愛イベント 一覧 あんさんぶるスターズ!
パワプロ 最強選手 育成論 パワプロアプリ
ミラクルニキ ギルド依頼 ミラクルニキ
モンスト LINE掲示板 モンスト
ページ編集 トップへ