続・魔王たちの日常 Story

 
最終更新日時:
白猫ストーリー
黒猫ストーリー

黒ウィズゴールデンアワード2017
2017/08/31

目次

Story1
Story2
Story3




story1


アンリ・イニス

「ようこそ、アルトーパークヘ。ゴドー卿がここへいらっしゃるのは久しぶりになりますな。」


アルドベリク・ゴドー

「そうだな。無沙汰になってしまってすまない。その分、今回の滞在では羽を伸ばすことにする。
これはつまらない物だが受け取ってくれ。」
と、アルドベリクは持ってきていた剣を渡した。
「ありがとうございます。これはゴドー卿のコレクションですかな?大事にさせていただきます。」

アンリはアルドベリクの羽の向こうを覗き見る。


「……お会いしないうちにご家族が増えましたな。」
「いや、家族というわけではないんだ……。」

アルドベリクの後ろに控えていたのは、白い羽を持つ天使とふたりのこどもたちである。
物珍しさも手伝ってか、こどもたちは少し興奮気味であった。

「さ、リザ、リュディ。今日からここにしばらく滞在するんですよ。」
「ねえ、ルシエラ、さっきお庭にマパパがいたー。」
「僕らと同い年くらいの女の子もいたよ、麦わら帽子被ってた。」
「あら、リュディって意外と目ざといのね。」
「ど、どういう意味だよ……。」
「はい、はい、そんな喧嘩はマパパも食べませんよ。さ、お世話になるアンリさんに挨拶しなさい。」

ルシエラは館の主人であるアンリに微笑む。
「どうも、初めまして、ルシエラです。よろしくお願いしますね。

「天使のお嬢さん、こちらこそよろしくお願いします。おチビさんたちも、楽しむんだよ。
まさか、この館にふたりも天使の女性が滞在することになるとは。あとでご紹介いたします。」
「ええ。私以外にも天使の子がいるんですか?ぜひ、挨拶させて下さい。」
「はい。たしか交換留学生(捕虜)だとか。」

その会話に割って入るように、アルドベリクが尋ねる。
それはこのアルトーパークに来た本来の目的でもあった。

「別の元天使はもう到着しているか?」
「まだでございます。ご到着されているのは、ドラク卿とバルバロッサのご令嬢のみです。」
「そう。それなら待つとしよう。」

それは、アルトーパークに長期滞在し、彼らの重要案件の決定を集中的に行うという目論見であった。

ふと、アルドベリクは上階へ向けて伸びる階段の湾曲に目をやった。
そこに見えるは、イニス家が誇る女性ふたり、アンリの妻ララーナと娘エレインである。
ふたりはゆっくりとアルドベリクの方へ歩いて来る。


「ごきげんよう、ゴドー卿。」
「こちらこそ、侯爵夫人。」

堂に入った母の態度とは違い、エレインの振る舞いはまだ開いたばかりの花のよう。
挨拶の仕方も、蕾の面影が残っていた。

「ごきげんよう、ゴドー卿。」
「エレインか。前にあった時はまだ小さかったな。」
「ええ。よく遊んで頂いたのを覚えています。」
「ゴドー卿。娘は貴方が来ると知って、朝から時間をかけてめかし込んでいましたわ。」
「まあ、お母さま!それは言わない約束では?」
「ふふふ。裏切りは魔界の流儀ですよ。ゴドー卿、お世辞でも結構ですから、娘を少しほめてやってください。
それだけで、娘は大喜びするはずですから。」
「え。」
そう言われて、アルドベリクはエレインを見た。


少女はこの家のしきたりを守り、その顔には鉄の仮面を被っている。
めかし込んだと言われても、何か何だかわからない。アルドベリクはそう思った。
この場合、沈黙は時間と共に別の意味を帯びてくる。
何か言わなければいけない、とアルドベリクは焦った。

「その……いい、装飾だな。その……仮面の上の彫金など、なかなか出来るものではない。」
「…………」
妙な沈黙がアルドベリクの背筋を寒くさせる。何か間違えたのだろうか、と。
「まさか、そんなところを褒められるなんて……。」
「……。」
後悔が、押し寄せてくる。
「嬉しいです。ここはわたくしが直接職人に指示して彫らせたものなんですよ。」
「そうか……そうだと思った。エレインらしさが出ていると思ったんだ。」

どうやら間違いではなかったようだった。

「そうですね。それに、そのドレスも素敵です。あ、ジュエリーもドレスにとても合ってますね。
自然とエレインのことを誉めたてるルシエラを見て、アルドベリクは密かに『こいつすごいな』と思った。
というか、ドレスを褒めればよかったのか、今更ながら気づき、ほぞを噛む思いであった。
「ありがとうございます。おや?貴方、どなた?」
不思議そうに首を傾げるエレインに、アルドベリクは同行者を紹介する。

「紹介する。居候のルシエラ。それから小さいふたりはリザとリュディだ。色々あって面倒を見ている。
「よろしくお願いしまーす。ほら、ふたりも。」
「「よろしくお願いしまーす!」」

エレインは硬直したように黙っていた。
しばらくして、小さく笑い声をあげた。

「うふふ。……そんなバカな。」
それきり、エレインは父親の後ろで項垂れていた。
どことなく落ち込んでいた気もしたが、仮面を被っているのでよくわからなかった。


プラーナに案内され、アルドベリクたちがサロンに向かおうとすると。



「貴公の方が、先か。イニス卿、世話になるぞ。」
イザークが到着し、アンリと挨拶を交わしていた。
「ああ、少し前に着いた。」
「イニス卿、これは〈マンイーター〉のナンバーテンだ。受け取ってくれ。」
「これはこれは、銘酒と謳われるナンバーテン!有り難く頂戴いたします。」

すると堰を切ったように続々と魔王たちが到着する。

「イニス卿、ごきげんよう。
これは夫人とエレインに渡してくれ。我が領土のヒキツリジカの香嚢を使い作った香水だ。」
「ありがとうございます、エストラ様。」
「……?」
最後にクィントゥスがやってくる。

「久しぶりだな、アンリのダンナ。途中でぶっ倒したチスイオオクマを使用人に渡しておいたぜ。
やり方は任せるが、うめえ料理を喰わせてくれよ。」
「お安い御用です。クィントゥス殿。」
「……。」


「どうやら今回の参加者は揃ったようですね。」
アルドベリクの傍らに、クルス・ドラクとカナメ・バルバロッサが現れる。
「クルス、カナメ、つまらないことを聞くが、お前たちはイニス卿に手土産として何を渡した?」
「ドラク地鶏の肉と卵を。」
「バルバロッサ家御用達の日傘を渡しました。」

アルドベリクは居並ぶ魔王たちを無言で見つめる。

「お前たち、やっばりわざとだったのか……。」
「ゴドー卿、何のことですか?」
「貴公はー体、いつの話をしているんだ?」
「さっぱりわからんぞ。」

「……もういい。」


story2



イザーク、アルドベリクを含む、魔界の中枢に座る者がこのアルトーパークに集まったのには訳がある
彼らには、これからの王侯会議の行方を左右するほどの決定を下す。という重大な仕事があった。

「今回は事が事だけに、第三者の意見を聴く必要がある。
そのため、特別に魔王以外の者も参加してもらうことにした。
だが、決定するのはあくまで我々、王侯会議である。そのことは、認識しておいてほしい。」
王侯会議の参加者たちが黙って頷いた。それを契機にして、クルスが立ち上がる。
「では、特別に参加してもらう面々を紹介しましょう。
ひとり目は、アリーサ・ベルゴン。由緒正しきベルゴン家の令嬢です。」


「よ、よろしくお願いしまぁす。」
「君はギブン兵の生みの親だと聞いた。思ったより若いんだな。」
「若さは功績の多寡に関係はない。これからも精進してくれ。」
「は、はぁい。あ、ありがとうございまぁす。」
(猫かぶりにもほどがある……)

「では次はキルティ家の令嬢イーディス・キルティです。
彼女はワクワク魔界フェスティバルの名付け親と言えば、不足はないでしょう。」
「なるほど、今回の参加者に相応しい。君のおかげで、ワクワク魔界フェスティバルは成功を収めているようなものだ。」


「とんでもありません、閣下。
わたくしはただ、王侯会議の崇高な計画に相応しい名を、偶然見つけ出すことが出来たに過ぎません。
成功は、すでに計画段階から決定していたと考えます。」
その畏まった口調を聞き、エストラがはたと思い至る。
「閣下?彼女はすでに軍籍にあるのか?」
「俺の管轄する方面軍に所属している。直属はバルバロッサ家だ。」
「女学院では私やアリーサの学友です。名目は私の護衛ということになっていますが。」
イーディスはきびきびとした動きで自分の席に戻る。
「続いて、イニス卿。説明は不要でしょう。ルシエラさんとリザさん、リュディくんに関しても同様でしょう。」
「問題ない。よろしく頼む。」
「「「はーい。」」」

「さて、最後ですが、偶然珍しい客人が滞在していたので、参加してもらいました。
よその世界から来た黒猫を連れたニンゲンです。」
紹介にあわせて、ニンゲンはよろしくお願いしますと言った。

目の前のニンゲンが、いつぞやの魔法使いだとアルドベリクは気づく。
イニス家のしきたりに合わせたのか、仮面をつけていた。それだけでなく、なぜか足かせまでつけている。
「……大変そうだな。」
ニンゲンは、わかって頂けて幸いです、と答えて、再び着席した。

事前に済ますべきことが終わり、本格的に会議が始まろうとしていた。



アルドベリクが厳かに切り出す。

「では、本日の議題に取り掛かりたいと思う。
現在、我々は一部貴族から閉鎖的であることや、決定の密室性を糾弾されている状態だ。
それは、この王侯会議というものを組織した経緯、つまり「開かれた意思決定」という理念からはかけ離れている。
我々はいま一度、王侯会議と支配下の魔族たちとの関係性を見つめる時が来ているのではないか。
そこで、王侯会議のイメージアップを企図し、キャッチコピーとマスコットキャラクターを決定する。」
アルドベリクに続いて、アンリが声を上げる。
「僣越ながら、それに加えて、先日このアルトーパークで起こった殺人?殺鳥? 殺ギブン? ま、何でもいいのですが。
その件について、皆さまの決定を賜りたいと存じます。状況、経緯などはお伝えしている通りです。
決めて頂きたいのは、殺ギブンを犯したギブンの処遇です。」
「その旨、了解した。カナメ、まず公募で集まったキャッチコピー案を読み上げてくれ。」
言われて、カナメは資料を片手に立ち上がる。

「僣越ながら、私が読み上げさせていただきます。」
一拍の間をおいて、カナメは慎重かつはっきりとした口調で、一案目を読み上げた。

『胸がドキドキ!王侯会議』
一同は黙っている。

「ちょっと意味がわからないな。」
「少し、意外性を狙い過ぎている気がしますね。」
『なんでもおまかせ! 王侯会議』
「……誇大広告じゃないか。さすがに我々も、なんでもというわけではないぞ。」
「そうだな。次を頼む。」

『王侯会議、イーディスね』
アルドベリクはイーディスを見やる。
「君か?」
「いいえ、違います、閣下。」
「そうか。」
(信じた?)
「次を頼む。」

『ちょっと寄ってく? 王侯会議』
「親近感は湧くかもしれないな。気軽に寄れる感じがして。」
「狙いは悪くねぇんじゃねえか?」
「……だが、本当にちょっと寄っていかれても困るぞ。」
「それもそうだな……。次だ。」

『おいでよ、王侯会議』
「寄ってきそうな感じが強くなったな。」
「却下だ。」

『何か出るかな? 王侯会議」
「……密室感が強くなってないか?』
「それに、一か八かみたいなニュアンスは、全体意思の決定機関としては少しまずいだろう。」

『君の後ろに王侯会議』
「怖いだろ。」
王侯会議はさらに続く。


story


会議は暗礁に乗り上げていた。なかなか「これだ」と思える案が出なかった。
「次だ。」

『魔界―参加したい会議』
その案を聞いて、一同が示し合わせたように、宙を見上げた。
「悪くないな。魔界一ということで、品位の高さも感じる。さらに参加したいという言葉は親しみやすさがある。」
「他に案がないなら、これで決めてしまってもいいんじゃないか?」

しかし、最善のものではなかった。それは誰もが理解していた。
そんな時、傍聴者の中から手が上がる。

「アルさーん。リザが何か思いついたらしいですよ。さ、リザ、言ってごらんなさい。
少女は、座っていた椅子から飛び降りて、ちょこんと魔王たちの前に立つ。
すうっとひとつ息を吸うと、自信たっぷりに言った。


『ほのぼの王侯会議』
「ふふ。ありがとう、リザ。いい案だ。参考にさせてもらうよ。」
子どもの多感さは、うわべの笑顔や声色の奥の奥を鋭く感じ取る。
リザの表情は一気に曇った。
「ほのぼの王侯会議……。」
あやすように、ルシエラがリザの肩を抱いた。
「リザ。自分のアイデアがアルさんに気にいられないからって、わがまま言っちゃだめよ。
アルさんはリザより王侯会議のことの方が大事なんだから。」
「そこまでは言ってないぞ。」
「ほのぼの……。」
少女は寂しそうにそう呟く。
その場が静けさに支配されつつある分、その言葉が魔王たちの耳に鮮明に残った。

「『ほのぼの』でいいんじゃないか?」
「いや、それはさすがに……。」
「ほのぼの……。」
「……では、王侯会議の新キャッチコピーは「ほのぼの王侯会議」ということでいいか?」

「「「異議なし。」」」

「王侯会議の新キャッチコピーは「ほのぼの王侯会議」となった。
次にマスコットキャラクターについてだが、すでに配っている候補に目を通して欲しい。
現状では勇ましさや強さを表現する意図もあり、竜あるいは狼と言った獣をモチーフとしたキャラクターを考えている。
それについて異議はあるか?俺は竜がいいと思う。他に候補があれば聞こう。」
ざっと魔王たちを見渡したが、手を挙げる者はなかった。
と、アルドベリクの眼に、か細く白い手が挙がるのが見えた。
「ヤギさんがいい!かわいいからヤギさんがいい。」
「ヤギか。ヤギはなんというか、供物の印象が強すぎるな。さすがに王侯会議のキャラクターとしては……。」
言い終わる前に、アルドベリクは気づく。少女の眼が潤み、いまにもそこから涙がこぼれそうなことを。
「もう、リザ。またわがまま?さっきも言ったでしょ、アルさんはリザのことより、王侯会議のことの方が大事なの。
リザの意見なんてちーっとも聞いてないんだから、諦めましょ。」
「そこまでは言っていないぞ。」
ルシエラの腕に包まれながら、少女は寂しそうに呟いた。その言葉は儚く消え入りそうだった。
「ヤギさん……。」
「別にヤギでもいいんじゃねえか?」
「待て、ヤギだぞ。王侯会議の象徴がヤギというのは……。」

「ヤギさん……。」
「ヤギにしよう。」
「ヤギさん……。」
「ヤギさんにしよう。異議はあるか?」
「「「異議なし。」」」

「次に名前だが、故事に倣い、古の魔王から名前を拝借するのはどうだろうか。
魔王ドゥ・ゲイザあたりが妥当だと思うが?」
「まかたん……。」
「まかたんにしよう。」
「「「異議なし。」」」

アルドベリクは、ひとつ咳払いして、一同に向けて言った。
では、今回の王侯会議では、キャッチコピーとマスコットキャラクターの動物と名前が決まった。

「キャッチコピーは「ほのぼの王侯会議」。キャラクターとなる動物はヤギ。」
「ヤギさん。」
「ヤギさん。名前は「まかたん」だ。以上異論はないな?」
魔王たちは自らの手を打って、答える。その場は満場一致の拍手が響き渡っていた。

「では、明日は「まかたん」の具体的なデザインとキャラクター設定について、決めて行こうと思う。
各々、どうすれば魔族たちの心を掴めるか。今日一晩じっくり考え、明日の会議に参加してほしい。」


会議が閉会を迎える直前、クルスが思い出すように言った。

「あ。ギブンの処遇はどうしましょうか?」
「アルトーパークで私闘を行った者に慈悲は必要ない。殺せ。」
「「「異議なし。」」」

そして、新たに『ほのぼの王侯会議』として出発を迎えることとなった魔王たちの会議は閉会を迎えた。



続・魔王たちの日常

魔族の王は気高く残虐な者だ。気安く触れれば怪我をするぞ。
……この絵か、子供達が描いてくれた。――気安く触るな。


双翼のロストエデン 
新生の双翼 (ウィズセレ祭)2015/08/31
光の巨神と闇の騎神 (レイド)2015/09/12
双翼のロストエデン2015/12/09
失われた記憶の花 (クリスマス)2015/12/15
白猫コラボ (メイン飛行島)2016/01/29
魔王たちの日常 (黒ウィズGP2016)2016/06/13
双翼のロストエデンⅡ 前編後編2016/09/30
エデンの箱舟 (後日談) 前編後編2016/10/07
初登場 グレイス2014/10/15
ミミ&ララ(4周年)2017/03/05
サクヤ(4周年)2017/03/05

続・魔王たちの日常
2017/08/31
聖サタニック女学院
聖サタニック女学院2016/05/13
スローヴァ&ルルベル編(ザ・ゴールデン2017)
聖サタニック女学院2 ~アルトパークの惨劇~?


黒猫ストーリーに戻る

登場人物画像ストーリーテニスの話
登場人物イラストストーリー

最近の更新

9時間まえ

2017/09/18 (月) 22:47

2017/09/18 (月) 08:02

2017/09/18 (月) 07:57

2017/09/18 (月) 07:22

2017/09/18 (月) 07:18

2017/09/18 (月) 07:00

2017/09/18 (月) 06:57

2017/09/17 (日) 19:10

2017/09/17 (日) 18:08

2017/09/17 (日) 17:56

2017/09/17 (日) 17:55

2017/09/17 (日) 17:09

2017/09/17 (日) 16:34

2017/09/17 (日) 16:24

2017/09/16 (土) 21:51

2017/09/16 (土) 21:39

2017/09/15 (金) 19:48

2017/09/13 (水) 19:50

新規作成

9時間まえ

2017/09/18 (月) 22:47

2017/09/18 (月) 08:02

2017/09/18 (月) 07:57

2017/09/18 (月) 07:18

2017/09/17 (日) 19:10

2017/09/17 (日) 18:08

2017/09/17 (日) 17:55

2017/09/17 (日) 17:09

Wikiランキング
アイマス デレステ攻略まとめwiki【アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ】
【速報】ミラクルニキ攻略アンテナ
白猫プロジェクトwiki【白猫攻略wiki】
4 ジョジョの奇妙な冒険 スターダストシューターズ攻略Wiki【ジョジョSS】
5 DBZ ドッカンバトル攻略Wikiまとめ【ドラゴンボールZドカバト】
6 チェインクロニクル攻略・交流Wiki チェンクロ3
7 ブレソル攻略Wikiまとめ【BLEACH Brave Souls】
8 パワプロアプリ攻略Wikiまとめ
9 消滅都市2 攻略まとめWiki
10 ドラクエモンスターズ スーパーライト非公式wiki【DQMSL攻略】
注目記事
デレステ イベント Twin☆くるっ★テール アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ
白猫 リゼロコラボ Re:ゼロから戦う大罪司教 白猫プロジェクト
ドッカンバトル LRトランクス&悟天 評価考察 ドラゴンボールZドッカンバトル
メルスト あんスタ コラボユニット メルクストーリア
パワプロ 覇堂高校 最強選手育成論 パワプロアプリ
マギレコ リセマラランキング マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝
ミラクルニキ 偽りの鳥籠 答え コーデ ミラクルニキ
リネレボ スペルコレクション文字アイテム リネージュ2 レボリューション
DQMSL ロトの紋章コラボ 攻略 ドラクエモンスターズ スーパーライト
モンスト LINE掲示板 モンスト
『戦国ASURA』事前登録受付中! 戦国MORPG
ページ編集 トップへ