空戦のドルキマス Story1

 
最終更新日時:

プロローグ


「貴官は軍に所属し、〈イグノビリウム〉を壊滅していただきます。」

その言葉が君の耳から離れなかった。

 ***

「戦うっていっても、キミ、船の乗り方知ってるのかにゃ?」

ウィズの問いかけに首を振り、わからない、と君は言う。
魔力を込めた瞬間に少し飛んだだけで、動かし方なんて全く知らない。
全く何もできない、なんて言ったら、またあの銃弾が……。

「この異界は、人による魔法そのものが失われているらしいにゃ。
だとすると、この船を使えるキミは、ドルキマスにとって貴重な戦力にゃ。
それにイグノ……なんとかもこの船を恐れているって話にゃ。
だから、この船にいる限り、キミは安全を保障されてるようなものにゃ。」

だけどそれはつまり、敵が真っ先に狙ってくるかもしれない、ということ。
あのときもそうだった、と君は呟く。

「だけど、キミの魔法がとても役に立つらしいってことはわかっているにゃ!
キミが立ち回りを間違わなければ、ちゃんと帰れるはずにゃ。」

確かに、と君は首肯する。

「……ディートリヒは得体の知れない男にゃ。
異界の人間とはいっても、不気味すぎるにゃ。」

あの空気感、潤いを秘めたような瞳を持ちながらも、その表情には一切の欠点がない。
自身の片腕であるローヴィの「駒である」という発言を、彼は一切、否定しなかった。
それどころか、死に場所を与えるとまで言った。

気品を感じられる振る舞いはあったものの、傲岸不遜……
彼のことを理解できるようには、思えなかった。


「清掃は順調ですか?」
「……い、いつの間に入ってきたにゃ。」
ローヴィが周囲を見回した後で、君を見据えた。

君は魔道艇の掃除を命じられていた。
話によると魔道艇は、何十年……どころか、何百年近く眠っていた代物らしく、
ホコリまみれなんて話ではなかった。

「貴官は、3日後、魔道艇に乗って軍に合流していただきます。」
「み、3日後……そんな早くに……。」
「作戦については追って伝えます。
まずはこの魔道艇を”乗れる”ものにしてください。」



story1






分岐




ディートリヒ

外伝



最近の更新

2018/04/15 (日) 06:11

2018/04/13 (金) 06:55

2018/04/13 (金) 04:23

2018/04/12 (木) 20:57

2018/04/11 (水) 21:35

2018/04/09 (月) 20:43

2018/04/09 (月) 20:13

2018/04/08 (日) 22:20

2018/04/08 (日) 18:14

2018/04/08 (日) 18:11

2018/04/08 (日) 15:02

2018/04/08 (日) 10:03

2018/04/08 (日) 09:54

2018/04/08 (日) 09:39

2018/04/08 (日) 09:28

2018/04/08 (日) 09:27

2018/04/08 (日) 09:23

2018/04/07 (土) 20:30

2018/04/07 (土) 08:08

2018/04/07 (土) 07:51

新規作成

2018/04/15 (日) 06:11

2018/04/13 (金) 06:55

2018/04/13 (金) 04:23

2018/04/12 (木) 20:57

2018/04/09 (月) 20:13

2018/04/08 (日) 22:20

2018/04/08 (日) 18:14

2018/04/08 (日) 15:02

2018/04/08 (日) 10:03

2018/04/08 (日) 09:54

注目記事
コトダマン リセマラ当たりランキング 共闘ことばRPG コトダマン
NEWSに恋して 攻略ルート NEWSに恋して
プリコネR イベント攻略 プリコネリダイブ
白猫 おすすめソードマスター 白猫プロジェクト
デレステ SSR一覧 アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ
ページ編集 トップへ