喰牙 RIZE 2 外伝 Story

 
最終更新日時:
白猫ストーリー
黒猫ストーリー

※本編をクリアしていただくことで、よりお楽しみいただけます。
<開催期間>9月21日 16:00 ~ 10月23日 15:59

目次

Story ミハネ流
Story 外道からの帰り道
Story あれこれRIZE

主な登場人物






story ミハネ流



ミハネは、一見、優男である。
長身で、筋肉もしっかりついているのだが、輪郭としては細身の印象がぬぐえない。
色白で、中性的な顔立ちをしていることもあり、”あからさまに強そう”という雰囲気ではない。
なので、こういうことがよく起こる――らしい。



「命が惜しけりゃ、武器を捨てて金を出しな!」

ユウェルアスピナミハネ

優男ふたりと、幼い少女の3人旅。
”これは行ける”と踏んだのか、斧を持った盗賊が居丈高に叫んできた。

「ひっ。」
「ケケケ、怯えなくていいんだぜ、お嬢ちゃん。出すもん出したら、命までは取らねェからなァ~~~~っ!!」
アスピナが思わずびくりとしてしまったので、盗賊は、さらにつけあがった。

「おう、そこの!いい武器持ってんじゃねェの、”顔あり”かァ?どうせコケ脅しだろ、俺様によこしなァ!!」
ミハネは無言で刀を振り抜き、男の手にした斧を斬り飛ばした。
「えっ。」
もの言わぬまま、1歩踏み出す。手にした刃が、ギラリと陽光を反射した。
「ひ、ひいいっ!」
盗賊はたちまち顔を青ざめさせ、腰を抜かしてへたりこんだ。

「あの、ユウェルさん、止めた方が……。」
「いや。」
ユウェルは、厳然と首を横に振る。
「いい機会だ。よく見ていろ、アスピナ。」
本気の目だった。
アスピナは、何も言えずに黙り込んだ。

(殺さなくてもいい、って思うけど――)
だが、放っておけば、また旅人を襲うだろう。旅人が抵抗したら、殺してしまうかもしれない。
そうなる前に、ここで仕留めておく。そういう覚悟を覚えろと――ユウェルは、そう言いたいのか。
(でも、やっぱり――)
アスピナが口を開こうとしたとき、盗賊が、裏返った声を上げた。


「ま、待ってくれ! 俺が悪かった!出来心! 出来心だったんだ!
俺ァ、嫁に逃げられて、3人の子供がいてよ!みんな、ひもじくて腹ァ空かしてんだ!飯を食う金もなくてよォ!
それでつい、こんなことしちまったんだ!2度としねェから、見逃してくれよォ~!!」
「まっとうに働け。」
日雇いの仕事なんて、雀の涙なんだよォ。稼ぐはしから飯代に消えちまう!」
「だからといって、人を襲うのはよくない。」
「わ、わかってるけどよォ。他に方法が思いつかねェんだよォ~~!!」
ミハネは刀を下げ、押し黙った。

「…………。」
 「あれは、”頭から信じるわけではないが嘘だと決まったわけでもない”と考えている顔だ。」
「…………。」
 「”この男を見捨てるのは簡単だが、もし本当に腹を空かせている子供がいたら、かわいそうだ”と考えている顔。」
「…………。」
 「そして、”とりあえず、当座をしのげる金を渡し、まっとうな職を探せるようにしてやろう”と考えている顔だ。」

「……よくわかるね。」
「あのアホとの付き合いは、それなりに長いからな。」
ユウェルは、ぞんざいに言った。礼儀正しく、紳士的な青年なのだが、ミハネに対しては、いつもそんな感じだった。
「君も、これでわかっただろう。あいつは、こういう奴なんだ。」
「えっと……優しいんだね。」
「いいんだぞ、アスピナ。”アホ”って言っても。」
ミハネが懐を探り始めたのを見て、アスピナは、あわてて声をかけた。

「ミハネさん。」
「なんだ。」
「その人、嘘ついてる。金のネックレスとか、宝石とか、服の下に隠してるの。」
 「んげっ!」
「わかるのか。」
「うん。とにかくお金にがめつい神様に聞いたら、そうだって。」
 4「やだな、そんな神。」

ミハネは、盗賊に向き直った。刃の双眸が、容赦のない色をたたえている。
「斬るか。」
「まあ待て。命まで取らんでも、悪事を働けないようにすればいい。」
「利き腕を斬り落とすか?」
「もっといい方法がある。」

ユウェルは、怯えきった盗賊に近づき、にっこりと笑った。
「今からおまえに、盗みを禁じる術をかける。死にたくなかったら、抵抗するなよ。いいな?」
がくがくうなずく盗賊に、何事か呪文を唱え、かけてみせた。
「これでよし。禁を破れば、ひどいことになるだろう。心を入れ替えて生きるんだな。」
盗賊は、ほうほうのていで逃げていった。

「便利な魔法だな。」
「禁術の、1歩手前ってところだ。いちおう相手の合意がいるからな。
とはいえ、相手を騙して合意させる手もある。おまえも気をつけろよ。素直で純真な奴ほど引っかけやすいからな。」

ミハネは無言で鼻を鳴らし、歩き始める。
ユウェルも、アスピナの方を向いて肩をすくめてから、その後に続いた。
アスピナは、ちょっとあきれながら、とてとてと小走りになって、ふたりの背中を追いかけた。


story2



「焼けてきたな。」
ばちり、と薪の弾ける音を聞きながら、オウゼンは言った。

森は、深く沈むような夜に呑まれている。そのなかでは、赤々と燃える焚火も、どこか遠慮がちに見えた。
皮を焼き、内臓を取り除いたうさぎの肉が、焚火のそばに刺した串の先で、じりじりと香ばしく焼けている。
オウゼンは、そのうちのひとつを手に取り、焚火を挟んで向かいに座る女へ差し出した。


「眷族の身に、食事は不要だ。”存在の加護”を失おうともな。」
焚火を見つめたまま、ロギアは言った。

「腹を満たすことだけが、食事の意義ではあるまい。塩が、旨味を引き立ててくれている。」
「姉は、それを味わえない。私だけ楽しむわけにはいかない。」
ロギアは、焚火から目線を上げた。射抜くような眼差しで、オウゼンとプグナを見やる。
「情けをかければ、私が改心するとても?」
「”改心”か。非道を働いた自覚はあるようだな。」
「許される所業ではないと、わかっていて、やった。私はそういう人間だ。」
「俺も、そうだったさ。だから、帰り道を探している。」
「私は、貴様とは違う。帰り道など、探してもいない。」
「俺のやり方を押しつけるつもりはないが。さりとて、おまえを自由にもできん。
命を断てば、禍根も断てようが――
おまえの姉に、罪はない。」
「…………。」
「助けられたとは思うな。俺たちの役に立ってもらうために、拾った。
「人助けのための、奴隷か。
「まさか非道いとは言うまい。」

オウゼンは、つと、木立に視線を投げた。
「納得したか?」

イルーシャファルク

「同病相憐れむー―ってだけじゃなさそうですね。」
闇そのものから切り取られるように、イルーシヤとファルクが現れた。
「もう悪さはさせないから、その方を見逃せ、と。そうおっしゃていて?」


「ぷぅ。」
黙っていたプグナが、一言を発した。
飾らない重みに満ちた、強い一言だった。ファルクが、軽く肩をすくめる。

「ま……いいでしょ。フグナがついているんならね。」
「すまんな。「構いませんわ。わたくしたち〈死焔族〉の使命は、悪を裁くことでも、罪を償わせることでもありませんもの。」
「死者に迷惑かけねーんなら、それでいい。あんたらがどう生きようが、興味ねーんで。」
「もし、死者になられた暁には、ぜひお声がけくださいませね。」
「ふさわしい黄泉路に、案内してやりますよ。」
ふたりは、闇へときびすを返し、音もなく去っていった。

「〈死焔族〉らしい考え方だ。」
オウゼンは、持ったままの串肉を、隣のプグナに差し出した。
「ぷぅぷぅ。」
「……だろうな。なんだ、喰うのは俺だけか。」
ぼやくように言ってから、鋼も食いちぎれそうな顎で、よく焼けた肉に喰らいついた。


story3


「ライズ――〈鮮血の貴公子〉!”エンペラーズ・エフェクト”!」
「ほう。相手の動きを鈍らせる呪装符か。」
「うん。けっこう役に立つんだよ。」
「それにしても、〈鮮血の貴公子〉とは、ご大層な”銘”ですな。果たして、どのような御仁なのやら。」
「貴公子ってくらいだし、耽美なイケメンじゃない?」
「〈鮮血の〉ってことは、相当、残虐非道なんだろうな。」
「残虐非道で、耽美なイケメンかあ。」

 ***


「ゲバァッ!」
「うわっ!練習中に血イ吐くなよ!」
「フフ。どうやら誰かが、病弱ですぐ吐血してしまうので”鮮血の貴公子”と呼ばれている、余の噂をしているようだね。」
「クシヤミ感覚で吐血すんな。噂されるたびにそれじゃ、身が保たねーだろ。」
「だいじょうぶ。余って、友だち少ないから!」
「そうか。」
「流すなよおおおおおおおお!余たちマブだろおおおおお!?」
「あーもーメンドくせーなこの貴公子!!」


story3-2


北の街への道中――

L「呪装符拾った!」
「この前みたいに、危なそうなのじゃないだろうにゃ。」
3「んー、そんな感じはしないかな。ちょっと使ってみたら?」
「よーし。ではでは――
ライズ――〈境界騎士団長〉!!」


「「セドリック団長!!?」」
3「え、知ってる人?」
1「知ってるっつうか知り合い――いや、待てよ。
こことクエス=アリアスで時間の流れが違うなら、代替わりした別人って可能性もあるか?」

L「”秘宝剣・彼岸虹鏡”!!」
「あ、本人だ。」

これほど本人特定しやすい”銘”もなかなかないな、と、君もつぶやいた。

 ***


「くしゅん。」
「真顔でくしゃみする人、初めて見ました。」



story3-2


「ライズ――〈凶騒の支配者〉!”深い闇へと誘う大欲”!
ライズ――〈魔界の妖花〉!”アンチェインデザイア”!」


「ライズ。”O.N.I. イケメン。” ”鬼面嚇人”!」


「TO☆SHI☆GO☆RO☆!」
「うるせーから!」

 ***

「好き・嫌い・好き・嫌い・好き・嫌い……。
好き・嫌い・好き・嫌い・好き・嫌い……。
好き……♪」

「あ、こら姉ちゃん。果物と野菜わけんな。パセリ食え。」
「にーがーいーの一きーらーいー。」
「なんだこの自由人。」



story3-3


北の街へと向かう森のなか――


「む?そなたら、旅人か?」
「バロン!?なんでバロンがいるにゃ!?」

君がバロンの名を呼ぶと、亜人は首をかしげた。
「バロン? 人違いではないか。私は〈雄魂の魔戦獅子〉をトーテムとする、〈獣王族〉のゴウンという。」
「まさか、〈雄魂の魔戦獅子〉って、バロンのことにや……?」

――励めよ、新人。――
そういえば、初めて会ったときは、威厳のある感じがしたなあ……。と、君は懐かしく思った。
バロンがトーテムだから、その氏族も獅子の亜人なのだろう。人間には、ちょっと見分けがつきづらい。

「我が氏族の使命は、”文武を極め、困難に雄々しく立ち向かう”こと。
そなたらも、困ったことがあれば言ってくれ。我が剣と魔法で、力になろう。」
「別人にゃ。この人のトーテムは、きっとバロンの親類か何かにゃ。」
ウィズは、きっぱりと切って捨てた。

とはいえ、しかし、と君は思う。
魔道士ギルドの頂点たる四聖賢。そのひとりであるウィズが、トルリッカに滞在し、バロンの紹介で君の師匠となったのだ。
このウィズのことである。バロンの人柄や能力に不満があれば、早々にトルリッカを立ち去っていたに違いない。
つまり、ウィズのバロンに対する憎まれ口は、互いの信頼にもとづく、ある種の気安さから生じたものであり――
「シャアー!!」
なんでもないでーす、と君は口を閉じた。

 ***


「ブェックショイえ一いチクショウめ!」
「うわ。おっさんクシャミでかすぎ。あと何いまの無意味げな呪文。ウルトラひくわ。」

「やかましいぞ新人。四聖賢を紹介してほしいなら、黙ってギルドの依頼をこなしてこい。」
「ほんとに知り合いなんでしょーね。」
「当たり前だ。この私を誰だと思っている。」


「……まったく、あいつめ。どこで、いつまで油を売っているんだか。
おまえの弟子は、めきめきと力をつけている。目を離していると、今に師匠を超えてしまうぞ――」

 ***

「くちっ!」
「おや。風邪か?それなら、いい薬がある。使うといい。」
「いい人にゃ。絶対バロンが卜―テムのはずないにゃ。」




喰牙 RIZE
喰牙 RIZE
喰牙 RIZE 22017/09/15
2017/09/21
2017/09/26


黒猫ストーリーに戻る

登場人物画像ストーリーテニスの話
登場人物イラストストーリー

最近の更新

2017/12/10 (日) 22:08

2017/12/07 (木) 23:33

2017/12/04 (月) 21:14

2017/12/04 (月) 01:40

2017/12/03 (日) 20:23

2017/12/03 (日) 20:13

2017/12/03 (日) 19:45

2017/12/03 (日) 11:16

2017/12/03 (日) 11:04

2017/12/01 (金) 23:30

2017/11/29 (水) 23:25

2017/11/28 (火) 23:33

2017/11/27 (月) 20:45

2017/11/26 (日) 17:14

2017/11/25 (土) 19:44

2017/11/19 (日) 15:42

2017/11/17 (金) 18:44

2017/11/15 (水) 22:14

2017/10/22 (日) 23:03

2017/10/16 (月) 19:56

新規作成

2017/12/10 (日) 22:08

2017/12/07 (木) 23:33

2017/12/04 (月) 21:14

2017/12/04 (月) 01:40

2017/12/03 (日) 20:23

2017/12/03 (日) 20:13

2017/12/03 (日) 19:45

2017/12/03 (日) 11:04

2017/11/28 (火) 23:33

2017/11/27 (月) 20:45

Wikiランキング
DBZ ドッカンバトル攻略Wikiまとめ【ドラゴンボールZドカバト】
【速報】ミラクルニキ攻略アンテナ
アイマス デレステ攻略まとめwiki【アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ】
4 白猫プロジェクトwiki【白猫攻略wiki】
5 チェインクロニクル攻略・交流Wiki チェンクロ3
6 ジョジョの奇妙な冒険 スターダストシューターズ攻略Wiki【ジョジョSS】
7 消滅都市2 攻略まとめWiki
8 ブレソル攻略Wikiまとめ【BLEACH Brave Souls】
9 #コンパス攻略Wikiまとめ【#compass 戦闘摂理解析システム】
10 ドラクエモンスターズ スーパーライト非公式wiki【DQMSL攻略】
注目記事
きらファン リセマラランキング きららファンタジア
ミラクルニキ 1周年 ミラクルニキ
ドッカンバトル リセマラランキング ドラゴンボールZドッカンバトル
白猫 凱旋ガチャおすすめ 白猫プロジェクト
SAOIF リセマラランキング ソードアート・オンライン インテグラル・ファクター
アズレン ワイワイお茶会 パズル場所 アズールレーン
デスチャ リセマラランキング デスティニーチャイルド
ウルトラサンムーン レートランキング ポケットモンスターウルトラサン/ムーン
FGO おすすめストーリーサーヴァント Fate/Grand Order
モンスト LINE掲示板 モンスト
ページ編集 トップへ