双翼のロストエデン3 Story5

 
最終更新日時:
白猫ストーリー
黒猫ストーリー

2017/00/00

目次

プロローグ
Story1 砂漠の〈歪み〉
Story2 リザ・リュディ・現在【初級】
Story3 苦い日々
Story4 嗤う女【中級】
Story5 魂送者
Story6 クィントゥス、【上級】
Story7 魂を救え!【封魔級】
Story8 何度目かの運命
Story9 リザ・リュディ・未来【絶級】
Story10 「悪」の王【覇級】
Story11 ファミリーパーティー
最終話 ふたりとふたつの翼




story11 ファミリーパーティー


城の廊下を軽やかに駆けるのはリザであった。
さ、こっちよ。アルドベリク。
リザ、一体なんだ?
その後をついていくアルドベリクのゆっくりとした歩みに抗議の意味はない。
踊るように先を急ぐリザ、という微笑ましい光景を眺める特権を充分に味わっているに過ぎない。
ふふふ。楽しみですね。
白い羽をパタパタと小刻みに動かす。彼女はアルドベリクの翼横を飛んでいる。
大広間へ繋がる巨大な扉にリザがぴたりと体を寄せ、いたずらっぽくこちらを見返す。
せっかくだからたっぶり驚いてね。
そう言われると、余計に驚きづらくなるな。

リザが扉を押し込む。重々しい音をたてて扉が開いた。
奥の部屋に見えるのは、豪華な宴席と、親しい仲間たち。可愛いマスコットたち。
客人を案内していたリュディもその役目をムールスに任せ、駆け付ける。

どうしたの? 席に着いてよ。
一体、何の騒ぎだ、これは?
わからない?
わからない。教えてくれ。
今日は、私たちがあなたたちと出会った記念の日じゃない。
そのお祝いと……もうすぐやってくるお別れのパーティよ。
なるほどお。それはいい考えですね。
ほとんど、リザひとりで準備したんだよ。
褒め言葉はいらない。それよりも楽しんで。
アルさん、そういうことなので、ふたりのもてなしを充分楽しんじゃいましよう。

賑やかで、幸福な雰囲気が漂う中、アルドベリクは怪冴な顔をしている。
確かめたいことがあるかのように、リザに問うた。

俺たちが出会ったのは、今日ではないはずだ。
ピリッと空気がひりついた。リザがきっぱりと答える。
今日よ。
いや、もう過ぎたはずだ。冬が始まる前だ。朝の霜も降りないくらいの時期だ。
今日。
いや、違うはずだ。
今日。
今日だったな。
でしょ? もうアルドベリクったら忘れっぽいんだから。でもそんな所も大好きよ。

リザは喜びいっばいの突撃を繰り出し、アルドベリクの首に細い腕を巻き付ける。彼の逞しい胸に頭をもたせかける。
アルドベリクもやれやれといった様子で、顎の下で揺れる亜麻色の髪を撫でてやる。
滑らかで、絹のような手触りは、子供の時から変わらない。
リザは胸に押し付けた頭を離す。ふと、その胸の傷に目が止まったのだ。
傷痕? 消さないの?
魔族の体は人とは違う、痕が残るような傷でも魔法によって跡形もなく消すことが出来る。
それはベリカントとの戦いで受けた傷だった。
この傷はいいんだ。
どうして?
お前たちの為に戦った証拠だ。ひとつくらい残していてもいいだろう。
アルドベリクの首にまわした腕を解き、ふたりはゆっくりと離れる。リザは笑って、言った。
そうね。
笑顔の余韻を残し、リザの背中が賑わう宴席の中に消えてゆく。

行きましょう、アルさん。
アルドベリクとルシエラも騒がしさの中に歩を進める。


ボクは神(紙)が大好物だから、いつもぺろりと平らげちゃうんだ。簡単だよ。
ドミーの笑顔でみんなもスマイイルウウ!
ドラク領は良いところだゼイ!
クィントゥスさんはどうしてそんな恰好なんですか?
リザが久しぶりにまかたんが見たいって言ったんだよ。
律儀な奴だな。
……。
お前、誰だ?
魔法使いさんでは? あれ? でも向こうで食事してますね。
クドラくんは両の羽をビシっと自分の方へ向ける。
僕ですよ! 僕!
クルスか……。
ええ。勢いに乗ってやってしまいました。ちなみにパーティーの料理も我がドラク・デリカトゥスが用意しましたよ。
是非ご賞味下さい!
ええ。堪能させて頂きますね。


パーティーの参加者は様々であった。
パーティーを盛り上げる為に、参加する者もいれば、一方では貴重な別れの挨拶のために参加する者もいた。

リザ。無事でよかったわ。
こちらこそ、ふたりが力を貸してくれなかったら、この困難を乗り切れなかった。
お礼なんかいいの。カナメはお人よしマンだから、好きでやってるのよ。
(何年かぶりに聞いたな……)

そこには異界からの珍しい客人も名を連ねている。
こっちには死界のソウルフードコーナーがあるよ。興味のある方は寄ってってよー。
めっちゃうまいやで。
死界ってどんなものがあるにゃ?
お。キミら、興味ある?
その土地の風景や美味しいものには、すごく興味があるにゃ。
死界には、そんなに行くことはないから余計に気になる、と君もウィズに賛同する。
そやね。2回も3回も死界に来る人は……あれ?おったな……。
おったやで。割と気軽に2回目来られたぞ。
まあ、それはともかく、これが死界のソウルフードの「魂吸い」やで。
君は与えられたボウルの中を覗く。細切れの肉が入った透明なスープだった。
そして、おそらくこの名の由来であろうポーチドエッグが、真ん中に強い存在感を持って、浮かんでいた。
添えられた草の香りのする山盛りのハープも食欲をそそる。
中の卵はすぐに潰すな。まずはスープだけを飲むのが死界流だ。
君は言われた通りに、そのままスープを□に含んだ。
上品なスープの味に、肉から出た油が混ざることで、味にコクのようなものを与えている。
しばらくそのまま食べ進める。
よし卵をつぶしていいぞ。
君は言われた通りに卵を潰す。卵黄はほとんど生のままで、透明なスープの海を黄色く浸食していく。
昧は、まろやかさが増しており、特に卵黄をそのままを□に入れた時は、まさしく魂が吸われるようだった。
君は素直に思ったままの感想を伝えた。
せやろ。でも魂吸われるは言い過ぎやで、キミ~。ドヤ顔きついわ~。
そんなやりとりをしていると。

魂吸いひとつ下さい。
まいど。
クドラくんが魂吸いを食べていた。
スカーフの後ろに給水用の穴があるのは、君も知っていた。その穴から器用に食べていた。
これ。なんか権利とかあります?
ないやで。
それを聞き、クドラくんは礼を言って去っていった。
一体何だったにゃ?
さあ? と君も首を傾げた。


story1-2


時間を経ると宴が貴族らしい秩序だったものから、魔族らしい粗暴で、荒々しく、秩序に欠けたものへと移り変わった.
それは魔界の宴では往々にして起こることである。その時、どんな風に振る舞うかはそれぞれの自由である。

Cさあ、俺をぶっ倒せると思う奴は出て来い。相手になってやるぜ!
殴り合いを始める者や、宴の深みにどっぷり漬かっていく者など様々である。
そんな時に、リュディはそっとあらゆる環の外に向かう。
広間の片隅に樽に腰を掛けて、宴が騒乱に変わっていく様を眺めるのだ。

やれやれ。
そういうところはアルさんに似ちゃいましたね。
かもしれない。
声だけで誰かわかった。もう何年もその声を聞き続けている。わからないわけがない。
あんまりアルさんに似ると、リサに振り回されるところまで似ちゃいますよ。
アルドベリクやリザと一緒にいる時と、自分とー緒にいる時では、ルシエラは違う。
リュディはそれを知っていた。
いつもは無茶苦茶な彼女が、わりとまともなのだ。わりと。
それは自分にしか見せない一面だと、リュディは知っていた。
それがあなたの良いところなんですけどね。穏やかで、誠実で、おおらかな所が。
ありがとう。
リザが空なら、あなたは海ですね。ふたりの故郷みたいに、あなたたちはふたつに分かれている。
でも、すごく調和が取れていて、水平線の向こうでは繋がっているように見える。
ルシエラの言葉に導かれ、子どもの頃に見た風景に、自分たちが重なる。
それは彼女なりの、賤別の言葉なのかもしれない。とリュディは思った。
けーど、リザのわがままを許してばっかりじゃいけませんよ。
リュディの頬に、ルシエラの手が添えられる。その手に押され、視線が彼女の顔の横に導かれた。
白い羽の向こうには、友人と立ち話をするリザがいた。
リザがこちらを見る。
わかっていたのか、それとも偶然か。ルシエラがそっと自分の前からいなくなった。
リザはこちらにやってくる。

どうしても、ひとりでいるのが好きなら止めないけど、そうじゃないなら、こっち来て下らない話をしない?
断る権利ってある?
もちろんないわ。ルシエラが言ってたのよ、あなたに断る権利を与えちゃダメってね。
抗議の眼差しを、去っていった天使に送る。意味を理解しているのかいないのか、彼女は片目を瞑ってみせた。
リュディは苦笑いをしながら、樽の上から降りる。
行くよ。
よかった。
先を行くリザを追い、宴の中に戻る。
彼女の背中を見るのは、いつものことだった。


今回は、苦労したようだな。
それほどでもない。
それなら手助けする必要はなかったか?
助けられた覚えはないぞ。今回は偶然、天界が攻めてきた。そうじゃないのか?
まあ、それでもいいさ。


君は、語り合うアルドベリクたちの元に行き、別れの言葉を告げた。
そろそろ帰らないと、私たちがやってきた〈歪み〉が閉じてしまうにゃ。
世話になった。
そこまで手助けは出来なかった。全部、アルドベリクたちの力で解決した、と君は返した。
アルドベリクは首を横に振り、感謝の握手を求めた。
君はそれに応じる。
部屋に荷物を取りに戻るにゃ。
誰かに持ってこさせよう。
それならヤラさんにお願いしましょう。
広間の片隅で不機嫌な顔をしていたヤラがそれを聞いて、嫌そうに□の端を歪める。

なんでアタシがそんなことを……。
ああ、なるほど。本当の名前で呼ばないと、お願いを聞いてくれないんですね。それでは……。
わーわーわー!やめてくれ。行く。行くから。
じゃ、お願いしますねー。
一目散に広間を出て行くヤラを見て、君は何かあったのだろうか、と気になった。
詳しくは教えてくれないが、あいつはルシエラにかなり従順になった。何をしたのやら……。
ふふふ。内緒でーす。


荷物が届けられると、君たちはアルドベリクの城を離れた。
彼らは見えなくなるまで、見送ってくれていた。

道中、君は荷物の中に見覚えのない紙包みがあることに気がつく。
手に取るだけで、それが何かわかった。
なんにゃ?
君は包みをウィズの鼻先に出してやる。匂いを嗅ぎ、ウィズは嬉しそうに飛び上がった。
ムールスのお菓子にゃ! 旅のお供にはもってこいにゃ!

君はそうだね、と言い、ウィズと共に〈歪み〉を目指した。



最終話 ふたりとふたつの翼


別れの時が訪れた。
うう……うう……。
巨大な〈歪み〉の前で、アルドベリクたちが最後の言葉を交わしていた。
ムールス、泣かないで。こっちまで辛くなっちゃうじゃない。
も、申し訳ありません……。そうですね。おふたりが泣いていないのに、私が泣くわけにはいきませんね。
泣いてくれる気持ちはありがたいよ。
はい……。

リザ、リュディ。お前たち、故郷までの道は長い。力を合わせて、困難を乗り越えるんだ。
うん。
私たちのこと、たまには思い出してくださいね。
忘れるわけない。
言いながら、ルシエラを抱きしめる。白い羽はリザを包むように閉じた。
あなたたちの名前をもらうわ。そうすればいつも一緒にいられる。
アルさんの名前は仰々しいからやめた方がいいですよ。
否定はしない。
女たちは秘密裏の会話を終えて、笑い合う。
リュディがリザに視線を送る。亜麻色の髪は小さく縦に揺れた。

長居すると別れられなくなるから、もう行くね。
ああ。……いや、待て。

ふと思い出したように、アルドベリクがムールスに合図する。
ムールスは大きな布包みを持ち出し、それをリザに渡した。
私に?
そうだ。
アルさんはいつまでもリザに甘いですねえ。

包みを開きながら、リザは鼻をつんと上へ向ける。
それは私の魅力のせいだからしょうがないわね。
包みの中から出てきたのは、変わった形のまかたんの人形だった。
なにこれ?
抱きまかたんだ。

数秒、うすら寒い沈黙が続いた。

特別に作らせた。抱いて寝るとまかたんの頭の下にすっぽり収まるよう……。
いらない。
なぜだ。
だって旅の邪魔になるもん。
……。
少し考えれば分かると思うけど………。
そうだな……。
アレさんが詐裂しましたねえ……。
で、でも気持ちはうれしいよ。
うん。気持ちはうれしい。
と言いながら、リザはムールスに抱きまかたんを返した。
そういう所も全部ひっくるめて、愛してるわよ、アルドベリク。ルシエラも。
ええ、私たちも。
今度こそ行くね。

リュディとリザは〈歪み〉の方へ向き直る。その背中に、アルドベリクが別れを告げる。
お前たちは、お前たちの道を進むんだ。振り返るな。
……うん。

ふたりは言われた通り、振り返ることなく、〈歪み〉の中へ消えて行った。

 ***

夜の静けさが、肌にまとわりつくようだった。
深く座したままアルドベリクは、その静けさに身を置いていた。
いつも通りの魔界の夜なら、何か争いの音でも聞こえそうなものだが、この夜はそれすらもない。
床石の上を素足で歩く音が近づいてくる。
見ると、扉の側にルシエラが立っていた。

ムールスは泣くのを止めたか?
ええ。
そうか。あいつの泣き声ばかり聞こえてくる。
そう言って、アルドベリクは再び夜の静けさに身を浸す。

……明日から静かになるな。
そうですね、アルドベリク。

扉が閉まる音が聞こえた。素足が石に張りつく音が遠ざかっていく。








エピローグ



「ん……ん? ここは?」
目を覚ますとそこは森の中だった。
通って来た〈歪み〉はすでに閉じたようだった。
「リュディ……? リュディ!?」
辺りにリュディはいなかった。あるいは、水でも汲みに行ったのかと思い、リザはその場所でしばらく待った。
夜を迎え、焚き火の側で朝を迎えた後、リザはその場所を離れた。

街に辿り垣き、酒や茶を出すカフェのような所に入り、リュディを見かけた人がいないか尋ねた。
ある老人が言った。名前はなんていうんだい?
街の掲示板に出せば何か情報が得られるかもしれない、と教えてくれた。
「リュディ。ああ……正確にはリュディガー。リュディガー・シグラーよ。」
その名前を聞いて、老人は言った。
「その人なら……知っているぞ。」
「ほんとに? どこにいるの?」
帰って来た答えはリザを打ちのめした。
「いやあ、その人はとっくの昔に亡くなっとるぞ。300年から昔の人だからな。」
「ええ~~!!」


 ***


「まったく別の時代に飛んでしまったんですか!?」
「ええ。とんだ災難でしたよ。」
「でもでも、お父様とお母様はこうして一緒に暮らしてますよね?」
「ええ、暮らしているわね。」
「お父様も生きてますよね?
「はっはっは。生きてるぞ。」
「死んでいないですよね?」
「はっはっは。死んでないぞ。」
「ど、どうやって、ふたりは再会出来たんですか?」
「ふふふ。それは……」
「それは……。」

「内緒です。」
「もう! お母様の内緒好き!」




双翼のロストエデン 
新生の双翼 (ウィズセレ祭)2015/08/31
光の巨神と闇の騎神 (レイド)2015/09/12
双翼のロストエデン2015/12/09
失われた記憶の花 (クリスマス)2015/12/15
白猫コラボ (メイン飛行島)2016/01/29
魔王たちの日常 (黒ウィズGP2016)2016/06/13
双翼のロストエデンⅡ 前編後編2016/09/30
エデンの箱舟 (後日談) 前編後編2016/10/07
初登場 グレイス2014/10/15
ミミ&ララ(4周年)2017/03/05
サクヤ(4周年)2017/03/05
ヴァレフキナ(新人王2016)2017/03/31

続・魔王たちの日常
2017/08/31
双翼のロストエデンⅢ2017/11/17
2017/11/22
聖サタニック女学院
聖サタニック女学院2016/05/13
スローヴァ&ルルベル編(ザ・ゴールデン2017)
聖サタニック女学院2 ~アルトパークの惨劇~?


黒猫ストーリーに戻る

登場人物画像ストーリーテニスの話
登場人物イラストストーリー

最近の更新

2017/12/10 (日) 22:08

2017/12/07 (木) 23:33

2017/12/04 (月) 21:14

2017/12/04 (月) 01:40

2017/12/03 (日) 20:23

2017/12/03 (日) 20:13

2017/12/03 (日) 19:45

2017/12/03 (日) 11:16

2017/12/03 (日) 11:04

2017/12/01 (金) 23:30

2017/11/29 (水) 23:25

2017/11/28 (火) 23:33

2017/11/27 (月) 20:45

2017/11/26 (日) 17:14

2017/11/25 (土) 19:44

2017/11/19 (日) 15:42

2017/11/17 (金) 18:44

2017/11/15 (水) 22:14

2017/10/22 (日) 23:03

2017/10/16 (月) 19:56

新規作成

2017/12/10 (日) 22:08

2017/12/07 (木) 23:33

2017/12/04 (月) 21:14

2017/12/04 (月) 01:40

2017/12/03 (日) 20:23

2017/12/03 (日) 20:13

2017/12/03 (日) 19:45

2017/12/03 (日) 11:04

2017/11/28 (火) 23:33

2017/11/27 (月) 20:45

Wikiランキング
【速報】ミラクルニキ攻略アンテナ
DBZ ドッカンバトル攻略Wikiまとめ【ドラゴンボールZドカバト】
白猫プロジェクトwiki【白猫攻略wiki】
4 アイマス デレステ攻略まとめwiki【アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ】
5 ジョジョの奇妙な冒険 スターダストシューターズ攻略Wiki【ジョジョSS】
6 ブレソル攻略Wikiまとめ【BLEACH Brave Souls】
7 チェインクロニクル攻略・交流Wiki チェンクロ3
8 消滅都市2 攻略まとめWiki
9 ハンターハンター バトルオールスターズ攻略まとめWiki【HHBAS】
10 ドラクエモンスターズ スーパーライト非公式wiki【DQMSL攻略】
注目記事
きらファン リセマラランキング きららファンタジア
WOFFメリメロ リセマラランキング ワールドオブファイナルファンタジーメリメロ
ミラクルニキ 1周年 ミラクルニキ
ドッカンバトル リセマラランキング ドラゴンボールZドッカンバトル
白猫 フォースターおすすめ 白猫プロジェクト
アズレン ワイワイお茶会 パズル場所 アズールレーン
デスチャ リセマラランキング デスティニーチャイルド
ウルトラサンムーン レートランキング ポケットモンスターウルトラサン/ムーン
FGO おすすめストーリーサーヴァント Fate/Grand Order
モンスト LINE掲示板 モンスト
ページ編集 トップへ