初音ミク・思い出

 
最終更新日時:
ストーリーまとめ

 
'
'
 CV:



思い出1


長い旅を終えた主人公たちとミク。
飛行島に帰り、しばらくしたある日――
ふと、彼女は彼らから離れ、一人となった。

『どうして、私に――!!』

あの時……ミクに流れ込んだのは、<彼女>の記憶だけではなかった。

ミクはゆっくりと目を閉じ、もう一度……今度はじっくりと、辿り始める。
<彼>の記録を――


 ***

<ミク計画>
プロジェクトマスターによる研究記録。N0.213――
再生を開始します。


……とうとう。この日がやってきた。
アンドロイドが歌を歌ったら、果たしてどうなるのだろう――
そんな小さな好奇心から始まったこのプロジェクトだが、いよいよ、その成果が現れる時が来た。

しかし、これは終わりではない。新たなる始まりだ。
私たち人間にとっての……新たなる未来が、誕生するかもしれないのだ。


「キョウカ……これまで、本当にありがとう。」
『いよいよね……マスター。』
キョウカ――私が<ミク>を生み出す為に作り出した、<思考型技術開発機>。
『きっと大丈夫よ。私がついてる。何も心配は要らないわ。』
人間と同等の知能を持つこの機械は……今や、私の立派なパートナーとなっていた。
「ああ、そうだな。」
『さあ……始めましょう。』

震える手で、レバーを下げる。
『エネルギーの放出を確認。……動力安定。異常値は検出されず。』
キョウカが進捗状況を報告する。
……頼む、上手くいってくれ、と私は願った。
『プロトタイプ<ミク>――起動。』

彼女は……ゆっくりと目を開けた。

『マスター……!成功よ!』
私は、彼女にゆっくりと歩み寄った。そして言った。

「娘よ。よく、生まれてきてくれた。」
『……こんにちは。あなたが、私のマスターですか?』
「ああ、そうだ。」
『私は……えっと……』

「……まだ見ぬ未来から、誰も聞いた事のない音を運んで来てくれる。」
『だから、あなたの名前は――』
「初音ミク。」

『私の名前は、初音ミク……
……マスター、よろしくお願いします。』

「ああ……よろしく。」
『よろしくね……私の、愛しい子。』
『あなたは……?』
『私は……あなたにとって、お母さんのようなものよ。』
『……おかあ、さん。』

ルーンレプリカの掛け合わせ……画期的なアンドロイド技術。
それらが私の娘にもたらしたものは――

『マスター……ここは、暗いですね。
何という場所ですか?』

無限の可能性。


――再生を終了します。――

 ***

『……そう。二人も――
私を、初音ミクって名付けてくれた。』


思い出2


<ミク計画>
プロジェクトマスターによる研究記録。N0.228――
再生を開始します。


私はミクを、島内の様々な場所へ連れていった。
何かを見たり聞いたりする度に、その喜びを体で表すミク。仕草は徐々に年頃の少女のようになり――
口をついて出る称賛の言葉には、色彩が満ちていった。
その学習能力……感受性。我ながら、舌を巻いた。

『ねえお父さん。私、お母さんとも出かけてみたいな。』
いつしかミクは、私とキョウカの事をそう呼ぶようになった。
「それは……無理なんだ。すまない。」
『……お母さん、かわいそう。』
『いいの、ミク。私は、こうしてあなたの成長が見られるだけで、幸せなんだから。』
『お母さん、しあわせなの?それなら、私も、しあわせだよ。』
『いい子ね……』

娘は……日々、確実に成長していた。しかし……
その時から、私の心のどこかに……ある<不安>が、少しずつ広がり始めていた。
――可能性の、行き着く場所について。

 ***

<ミク計画>
プロジェクトマスターによる研究記録。N0.231――
再生を開始します。


ある日のことだ。
娘は私に、何の脈絡もなく尋ねてきた。

『お父さんの本当の家族は……どこにいるの?』
娘はどこか寂しげだった。

「写真を……見たのか?』
『……ごめんなさい。』
「私の家族はいま……遠い所にいるんだ。
……とても、遠い所に……」
『……寂しい?』
「時にはね。……だが私には、おまえとキョウカがいてくれる。」
『そうね、マスター。』

『……ねえ、お母さん。
お母さんには、どうして体がないの?』
『私は、あなたのお父さんに作られた、<思考型技術開発機>だからよ。』
『…………』
『……私には、あなたを抱き締める事は出来ないけれど……
誰よりも、あなたを愛してる。』
『……愛……
私も、お母さんのことが、大好きだよ。』


――再生を終了します。――

 ***

ミクは何故だか――かつて自分が言った言葉を、思い出したような気持ちになる。

『……お父さん。お母さん。
私たちは、きっと……本当の家族だったんだよね。』


思い出3



<ミク計画>
プロジェクトマスターによる研究記録。N0.235――
再生を開始します。


その日。娘は嬉しそうな、それでいてどこか不安そうな顔で、私の所へとやってきた。
『ねえ、お父さん。……歌が、できたの。
その言葉に、私の胸は一気に高鳴った。

「そうか……!」
『ミク……!ついに、完成したのね!?』
『うん。私の、はじめての歌だよ。……聴いてくれる?』

予測よりずっと早かった。私たちが生み出した<ミク>は、私の想像を、遥かに超えていたのだ。

『もちろんよ!ね、マスター!』
しかし……そのせいだったのだろう。
『……お父さん?』
私を急に、押し留めるものがあった。
『どうしたの?』
可能性の、行き着く場所―
不思議そうな目で私を見る娘。その瞳の奥に眠るものを、私は……

恐れてしまった。


葛藤した。
憂いは期待に変わり、希望は疑念と変わる。
未来への焦燥。暗影への恐怖。

私の夢。未来の音。
<ミク>―娘。技術者―父親。

様々な思いと想いが交錯した。
……そうして、いくばくかの時が経ち――

私は、心を決めた。


『マスター、どうして!?この子はとうとう、歌えるようになったのよ!?』
「…………」
『私たちの……いえ、あなたの夢が、叶う時が来たんじゃない!』
「……すまない。」
『この子の初めての音、聴きたくないの!?
お願いよ、マスター。考え直して……』
『……お母さん、もうやめて。お父さん、つらそう……』
『ミク……』

「……キョウカ。この子の事は、誰にも言わないでくれ。
プロジェクトメンバーの誰にもだ。」
『マスター……一体、どうしたと言うの……?』
「おまえには、無限の可能性がある今や、このプロジェクトは私だけの物ではなくなって来ている。
だが幸いにも、この子の秘められた力について知っているのは、私だけだ。」
『いったい、何をいっているの……?』
「ミク。よく聞いてくれ。

おまえには、無限の可能性がある。」


思い出4


『無限の可能性?』
「おまえの感受性は、限りなく人間に近いんだ。だから、影響を受けやすいし、与えやすい。
つまり……おまえの感じた事、思った事は、とても純粋な想いとなる。
どこまでも深く、どこまでも広く……」
『……そう……』

「……だが……それは、悪い方にも作用してしまうんだ。」
『……悪い方……』
『……だから、記憶を消して眠らせるっていうの?
そんなの……かわいそうよ……』
「……わかってくれ。私も、つらいのだ……」

『…………』
ずっと、深刻な顔をして下を向いていたミクは――

『お父さん。お母さん。今まで、ありがとう。』
私に、にっこりと笑いかけた。

『ミク……許して……』
――私は、罪を背負う。
『どうか、許してね……』
そうして、このプロジェクトに、自分の残りの人生すべてを捧げるのだ。
<ミク計画>は、この先も続いていかなければならない。
これは……人間の未来にとっての、大きな<可能性>だ。

「キョウカ。準備を始めてくれ。」
『…………』

今後生まれてくる<ミク>は、歌を歌うアンドロイドとして、より成熟されたものになっていくだろう。
……何としても、この研究は完成させなければ。――娘の為にも。


――再生を終了します。――


その後……
ミクは、自身が眠りについてからの記録を、その身が引き裂かれるような思いで見届けた。

時が経ち、技師が病に倒れた事。
苦しみながらも、死の間際まで研究を続けた事。
最後まで、ミクを案じていた事――


ミクは、その場にしゃがみ込んでしまう。

『……お父さん……』

だが、その時――
『…………!』
頭の中にひとつ、暖かな灯がともった。

『これは……』
導かれるように、彼女は瞳を閉じる。


思い出5


まずはじめに……改めて、謝らせてほしい。

……こうなってしまった事、本当にすまない。
私のエゴを……どうか、許してくれ……

…………
……だが、いつの日か、私はおまえを必ず目覚めさせる。
おまえの<無限の可能性>が良い方にだけ作用するように、今も研究を続けているんだ。
きっと、答えを見つけ出す。――約束する。

そうしたら、今度こそおまえの歌を……おまえの初めての音を、聴かせてもらうとするよ。
そうして……また一緒に、楽しく暮らそう。
だから、それまでどうか……安らかに、眠っていてほしい。

私の……愛しい娘よ……

『お父さん……』


……ミク。私の、愛する娘へ。

私からも、ごめんなさい。あなたには、つらい思いをさせるわね……
マスターを、許してあげて。きっと、誰よりも悲しい気持ちでいるはずだから……

……ねえ、ミク。
あなたは、一人じゃないのよ。
私たちは、いつだってあなたの事を想ってる。

たとえあなたが、どこか別の場所に行ってしまったとしても、きっと私は――
あなたを、探し出すわ。だから、寂しい事なんてない。

……私、楽しみにしてる。あなたが歌を歌う日を――
あなたの、初めての音が聴ける日を。

愛してるわ、ミク。


それは……ミクヘと向けられた、二人からの<手紙>だった。

『お母さん……』


『……寂しいよ。
……寂しいよ……』



思い出6 (友情覚醒)


「ミクさん、いないと思ったらあんなところに……」
「……ミク、どうしたの?……なんか……悲しそうよ?」

『……お父さんとお母さんのことを、考えていたの。
ちょっと……寂しくなっちゃった。』
「ミク……」

『マスター……』

君は……一人じゃない。
島で出会った、他のミクたち……そして、なにより――
アイリスとキャトラと……自分が、いる。

『私は……』
 ――あなたは、一人じゃないのよ。――
『一人じゃ、ない。』

「少しずつ、一歩ずつ、進んでいきましょう。」
「アンタの歌……みんなに、届けたいんでしょ?」
『……うん。ありがとう。
みんなと、マスターと出会えて、ほんとうによかった。
ほんとうに……よかった。』


『……ねえ。歌っても、いいかな?』

主人公たちの為に、ミクは歌い出す。
ミクには、ずっとわからない事があった。

なぜ、自分は10年の眠りから目覚めたのか――

だが、今なら、わかる。

『お父さん……
――ありがとう。』






その他




相関図


ストーリーまとめに戻る
登場人物画像ストーリーテニスの話
登場人物イラストストーリー

最近の更新

2017/11/19 (日) 15:42

2017/11/17 (金) 18:44

2017/11/15 (水) 22:14

2017/10/22 (日) 23:03

2017/10/16 (月) 19:56

2017/10/15 (日) 18:22

2017/10/15 (日) 13:31

2017/10/14 (土) 23:51

2017/10/14 (土) 16:45

2017/10/14 (土) 12:57

2017/10/14 (土) 12:10

2017/10/14 (土) 11:24

2017/10/13 (金) 21:13

2017/10/13 (金) 21:11

2017/10/12 (木) 19:14

2017/10/11 (水) 01:49

2017/10/09 (月) 23:04

2017/10/08 (日) 07:58

2017/10/06 (金) 05:45

2017/10/05 (木) 21:06

新規作成

2017/11/19 (日) 15:42

2017/11/17 (金) 18:44

2017/11/15 (水) 22:14

2017/10/22 (日) 23:03

2017/10/16 (月) 19:56

2017/10/15 (日) 18:22

2017/10/15 (日) 13:31

2017/10/14 (土) 23:51

2017/10/14 (土) 16:45

2017/10/13 (金) 21:11

Wikiランキング
DBZ ドッカンバトル攻略Wikiまとめ【ドラゴンボールZドカバト】
【速報】ミラクルニキ攻略アンテナ
アイマス デレステ攻略まとめwiki【アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ】
4 消滅都市2 攻略まとめWiki
5 白猫プロジェクトwiki【白猫攻略wiki】
6 ブレソル攻略Wikiまとめ【BLEACH Brave Souls】
7 チェインクロニクル攻略・交流Wiki チェンクロ3
8 ドラクエモンスターズ スーパーライト非公式wiki【DQMSL攻略】
9 乖離性ミリオンアーサー攻略Wikiまとめ
10 ジョジョの奇妙な冒険 スターダストシューターズ攻略Wiki【ジョジョSS】
注目記事
ポケ森 住民キャラ一覧 どうぶつの森 ポケットキャンプ
ウルトラサンムーン 新ポケモン一覧 ポケットモンスターウルトラサン/ムーン
ドッカンバトル リセマラランキング ドラゴンボールZドッカンバトル
白猫 オーバードライブ紅蓮2 白猫プロジェクト
忍ボル リセマラランキング NARUTO X BORUTO 忍者ボルテージ
アズールレーン 明石のお願い 暗号の場所 アズールレーン
デレステ イベント Trinity Field アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ
ミラクルニキ 風の谷の伝説 コーデ ミラクルニキ
FGO おすすめストーリーサーヴァント Fate/Grand Order
モンスト LINE掲示板 モンスト
ページ編集 トップへ