ヴァルザイン・バックストーリー

 
最終更新日時:
白猫ストーリー
黒猫ストーリー

ヴァルザイン CV:
2017/00/00


その異界の人々は、強い魔力を身に秘めながらも、それを自在に操ることができなかった。
ゆえに、天を舞う聖竜が彼らを守護していたと言われている。
しかし、人々の持つ魔力を狙う悪鬼どもが、計略を以って霊竜の命を奪い去り――
人々は、悪鬼の群れの襲撃に為すすべもなく命と魔力を奪われていった。

「我らの願い、我らの祈り……命とともに、おまえに託す……」

光の差さない深き森――その奥で、老人は竜に語りかける。
大木のごとき巨体を鋼の鱗で覆い尽くした機械の竜。
老人はその首元に立ち、動かぬ竜に吼えていた。

「おまえは機械だ。人の手で造られたドラゴンだ。
だが――おまえの血は我らの魔力。おまえの心は我らの魂!
希望の未来を守るため……我らの命、持ってゆけッ!!」

老人の姿がかすんでいく。光の粒子……魔力そのものと化し、竜へと流れ込む。
刹那、竜の眼が冴え冴えたる光を放った。
数多の人々の命と魔力をエネルギー源とする内燃機開、ゼーレンレーペンの光――
今、機械竜ヴァルザインが起動した圧であった。

(熱イ……! 無数ノ命ト魂ガ……我ガ内デ燃エテイル……!!)

産声たる咆哮を放ち――ヴァルザインは、飛んだ。
森の闇を切り裂き、流光を引きながら天を舞い――悪鬼の群れが兵士たちに襲いかかる戦場へと、一気に馳せる。
カッと開かれた口腔から、高ぶる魔力が吐き出された。
凄まじい電撃の光閃が、地上の悪鬼ともを殲ぎ払い――吹き散らす!

 兵士たちは、茫然と空を見上げた。
そして、見た。鋼の翼を。新たなる守護者を。
天を背負うかのごとく悠然と佇む機械竜――ヴァルザインの雄姿を。




黒猫ストーリーに戻る
最近の更新

2018/04/15 (日) 06:11

2018/04/13 (金) 06:55

2018/04/13 (金) 04:23

2018/04/12 (木) 20:57

2018/04/11 (水) 21:35

2018/04/09 (月) 20:43

2018/04/09 (月) 20:13

2018/04/08 (日) 22:20

2018/04/08 (日) 18:14

2018/04/08 (日) 18:11

2018/04/08 (日) 15:02

2018/04/08 (日) 10:03

2018/04/08 (日) 09:54

2018/04/08 (日) 09:39

2018/04/08 (日) 09:28

2018/04/08 (日) 09:27

2018/04/08 (日) 09:23

2018/04/07 (土) 20:30

2018/04/07 (土) 08:08

2018/04/07 (土) 07:51

新規作成

2018/04/15 (日) 06:11

2018/04/13 (金) 06:55

2018/04/13 (金) 04:23

2018/04/12 (木) 20:57

2018/04/09 (月) 20:13

2018/04/08 (日) 22:20

2018/04/08 (日) 18:14

2018/04/08 (日) 15:02

2018/04/08 (日) 10:03

2018/04/08 (日) 09:54

注目記事
コトダマン リセマラ当たりランキング 共闘ことばRPG コトダマン
Sdorica(スドリカ) リセマラ当たりランキング Sdorica sunset
NEWSに恋して 攻略ルート NEWSに恋して
白猫 おすすめソードマスター 白猫プロジェクト
シャニマス リセマラ当たりランキング アイドルマスターシャイニーカラーズ
ページ編集 トップへ