リルム・バックストーリー

 
最終更新日時:
白猫ストーリー
黒猫ストーリー

リルム・ロロット CV:
2017/00/00




我だ。〈魔杖エターナル・ロア〉だ。
我はいまもあの小娘と旅を続けている。あいかわらず話を聞かないので、最近では語りかけるのもやめた。いまだに杖は投げるものだと思っているのだけは、なんとかしたいのだが……

ある時、我と小娘はハロウィンを祝う王留にやってきた。
数百年ほど前のハロウィンは、魔法使いや魔女たちがつつましく行っていたものだが、いまでは都をあげて大々的に行われるようになったらしい。
時代の移ろいは激しいということか。

なかでもまったく趣向が変わってしまったのが〈トリック・オア・トリート〉だ。
かつては子どもたちが家の前にやってきて、「トリック・オア・トリート」と略え、菓子などをも
らうだけだったはずだが、いまでは年に一度に魔道、魔術を志す者が一対一の魔道対決を行う行事となってしまったようだ。
我はそのことを憂えているわけではない。むしろ心がおどりすらした。
なぜなら、あの小娘が何の因果か、〈トリック・オア・トリート〉に参加することになったのだ。
そして、対戦相手の少女ソフィ・バーネットと出会うことができたからだ。

彼女を見たとき、我に電撃が走った。
なぜ我の持ち主は彼女ではないのか。何もかもがウチの小娘より上ではないか。侮しい。悲しい。
彼女と小娘を見比べた瞬間、我は我が身の業の深さを呪った。
しかし、諦めるのは早い。
この〈トリック・オア・トリート〉では対決する看同士が、何か一つ大事なものを賭けて、勝負に挑むのだ。勝負に勝てばそれを得て、負ければ奪われる。
魔道を志す者にとって大切なものといえば、もちろん魔道具だ。つまり我だ。杖だ。

「何か一個大事なモノか。うーんと何がいいかなあ。さっき貰ったパンプキンパイとか?」
なぜそうなる。
「キャンディー、ショコラ、ドーナツ……他にはなんだろうなあ」
我、我。我がおるぞ。右手におるぞ。
「お菓子ならソフィもいっぱい持ってるから賭けにならないよ」
さすがソフィ。申せ申せ、もっと申せ。我が欲しいともっと申せ。
「えーと、むずかしいなあ」
杖ッ! 杖ッ! 杖ッ! 小娘、杖と言え!
「この杖とか?」
我、感涙!
「ソフィ、杖使わないよ」
我、轟沈。
「あ、そっか。ごめんごめん。」

というわけで、ソフィが買えなかったという、かぼちゃオバケのぬいぐるみで手を打ち、この勝負は始まった。
結果?そんなものを言う必要があるだろうか。
我はまだ小娘と旅をしている。それだけだ。





黒猫ストーリーに戻る
最近の更新

2018/04/15 (日) 06:11

2018/04/13 (金) 06:55

2018/04/13 (金) 04:23

2018/04/12 (木) 20:57

2018/04/11 (水) 21:35

2018/04/09 (月) 20:43

2018/04/09 (月) 20:13

2018/04/08 (日) 22:20

2018/04/08 (日) 18:14

2018/04/08 (日) 18:11

2018/04/08 (日) 15:02

2018/04/08 (日) 10:03

2018/04/08 (日) 09:54

2018/04/08 (日) 09:39

2018/04/08 (日) 09:28

2018/04/08 (日) 09:27

2018/04/08 (日) 09:23

2018/04/07 (土) 20:30

2018/04/07 (土) 08:08

2018/04/07 (土) 07:51

新規作成

2018/04/15 (日) 06:11

2018/04/13 (金) 06:55

2018/04/13 (金) 04:23

2018/04/12 (木) 20:57

2018/04/09 (月) 20:13

2018/04/08 (日) 22:20

2018/04/08 (日) 18:14

2018/04/08 (日) 15:02

2018/04/08 (日) 10:03

2018/04/08 (日) 09:54

注目記事
コトダマン リセマラ当たりランキング 共闘ことばRPG コトダマン
NEWSに恋して 攻略ルート NEWSに恋して
プリコネR イベント攻略 プリコネリダイブ
白猫 おすすめソードマスター 白猫プロジェクト
デレステ SSR一覧 アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ
ページ編集 トップへ