リィル・バックストーリー

 
最終更新日時:
白猫ストーリー
黒猫ストーリー

リィル・ライル CV:
2017/00/00


夏。
日差しが分け隔てなく襲うこの季節は、どの異界であろうとも水場が盛況となる。

『冒険と探求のある異界』、そのとある水場で、君とリイルは避暑を楽しんでいた。
「こんなに暑い日だし、今日はあそぼうよ!」
彼女は自分の代名詞でもある双銃の片割れを、君に押し付けるように渡してくる。
リイル・ライルの銃は、彼女が持たなけれぱ単なる水鉄砲に過ぎない。
確かに多少水圧は強めなものの、所有者以外の魔力には反応することはなかった。

「さあ、どっちが射撃がうまいか、勝負しよう!」
つまり、その銃は単なる遊び道具として渡されたのだ。
君は銃に水を詰めると、リイルに狙いを定めて引き金を引く。
だが、一直線に飛ぶ飛沫は、彼女を捉えることはできなかった。
「あはは、遅い遅い! そんなんじゃ私には勝てないよっ」
彼女は水そのものを繰る魔法に長けていた。それゆえ、水遊びに関して彼女の右に出るものはいない。
まるでスケートのように水辺を滑る彼女の動きは、まるで妖精のよう。
そんなリイルに目を奪われ、君はあらぬ方向へと引き金を引いてしまった。

「ひゃぶっ!」
銃口と君の視線を頼りに射撃を避けていたリイルは、思いがけない君の行動に意表を突かれてしまう。
まさか当たると思っていなかったのか、マトモに水銃を食らった彼女の服はびしょ漏れになってしまった。
「や、やったなぁ……!」
リイルは恥じらいの色を浮かべて君を睨む。漏れた服の裾をつまんで、彼女はむすっと顔を膨らせた。

「……あっ!」
そして一瞬の沈黙のあと、君とリイルは同時に、お互いから目を逸らす。
……ある程度薄い生地の白い服は、漏れると透ける。そのことを二人とも失念していたのだ。

だが、次の瞬間である。
黙ったままの君の背後にある岩が、『飛来した何か』に勢い良く撃ちぬかれた。
反射的にそれが飛んできた方向を見ると、にっこりとわらったリイルが、虹色の水を纏っている。
……どうやら少しだけ彼女は怒っているようだ。
「一撃必殺でしょ♪」
彼女は決め台詞を言うと、もう一度銃を構える。
強大な魔力が銃のタンクに集まり、その水圧を上げていくのがわかった。

夏の日差し。
白い砂浜。
青い海。
君とリイルの追いかけっこが、いま始まる。




黒猫ストーリーに戻る
最近の更新

2018/02/11 (日) 08:20

2018/02/11 (日) 08:18

2018/02/10 (土) 15:51

2018/02/10 (土) 13:17

2018/02/07 (水) 23:09

2018/02/07 (水) 23:07

2018/02/07 (水) 23:06

2018/02/07 (水) 23:05

2018/02/04 (日) 16:13

2018/01/31 (水) 03:26

2018/01/31 (水) 03:00

2018/01/28 (日) 20:45

2018/01/28 (日) 20:43

2018/01/28 (日) 20:42

2018/01/28 (日) 20:07

2018/01/28 (日) 19:56

2018/01/28 (日) 18:28

2018/01/28 (日) 15:26

新規作成

2018/02/11 (日) 08:20

2018/02/11 (日) 08:18

2018/02/10 (土) 13:17

2018/02/07 (水) 23:07

2018/02/07 (水) 23:06

2018/02/07 (水) 23:05

2018/02/04 (日) 16:13

2018/01/31 (水) 03:26

2018/01/31 (水) 03:00

2018/01/28 (日) 20:43

注目記事
モンハンワールド こやし玉の集め方 モンスターハンターワールド
ドッカンバトル ポルンガの出し方 ドラゴンボールZドッカンバトル
パワプロ 円卓育成デッキ パワプロアプリ
白猫 経験値稼ぎ 白猫プロジェクト
DQMSL 禁じられし図書館 超級 攻略 ドラクエモンスターズ スーパーライト
ページ編集 トップへ