ユキムラ・思い出

 
最終更新日時:
ストーリーまとめ

#画像のURLをご利用ください

ユキムラ・サイオンジ CV:杉山紀彰
多作で有名な紋章画家。
神経質な性格だが、破天荒な面も。



思い出1


 〈ミュゼ・デュ・アンブレーム〉の警備の依頼を終え――

 主人公たちは、飛行島へと戻ってきていた。
 紋章画家のユキムラ・サイオンジと共に。


 キャトラ 
『ふーっ……我らが飛行島の空気はやっぱりいいわねぇ♪
ユキムラはどう?……アンタ、いろいろとタイヘンだったみたいだけど……』

 ユキムラ 
「……そうだな。まさに人生の転機だったのかもしれない。
またたく間に過ぎ去った気もすれば、何十年も苦しみぬいた気もする。」

 キャトラ 
『ふむ……そうでしょうとも。
さてここ飛行島では、訪れた人を癒すこともウリにしているわけだけど……』

 アイリス 
(そうだったんだ……)

 キャトラ 
『どう?リフレッシュ?』

 ユキムラ 
「この高さから見ると、雲はこう見えるわけか……
〈太陽の眺望〉は〈写実表装主義〉を否定した〈空想外包画家〉ラトの作品だったが……
実物を見ると違いが良くわかるな。雲は雲。波のように描いては、光を含んだ雲の層までは表現しきれなかったか。」
『ちょっと!話しかけてるよ!』
「この島は素晴らしいぞ!」
『へぇ!?』

 ユキムラ 
「この島には、多くの画家が望み、そして得ることの叶わなかった景観がある……
かくいう俺もそうだ。イーゼルは地に立てるもの。その固定観念が、自然と視点の高さを限定する。
だがしかし!この飛行島からなら、望めば〈愚者の塔〉の屋根すら見下ろすことができる!」
『ぐしゃのとう?』
「知らないか?紋章画家であり、建築家でもあったウィエラの作品だ。
その塔はドラゴンよりも高く、〈存在至上主義〉を唱えた彼らしいダイナミックさが――」

 キャトラ 
『すとっぷ!ユキムラ・ストップ!
飛行島に来たひとはね、仕事を忘れなきゃいけないルールがあるのよ!』

 ユキムラ 
「俺は紋章画家だ。絵のことが頭から消えることなど考えられないが。」

 キャトラ 
『そこをなんとか休まなきゃいけないのが、この飛行島なのよ~!』


思い出2


 キャトラ 
『ユキムラ~?なにしてんの~?』

 ユキムラ 
「俺は紋章画家だ。紋章を描く以外になにがある。」

『〈じら~い・おかたづけぇ〉とか?』
「……なんだそれは?」
『そんなゲームがあるとかないとか……』
「ゲームだと!?」
『ぎにゃっ!?びっくりした、なによっ!?』
「人生は有限だ!俺は誰よりも多く作品を残さなければならない!
ゲームなど、断固として、やらん!」
『そ、そんな剣幕でまくし立てんでも……』

「だが…………ゲームかぁ……」
『?』


 なぁユキムラ君。
 俺が何を言っても『天才』と返したまえ。

 なんだそれは?

 ゲームさ。〈天才ゲーム〉とでも呼ぼうか。


「ゲーム……」


 ***


 アイザック 
「俺は――」
 ユキムラ  
「天才。」

「君も――」
「天才。」
「俺は誰もが認める――」
「天才。」
「君も俺に並ぶ――」
「天才。」
「――になりたいが、実際は足元にも及ばない。」
「あ?」

「アイザック・リヴィエールは史上最高の――」
「……天才。」
「なのに同期のユキムラ君は――」
「…………」

「――天才、と呼ばれたいのに俺がいるためどうしてもその称号がもらえない、可哀そうな努力の――」

 ユキムラ  
「また、俺をおちょくってるな!?なんだこのゲームは!!」

 アイザック 
「〈天才ゲーム〉だよ?
 …プッフフフフ!アーッハッハッハッハッハ!」


 ***


 ユキムラ 
「ゲームなど! 金・輪・際! やらんっ!!!」

 キャトラ 
『あらら……地雷だったのかしら……』


思い出3


 キャトラ 
『ユキムラ、ちょっと聞いていい?
もんしょーがか、だっけ?それについて詳しく教えて欲しいんだけど?』

 ユキムラ 
「そもそも紋章というのは、個人や団体に使われるシンボルのことを指す。
帝国の国旗などを見たことはないか?あれも、紋章の一つだと言える。」
『ふむふむそうよね。』

 アイリス 
「紋章魔法、というのもありますよね。」
「紋章魔法とは、ルーンの紋章を組み合わせ、ルーン単体が持つものとは異なる新たな効果を作り出す魔法体系のことだ。」

 キャトラ 
『ルーンの紋章ってアレよね、よくわかんない記号みたいなものよね。』
「よくわからない記号ではない。あのシンプルなデザインの中に複数の意味が込められた、神秘的なシンボルなんだぞ。」
『ふむ……?でもユキムラは、紋章魔法を研究してるわけではないのよね?』
「そうだな。紋章画家は、紋章の持つ効力よりも、その芸術的価値の方に主眼を置いているんだ。」
『つまり紋章画家ってのは、きれーな紋章を描くひとってことね。」
「端的に言えばな。」

 アイリス 
「花の都の島には、紋章画家さんたちがたくさん集まるんですね。」

 ユキムラ 
「〈ミュゼ・デュ・アンブレーム〉もあるしな。確かに多くの紋章画家が夢見てやってくる島でもある。
だが……画壇で実力が認められるのは、並大抵のことではない。」
「競争率がとっても高いんですね。」
『じゃあユキムラ、その若さで認められるなんてすごいことなんじゃん?』
「大事なのはデビューしてからだ。紋章画家として、どんな作品を世に送り出すか――
――俺はまだまだ未熟さ。張り合えるのは、ただ筆の速さだけ……まだ、あいつの……足元にも及ばない……!」
『イロメロのことね。』


 イロメロ 
「呼ばれたので!」
「イロメロさん!?」

 ユキムラ 
「友達のところに行っていたんじゃないのか? どうしてここに?」
「ライバルの様子を偵察です!」
「嘘をつくなイロメロ。お前はそんな理由で来るやつじゃないだろう?」
「実はそうなんです!空を見たら、おっきな島がぐわらーんと飛んでまして。
あぁっ、ピヨピヨ緑ちゃんが落ちちゃう!シュワシュワの茶色さんが支えてあげなきゃ!
そしたら思わずこうしてここに!」

 キャトラ 
『ふむ。つまり偶然ね。』
 アイリス 
(キャトラがばっさり……!)


「うわー!見てくださいユキムラさん!つむじの逆の渦!ヒョーヒョーのヒューがニョーンと弾けてますよ!」
「いや、チョーンと弾けているぞ。」

『アンタ、イロメロの言ってることがわかるの!?』
「なんとなくな。」


思い出4


『ユキムラ……あんまりのんびりしてないでしょ?』
「前にも言ったかもしれんが、俺は誰よりも多く、作品を生み出し続けたいんだ。」
『体壊さない?』
「ずっとこんな生活だ。いまさらだろう。」

「さて……出かけてくる。」
『どこ行くの?』
「アテはないが……俺の想像力を刺激してくれるところなら、どこでもいいさ。」
『あっ……いってらっしゃ~い。』

「……ユキムラさん、私たちに心配かけたくないんだと思うよ?」
『姿が見えなくなれば心配しないってモンでもないわよ~……』
「……そうね……」


 ***




「――このあたりがいいか。」
 ユキムラはイーゼルを立てた。

 ――

「……明かりがなくなった。……誤算だったな……
ちっ……仕方ない。どこか、雨風をしのげそうなところは――」

「…………」
「……ご老人?こんなところで、何を……?……!?」

 老人の目の前には、ボロボロになったイーゼルが立てられている……

「…………」
「あなたも……ここで、絵を?」
「…………」
「夜も更けました。よければ、俺と一緒に民家でも探しに行きませんか?」
「……私の家はすぐそこだ。」
「そうでしたか。これは、いらぬことを。」
「若いの。寝泊りしたきゃ、うちのを使って構わん。」
「本当ですか?ありがとうございます。では――
……ご老人。あなたは……?」
「…………」
「今夜は月も出ていない。こんな夜に、一体何を描こうとされているのです?」
「私もそれを、考え続けている。」
「……?」


思い出5


「ユキムラ・サイオンジ…………そうか、あんたが……」
「はい。あなたは……?」

「私はモドゥ。この国で、画家をしていた……
いや……ここがまだ国であった頃、画家だった……だな。」

「それは……?」
「二十年ほど前になるか。この国は滅んだよ。魔物たちのせいでな。」
「!!」
「国王の一族は絶やされ、生き残った国民もよその島へ移っていった……
たまに、旅の冒険家が訪れることはあるがな。画壇でのあんたのことは、それで知ったよ。」
「誰もいない島で……あなたは何をしているのですか……」
「救いを、描こうとしている。」
「救い……?」

「王が存命だった頃、私に命じられたのだ。
じわじわ魔物に侵略され、恐怖に怯える国民たちが、希望を持てるような絵はないか――」
「……一枚の絵で、人々を……」
「…………」
「それで、その絵は?」
「……描けておらん。」
「なんですって……?」

「それから十年後、国は滅び、私に命じた王も、この世を去られた。
……二十年経った今でも、私はその絵を、描けてはいない。」
「三十年もの間、その一枚を描こうとされているのですか?」
「そうだ。」
「失礼ですが……何のために……?」
「さあて、な……」

「あなたはそれでいいのですか。」
「…………」
「描き上げることの叶わぬたった一枚の絵と、心中するおつもりですか?」
「…………」
「何故そんな無益なことを。モドゥさん。画壇に帰ってきてください。
余計なお世話かもしれませんが、俺も少しは口の利けます。」
「私にはもはや、意味のないことだ。」

「何故です!芸術は、鑑賞されることに価値がある!
たとえその絵が完成したとして、誰の目にも触れることはない!絵がかわいそうだと思わないのですか!
素晴らしい絵に罪はない!人々に見られ、称賛される権利がある!」

「……帰るんだな。」
「いいえ。あなたがそのつもりなら、俺にも考えがある。
俺もここには絵を描きに来ました。あなたがその絵を描き上げるのを見届けさせてもらいます!」
「…………」


 ***


「…………」モドゥ

(……早朝からいるというのに、筆を持ったまま微動だにしない……
こんなことを……三十年も……)

「…………」


 ――月日が流れた。

 ユキムラの周囲には、何枚もの紋章画がうず高く積まれていく。
 モドゥの家の中も、ゆきむらの作品で足の踏み場すらなくなった。

 しかし――


「…………」

「……モドゥさん。俺はわかりましたよ。」
「…………」

「あなたは描けないんじゃない。描かないんだ。
王に命じられた絵を描くこと……それだけが、あなたと今は亡き国をつないでいる。
その絆を失うのが怖い。だからあなたは、描かないんだ。違いますか?」

「……若いの。あんたは、芸術家じゃないな。」

「なんだと……!?あんたこそ、どこが画家だ!?
日がな一日、筆を持ってぼんやりしてるだけじゃないか!あんたの方こそ、芸術家ではない!」

「わかっとらんな。魔物が巣食うんだよ……!芸術家の心には……!
国民全ての、命を預けられた、私の――魔物を見ても、まだそんなことが言えるかッ!」


思い出6 (友情覚醒)


「モドゥさん!?」

「わかるか!?たかが絵画の一枚に……何千人、何万人の命がのしかかった!
死してなお、安息を、救いを求めるソウルとなって、この筆にしがみついている!
どれだけ重いかわかるか!?」

「――!!」

 ユキムラの耳に、何千人もの声が重なり合って響いてくる。

『誰か助けてくれ』
『誰か魔物を退治してくれ』
『誰か勇気を授けてくれ』

『希望を見せてくれ』
『救いをくれ』

 人々の叫びは絡まり合い、ねじれながら一つの地点へと収束していく――
 ――そこには――


「……魔物……!
なんということだ……!あのときの比ではない……!
こんな巨大なものが……一人の人間の心に、巣食うというのか……!」

 ガァアアアアァァッ!!!

「若いの!逃げろ!
あんたまで関わることはない!こんなものに押し潰されるのは私一人で十分だ!
ぐぅ!? ぐぅああああああー……!!」

「モドゥさんっ!」


「……俺はあなたを、誤解していました……
あなたこそ……芸術家だ!こんなところで見殺しにはしない!
うぉおおおおーーーーっ!!!」


『ユキムラ、だいじょうぶ!?』
「みんな、来てくれたのか。助かった。モドゥさんは!?」
「おじいさんなら、こちらに。」

「…………」
「モドゥさん……目を覚ましてくれ!いまなら、あなたの筆も……!」
「………………そんなに強く揺するな、若いの……」
「!!」


 ***


『……『祖国』かぁ……あのおじいさんの絵、話題になってるわねぇ……』
「見事な一枚だった……あれほど圧倒的な〈重み〉がある作品は、滅多にあるもんじゃない。」
「モドゥさん、画壇に姿を現したのは三十数年ぶりなんですってね。」

『ねえユキムラ。アンタ、手強いライバルを増やしちゃったんじゃない~?』
「そうだな。」
『内心『やっちまった』って思ったりして?』
「そんなことはない。競う相手は多いほうが幸せだ。
自分はまだまだ若輩者だと、実感するのも悪いことじゃない。

……俺は、今まで以上に、数多く、様々な紋章画を描いてみたい。
そして、俺こそが史上最高の天才紋章画家であると世間に知らしめてやるのだ!」
『おぉ~!どでかい発言ね~!』

「……そうすりゃ、あのイヤな奴も黙っていられないだろう。
案外……また手紙を用意しているかもしれないな……」


 いや、そんなの想定してねーから。

「だからだよ。」




魂を描く者

その他

流星のエンブレム Story

相関図


ストーリーまとめに戻る
最近の更新

9時間まえ

11時間まえ

15時間まえ

2017/08/14 (月) 16:16

2017/08/14 (月) 16:03

2017/08/11 (金) 07:37

2017/08/11 (金) 07:36

2017/08/11 (金) 03:17

2017/08/11 (金) 00:09

2017/08/09 (水) 00:42

2017/08/08 (火) 23:44

2017/08/08 (火) 23:43

2017/08/08 (火) 23:33

2017/08/07 (月) 00:37

2017/08/07 (月) 00:10

2017/08/06 (日) 10:39

2017/08/06 (日) 08:57

2017/08/06 (日) 08:37

2017/08/06 (日) 08:31

新規作成

9時間まえ

11時間まえ

15時間まえ

2017/08/14 (月) 16:16

2017/08/14 (月) 16:03

2017/08/11 (金) 07:36

2017/08/11 (金) 03:17

2017/08/11 (金) 00:09

2017/08/09 (水) 00:42

Wikiランキング
DBZ ドッカンバトル攻略Wikiまとめ【ドラゴンボールZドカバト】
白猫プロジェクトwiki【白猫攻略wiki】
ブレソル攻略Wikiまとめ【BLEACH Brave Souls】
4 【速報】ミラクルニキ攻略アンテナ
5 アイマス デレステ攻略まとめwiki【アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ】
6 アカセカ攻略まとめWiki【茜さすセカイでキミと詠う】
7 チェインクロニクル攻略・交流Wiki チェンクロ3
8 ジョジョの奇妙な冒険 スターダストシューターズ攻略Wiki【ジョジョSS】
9 消滅都市2 攻略まとめWiki
10 ドラクエモンスターズ スーパーライト非公式wiki【DQMSL攻略】
注目記事
ドッカンバトル ゴジータ4 評価パーティ考察 ドラゴンボールZドッカンバトル
白猫 フェアリーテイルコラボ 白猫プロジェクト
消滅都市2 -The Lost Island - 教祖ノ復活 - 謎解き 答え 消滅都市2
ポケモンGO レイドバトル発生報告 掲示板 ポケモンGO
ミトラスフィア リセマラランキング ミトラスフィア
ブレソル リセマラランキング BLEACH Brave Souls
ミラクルニキ コーデコロッセオ 高得点 ミラクルニキ
パワプロ 鳴響高校 育成論 パワプロアプリ
DQMSL 神話篇チャレンジ 攻略 ドラクエモンスターズ スーパーライト
モンスト LINE掲示板 モンスト
ページ編集 トップへ