メインストーリー 第03章(バルラ城砦王国)

 
最終更新日時:
ストーリーまとめ

2014/07/14


目次

Story01-1 城塞の王国へ
Story01-2 青年兵士の警告
Story02-1 危険な森を抜けて
Story04-1 迫り来る追跡者
Story05-1 王家の秘法
Story06-1 王族の館の中で
Story08-1 逃げ込んだ先はコロシアム
Story08-2 狂戦士の叫び
Story08-3 激戦の果てに
Story09-1 残された希望
Story10-1 廃墟の町の占星術師
Story11-1 謎の洞窟の入り口で
Story11-2 2つの希望
Story12-1 騎士団長の誇り
Story13-1 闇の陰謀を砕け
Story13-2 邪竜の断末魔
最終話

主な登場人物




プロローグ


ルーンドライバー……もう、すっかり力を取り戻したようだな。
 次はどんな場所へと我々を誘ってくれるだろうか?

ねぇ、みんな。向こうに島がみえてきたよ!
すごい……島全体がお城になっているみたい!

これは――間違いない、バルラ城砦王国か!
 なんと威厳ある城構えだろうか。
 話には聞いていたが、一度は訪れてみたいと思っていたのだ!
 主人公、急いで着陸の準備だ!

さぁ、着陸だ!


story1-1 城塞の王国へ



静かね……まるで人の気配がしないわ。
どこへ向かったらいいのかな?

 ――

また……光が消えてる。
 もしかして、光が指し示してくれるのは
 大いなるルーンがある島までということかしら?

ね、ねぇ、みんな!
 あちこちに魔物がいるみたい――!

主人公、まずは町中に向かいましょう!

story1-2 青年兵士の警告



お前たち、ここで何をしている!
 「「「!!」」」

 主人公は、兵士にギルドライセンスを示し
 自らが冒険家であることを告げた。

冒険家……お前たちがか?
――。
ここから先はエリアE。
 〈9級以上のライセンスランク〉を持たぬ冒険家は立ち入りを禁じられている区域。

何か……あったのですか? 危険な場所には見えませんけど。
この国は……バルラはある男の手によって無茶苦茶に荒らされてしまったんだ。
 街中は、今では魔獣だらけさ。……正直、王国騎士団ですら手を焼いている。
 腕に自信がないのなら、早々に立ち去った方がいい。


『協力バトル』でランクを上げないと先に進む事が出来ない。
 2015/07/14『ランダムマッチング』実装



story2-1 危険な森を抜けて



……たす……かりました……
――もう、大丈夫ですよ。
……あの、あなたたちは……?

 自分たちはある調査のために島を訪れた冒険家だ、と彼女に告げる。

助けていただき、ありがとうございます。
 私は……ファーベルといいます。
 冒険家さん、腕を見込んでお願いがあります。
 私を城下町まで連れて行ってくれませんか?

 今は何のお礼もできませんが、
 いつか必ず相応のお礼をいたします。
 ですから、どうか――!

そんな……お礼なんていらないわよ~。
 ちょうどアタシたちも町に向かってたし。
 ね、主人公。
――♪

ありがとう……ございます!

story4-1 迫り来る追跡者


やっぱり、誰もいないね――
不気味なくらい、静かだわ……

――!


ほぉ、この一撃を止めたか――
 なら、これはどうだ……?

――っ!
――に、逃げましょう!
 その男と戦っても勝ち目はありません!

おや――誰かと思えば。ずいぶん探しましたぞ。
 ということは、こやつらは――

――!
ちっ……うっとうしいやつめ!

今よ、この隙にここを離れましょう!
みんな急いで!


 ***


ハアッ、ハアッ、ハアッ……!
 なんなのよアイツ、いきなり襲ってきて!
主人公、大丈夫? 怪我はない?
…………
ファーベルさん、さきほどの騎士をご存知なのですか?

……彼はダンテ
 かつて、この国の騎士団長を務めた男。
 でも、今は――王を、一族を殺した反逆者。
 この王国の憎き敵です。

 あの男がこの国を支配するようになってすぐ、街は魔獣であふれかえるようになり――
 人々は競って国を出て行ってしまったのです。


 ……行きましょう。
 またダンテに見つかってしまっては厄介です。

story5-1 王家の秘法


ね、ねぇねぇ、あそこ!
人が倒れてるよ!


……だ……れか……

あの時の……兵士さん!
 ひどいケガ――!
 待っていてください、すぐ手当てを。

 <*×○■!&%$…………

……う……ううっ……

ダメだわ、傷が深すぎて魔法が――
なんで……こんな……こと……に……
 オレ……は……ただ……この国……を……

…………
 ……アイリスさん。ここは、私が。


もう大丈夫です……これ以上、この国のみんなを死なせるつもりはありません――
い、痛みが……引いて……
眼を閉じて、力を抜いて。
…………

寝ちゃった……みたいだね。
あとは体力さえ回復すればもう大丈夫。
 ゆっくり眠っていてください。
そ、その力は――
……本当は、隠しておかなければならなかったのだけれど。



これは〈繁栄のルーン〉。
 万物に活力を与える王家の秘法です。

主人公。これって、〈大いなるルーン〉じゃないの!?
大いなる……ルーン?

これは……どう言ったらいいのかしら。
 ほんの少し、反応しているみたいだけれど。
外れじゃなかった、ってことなのかな?

……まさか、あなたたちもこのルーンを狙っているわけでは……?
ち、違います!
 いえ……ルーンを探しているのは本当のことだけれど。

 ファーベルへ正直に、バルラ城砦王国に降り立った理由を話す。


……そういうことだったのですね。
 申し訳ないのですが、このルーンをさし上げることはできません。
 〈繁栄のルーン〉は王家復興のカギですから。
 こうして助けていただいておきながら……ごめんなさい。
い、いえ……私たちこそ。

……陽が落ちてきましたね。
 兵士さんも休ませないといけません。
 近くに、バルラ王家の別宅跡があります。
 今夜はそちらへ身を隠しましょう。

story6-1 王族の館の中で


あ――目、覚ましたみたいだよ!

ん……こ……ここは……?
――もう、大丈夫です。
 無理に体を起こさないで。
 安心してください、ここに敵はいませんから。
そうか……よかっ…………た……?

ひ――姫さま!?
 それに、お前たちはあの時の……!

姫さまって……誰が?
誰って、目の前におられるお方だよ。
 ファーベル姫は、このバルラ王国の第49代目の女王となられるお方だ。
 姫さま、よくぞご無事で……!
ごめんなさい、私一人がのうのうと。
 結局何一つ、守ることができなかった……
あの男は……ダンテは、もはや人間ではありません。
 かつての地位も、名誉も、誇りも失い悪魔に全てを売り渡したような――

「悪魔か、悪くない。
 素晴らしい称号をいただけて光栄だ。」

「「「!!!」」」


うかつだな、ファーベル姫。
 俺の支配範囲でルーンの力を使うとは。
 おかげで探す手間が省けたというもの。
 〈繁栄のルーン〉……今度こそ。こちらに引き渡してもらうぞ。

いけない――
 姫さま、逃げてくれッ!

 兵士は傷ついた体を引きずり、ダンテへ飛び掛かかる!

そんな――私は、また……!
立ち止まっている場合じゃないよ!
 アンタだってわかってるんでしょ!?


姫さま、早く!
逝ね、クズが!
――!!
 姫さま……ご無事……で……!


……フン、消え失せたか。
 だが、どこにいようと同じこと。
 一度発露した〈繁栄のルーン〉の発動、すぐに消えるものではない。

 ファーベル、決して逃がさんぞ。
 〈繁栄のルーン〉は、この俺にこそ相応しいのだ!

story8-1 逃げ込んだ先はコロシアム


コロシアムに逃げ込むとは。
 いよいよ戦う腹を決めたということか?

ど、どうしよう。
 もうこれ以上逃げられないよ!
ここまで……かしら……
諦めないで!
 まだ、終わりと決まったわけではありません!

用があるのはファーベル姫だけだ。
 貴様ら虫ケラ共には、ふさわしい惨めな死をくれてやろう!

story8-2 狂戦士の叫び


――思い出すぞ。戦士たちの、血と汗のにおい――
 このコロシアムで、どれだけの猛者どもをなぎ倒して来たか――
 数え切れぬ程の激戦を重ねようと戦いに飽くことは無い!
 ――さぁ、続けるぞ。
 死に物狂いで戦うがいい!!

BOSS ダンテ

story8-3 激戦の果てに


ぐっ……はっ……ッ!
 なぜ……だ……虫ケラごときに……!

主人公、やったぁ!

く……くはははははッ!
 よかろう、これが末路というのならそれもまた一興。

 赤髪のコゾウ。
 その太刀でこの俺を殺してみろ。
 貴様にその権利をくれてやる。
…………

待って――待ってください。
――!

勝負は決しました。
 これ以上、彼を傷つけないで。
ファーベル……どうして?

ねぇ、ダンテ。
 もう……もう、いいでしょう?
 あんなに誇り高く、高潔で……
 そして優しかったあなたはどこへ消えてしまったの?
…………ク……クックック。
いけません、ファーベルさん!

バカが、武人に情など無用の長物!
きゃあっ!?


ふ……フハハハハハ!
 〈繁栄のルーン〉。ついに、我が手に――!

な、なんて事するのよ!?
そんな……ダンテ、やめて――!

光栄に思うがいい。
 貴様らは新たなる王の誕生を目の当たりにできるのだからな――

 ――

…………血が噴き上がり、肉が震えたつ――!
 素晴らしい……指先から骨の髄まで、何もかもが燃えるようだ。
 これが、〈繁栄のルーン〉!

 ダンテが槍を足下に叩き付けただけで、迸る闘気が大地を震わす。

もはや貴様らに用は無い――
 俺が世界の王となるさまを、黙って見届けるがいい!




story9-1 残された希望


……ごめんなさい、みなさん。
 私が浅はかだったばかりに。
どうして、あんなことを……
 ダンテさんをかばったりしたんですか?

……私は、ダンテと共に王宮で育ちました。
 彼も、王族の血を引く貴族だったのです。
 私が王位を継承することが決まった後も、ずっと仕えてくれて――
 ですから、まだ心のどこかで、信じている部分があるのです。
 全てが夢であったとか、何か奇跡が起きるとか。
そうだったんだ……

でも……もう、大丈夫。
 デンテを止めなければ、この島だけではなく外の世界にも災いが降りかかることでしょう。
 それだけは、なんとしてでも止めなくてはなりません。
 アイリスさん、キャトラ、そして――主人公さん。
 身勝手は承知していますが――今一度、私に力を貸してください。

――。
――ありがとうございます!

 城下町の東の端に、占星術師のイゾルダという女性が住んでいます。
 私やダンテの……乳母だった人です。
 〈繁栄のルーン〉を持って彼女を頼れ、というのが父……王の最期の言葉でした。
 ルーンは奪われてしまいましたが、イゾルダなら、何かいい知恵を持っているかもしれません。

story10-1 廃墟の町の占星術師



姫さま、よくぞご無事で!
イゾルダ、お久しぶりですね。
 あなたも無事で何よりです。
本当に、ご立派になられて……
 今回の事件さえ起きなければ、良き王女への道を歩まれていたでしょうに。
イゾルダ……ごめんなさい。
 私の甘さが原因で〈繁栄のルーン〉はもう――

皆まで言わずとも、星の巡りが全てを私に教えてくれております。
 主人公さま、そしてアイリスさま、キャトラ。
 この度は、我らの姫さまをお守りいただき深く感謝を申し上げます。

イゾルダ。何か、知恵を借りることはできるかしら。
「あやつ」は〈繁栄のルーン〉を手にしたものの、未だ力を解き放つには至っておりませぬ。
 真の力が現れる前に、〈繁栄のルーン〉の力を封じ込めてしまうのが得策。
ルーンを……封じる?

ついて来てくだされ。
 バルラを救う最後の希望の光を、皆さまに授けることに致しましょう。

story11-1 謎の洞窟の入り口で


ここは――
 こんな街のはずれに、洞窟が……?

さぁ、お進みなさい。
 この奥に、すべての希望が待っています。
希望って言っても……なんだか、ジメっとして危なそうな雰囲気だけど。

道中には魔物もおりますし、少なからずワナもございます。
 しかし――皆さまならばきっと乗り越え、光をつかんでくれることでしょう。


ありがとう、イゾルダ。
私めもご一緒させていただきます。
 くれぐれも、お気をつけて進まれますよう。

story11-2 2つの希望


ずっと狭い通路だったけど……ここはすごく広いのね。
あの祭壇にあるのは……もしかしてルーン?
あれこそが〈繁栄のルーン〉を打ち消す対なる力、〈衰退のルーン〉。



これが……〈衰退のルーン〉!?
持っているのも恐ろしいくらい、凄い力を秘めてるみたい……

〈繁栄〉と〈衰退〉は表裏一体。
 〈衰退のルーン〉を「あやつ」にかざせば瞬く間に力が失われることでしょう。
……後は、これを持ってダンテのところに行けば……

「…………そんな、まさか……?」



ファーベル……
 本当に、ファーベルなのか!?

ダンテ……どうして、ここに!?
に、逃げるのよ、ファーベル!
――!

待て! 俺は王家を裏切ったヤツとは別人だ!

そんなこと言って、またアタシたちをだますつもりなんでしょ!
驚かれるのも無理はない。
 ですが、彼こそがファーベルさまにとってのもう一つの希望の光……

俺は、もう一人の俺……
 あの偽者野郎が王家に刃を向けてから――
 ずっとイゾルダに匿ってもらっていたんだ。
 何せ、表向き俺は逆賊だからな。
 見方であるはずの騎士団に顔を見られたら真っ先に殺されちまう。

ダンテ……本当にあのダンテなのね?
何なら、あなたが最後に泣きべそをかいた日をあてて見せましょうか?
――!

これこれ、再会に浸るのもそれくらいにしておきなされ。
 ファーベルさま。これで、心置きなく戦うことができますな?

私――もう、迷いません。
 かならず、このバルラ王国をあの偽者の手から取り返して見せます!
姫さまは後ろから見ててくれればいい。前線は俺に任せな。

私たちも一緒に戦います! ね、主人公!
行きましょう、みなさん!


story12-1 騎士団長の誇り


この先に、偽者のダンテが……
で、でも……! こんな頑丈そうな城門、どうすればいいの~!?

どこか、別の入り口を探しましょう。そうすれば――
お下がりください。王国守備隊のない城門など、この俺が――

 ダンテは槍を構えると、オーラを込めた一撃を城門へ向けて放つ!

――!
す、すごい気迫――!

あの野郎にはナメた真似をされたからな。
 正面から叩き潰してやらないと気がすまん。
 このまま王城まで突っ切るぞ!


story13-1 闇の陰謀を砕け


王の間……やっと、たどり着いた!

?フン、どうにも外が騒がしいと思えば貴様らの仕業か。
 あれほどの力の差を見せつけられてもなお、世に逆らおうというのか?

ずいぶんなご身分じゃないか、もう一人の俺。
 その玉座、貴様ごときが座ることを許されると思うなよ?



?貴様は――そうか。
 死んだと思っていたが、生き延びておったのか。
死に場は心に決めているからな。
?虫ケラの考えは余にはわからん。
 ここで殺されるのが本望ということか。
 ならば――それもまた、よかろう。

 〈繁栄のルーン〉よ、我に力を!


へっ……コイツはすごい。
 〈繁栄のルーン〉、とんでもない代物だ!
アイリスさん――お願い!

〈衰退のルーン〉よ、私に、力を!

?き――貴様ら、どこでそれを!?
消え失せなさい、悪しき者よ!

く…ぬおおおおおおおお!!!!!


消え……た……?
いや、そんな気配はなかった――
 おそらく、逃げおおせただけでしょう。

 後を追いましょう。ここで叩いておかなければ後々面倒なことになる!




story13-0 邪竜


ガアアアアアッ!!

Dコイツが……このドラゴンが偽者の正体か。
 道理で魔獣たちを自在に操れるわけだ!
そんな――なんて、禍々しい……!

こ、このドラゴンは――!
少し姿は違うけれど……でも、間違いない!

グォォォォォ!!!

来るぞ、構えろ!

BOSS


story13-2 邪竜の断末魔


グ……グァァァ!!!


これが、王国を破滅に追い込んだ元凶の末路か。
 ――胸クソ悪いな。

どうして、こんなところにあのドラゴンが……?
……何かを知っているような口ぶりだな。
 ドラゴンがどうかしたのか?

 旅立ちの出来事をダンテに話す。
 飛行島の遺跡に巣食っていた黒きドラゴン、闇に飲まれたカイル。
 そして、アイリスを付け狙う闇の一族、エピタフ……。

するとこの国は、お前たちの言う〈〉とやらに無茶苦茶にされてしまったというわけだ。
いったい、何者なの? その〈闇〉っていうのは。

……ごめんなさい。詳しいことはまだ、何も。
 一つ確かなことがあるとすれば、世界が少しずつ闇に蝕まれているということ。
 それだけは、間違いありません。
……フン。闇だか何だか知らないが――
 イラつかせてくれるぜ。

……主人公、アイリスさま、キャトラさま、そして……ダンテ。
 これでやっと、私は――
ファーベル姫。戦いはまだ、何も終わってはいません。
 この国を再び建て直し、もとの栄華を取り戻すまで――
 我らの戦いは終わることはないのです。
わかっています。それでも――今は言わせてください。

 みなさん、本当にありがとうございます。
 バルラ城砦王国の王女として、心からのお礼を申し上げます。


最終話




その他



相関図


ストーリーまとめに戻る
最近の更新

2017/07/22 (土) 18:02

2017/07/21 (金) 22:54

2017/07/21 (金) 22:23

2017/07/21 (金) 19:54

2017/07/21 (金) 07:36

2017/07/20 (木) 07:02

2017/07/16 (日) 23:39

2017/07/16 (日) 23:33

2017/07/16 (日) 23:18

2017/07/16 (日) 23:15

2017/07/16 (日) 23:14

2017/07/16 (日) 23:08

2017/07/15 (土) 00:15

2017/07/14 (金) 23:58

2017/07/14 (金) 23:43

2017/07/13 (木) 09:22

2017/07/12 (水) 16:47

2017/07/12 (水) 01:02

2017/07/09 (日) 22:39

2017/07/02 (日) 16:04

新規作成

2017/07/22 (土) 18:02

2017/07/20 (木) 07:02

2017/07/16 (日) 23:18

2017/07/16 (日) 23:15

2017/07/16 (日) 23:14

2017/07/16 (日) 23:08

2017/07/15 (土) 00:15

2017/07/14 (金) 23:58

2017/07/09 (日) 22:39

2017/07/02 (日) 11:39

Wikiランキング
白猫プロジェクトwiki【白猫攻略wiki】
【速報】ミラクルニキ攻略アンテナ
ブレソル攻略Wikiまとめ【BLEACH Brave Souls】
4 チェインクロニクル攻略・交流Wiki チェンクロ3
5 アイマス デレステ攻略まとめwiki【アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ】
6 ジョジョの奇妙な冒険 スターダストシューターズ攻略Wiki【ジョジョSS】
7 消滅都市2 攻略まとめWiki
8 DBZ ドッカンバトル攻略Wikiまとめ【ドラゴンボールZドカバト】
9 ハンターハンター バトルオールスターズ攻略まとめWiki【HHBAS】
10 ドラクエモンスターズ スーパーライト非公式wiki【DQMSL攻略】
注目記事
白猫 3周年 まとめ 白猫プロジェクト
マギレコ 配信日情報 マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 
スママジ リセマラ スマッシュ&マジック
パワプロ 浴衣八尺巫女子 評価 パワプロアプリ
ミリシタ お仕事 パフェコミュ選択肢 アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ
デレステ イベント Kawaii make MY day! アイマス シンデレラガールズ スターライトステージ
オレコレクション リセマラランキング 週刊少年ジャンプ オレコレクション!
ドッカンバトル 2億DLリーク情報 ドラゴンボールZドッカンバトル
ミラクルニキ ミラクルナイト ミラクルニキ
モンスト LINE掲示板 モンスト
『カムライトライブ』事前登録受付中! 神式一閃 カムライトライブ
ページ編集 トップへ