ブラッド(クリスマス)・思い出

 
最終更新日時:
ストーリーまとめ

聖夜のギャング
ブラッド・ガンビーノ CV:鈴村健一
派手なナリを下したジョカ島出身の男。
チンピラの風体だが、話は通じる。




思い出1


 ブラッド   
「おう、オメーら!メリークリスマス!」
「ブラッドさん♪ メリークリスマス♪」
「おう♪」

『メリークリスマスよねぇ、ブラッド……』
「あン? キャトラ、なんでそんなテンションなんだ?」
『ブラッド、アンタいくつだっけ?』
「トシか? 26だぜ?」
『おねーちゃんは?』
「なにが?」
『とっくのとうにご結婚されて、旦那さんと幸せに暮らしているのよね?』
「ああ、そうだと思うぜ?」
『……はぁ……』
「……おい、キャトラはいったいどーしたんだ?」

『教えてあげるわブラッド。アタシ、聞いたんだけどね……』
「おう。」
『クリスマスってね。大人の人たちは、恋人同士で過ごすのが一般的なんだって。』
「ん~? そりゃア、どこの習慣だ?俺がいたジョカでは……
……そーいや最近、そんなのが流行ってたわ。あの島でもよ。」
『でしょ? 楽しい文化は島を越えて広まったりするものね。』
「そりゃわかったがよ、それが俺となんのカンケーあんだ?」
『アンタもイイ大人じゃん?恋人の一人くらいいないの?』
「あぁ、そーゆーハナシかよ。別にいなくたっていいだろ?
恋人じゃなくたって、大切な家族はいるしよ。」
「ティナさんやファルファラさんのことですね♪」
「ま、ファルファラはちげぇけど、同じようなもんだ。」

『それでいいの?』
「いいじゃねぇか?何も寂しくはねェぜ?」
『ティナやファルファラがつかまらなかったら?』
「あン?」
『恋人のいない大人のブラッド。クリスマスの夜に一人でいたら――』
「そンならそンでも別にいいって。」

『ヴィンセントが寄ってくるわよ!』
「ゲェ!? そういうことか!?」
『そういうことよ!』

「……でもよ、そりゃティナたちが
つかまンなかったときのハナシだろ?心配いらねーだろーよ?」
『さあ、どうかしらね……?こんなときのアタシのカンって、よく当たるのよね……』
「そのジンクスも今日までだな。」
『ならいいんだけどね……』


思い出2


 ブラッド   
「――キャトラノカンは、見事に外れてくれやがったな――」


 ベンケイ   
「おう、飲もうぜ。」


「なんでだよ!
 何で知らねぇオッサンたちが集まって来てんだよォ!?」
「呼ばれたからだよ。」
「誰に!?」


 エドガルド  
「ギャングのあの野郎、なんつったけなァ?」


 マウリツィオ 
「ワインの種類のような名だった気がするがな。」

 ブラッド   
「ああやっぱりなぁ!ヴィンセントニィさんだ!
なんだこの嫌がらせ!?オイ、オメーら! とっとと出てってくれ!」
 エドガルド  
「あァン? 呼び出しといて、そりゃァずいぶんじゃねェか?」
「俺が呼んだんじゃねーよ!」

 ベンケイ   
「そんなことなどどうでもよかろう。」
 ブラッド   
「よくねえ!」
「喝ーーーーーッ!」
「なんだよ!?」
「おめぇが寂しくねぇようにって、兄貴分が気ィ利かせたんだろ?素直に受け取っておけや。」
「いやコレどー考えても嫌がらせとしか思わねーから!」
「ワシらを知れ。」
「あァ!?」
「知らねぇ相手を拒絶してたら、つまんねぇ人生になるぜ。もっとどっしり構えなよ。一献、どうだ。」
「そ、そうは言うがよォ……」

 エドガルド  
「ケハハハ! 若いの!てめェ、中々イイ気を吐くじゃねェか。気に入った!
オレが冒険のなんたるかを伝授してやる。滅多にねェゼ?聞いていけや。」
「まあ、それには興味もあっけど……」


 バーガー   
「注文の品を持ってきたぜ。」
 マウリツィオ 
「お、バーガーか。ピザまであるではないか。」

 ブラッド   
「注文なんかしてねぇぜ?」
 バーガー   
「代金は結構さ。もう、もらってある。じゃあな。」

 ブラッド   
「……一応。食い物も届けてくれるんだな、ニイさん……
…………わかったよ。こうして会ったのも何かの縁だ。
今日は、飲んでってくれ。」

 ベンケイ   
「そうこなくちゃな。」

 ブラッド   
「シャンパンがあるんだ、飲むだろ。」
 マウリツィオ 
「ほう、いいな。」
 エドガルド  
「ケハハハ! シャンパンってなァ、開けるとき、ドキドキするよなァ!」
「こっちに向けるなよ! とかな。」
「ほ~れ?」
「おい、言ったそばからやめろ!」

 ブラッド   
「キャッキャすンのやめろ!おっさんのクセして!」


思い出3


 ブラッド   
――てなもんで、
シャンパンタワーでござーい!



 エドガルド  
「ケハハハハ!見事なモンじゃねェか!」
 マウリツィオ 
「中々良い風味のシャンパンだな。」
 ブラッド   
「ジョカの新ブランド、『ドン・ザビーノ』だぜ!」

 マウリツィオ 
「こうして男だけで飲むのもたまには悪くないな。」
 エドガルド  
「ああ。船員どもとひらいていた宴を思い出すぜ。」
「生前の話か?」
「おうよ。」
「……悪霊よ!神の名において、消し去ってくれる!……なんてな!」
「ケハハハハ……! やれるモンならやってみろやァ!」

 ブラッド   
「ハハハハ……!」


 ベンケイ   
「――にしても、あれだな。」
 ブラッド   
「あン?」
 ベンケイ   
「女子、欲しいな。」



「「「!!!」」」

 ブラッド   
「……オイオイ、おっさん、何を言い出すんだよ?」
 エドガルド  
「ケハァ! そんなナリで、欲望に忠実ってかァ!?笑わせるぜェ!」
 マウリツィオ 
「ナマグサボーズめ!俺が裁いてやる!」
「ケハハハハ……!」
「だが、こんな夜更けにどうする?繁華街にでもくりだすか?」

 ベンケイ   
「いや。呼ぶ。」
 ブラッド   
「呼ぶ? ……ったって、どうやるんだよ?」
「頭の中に、相手の顔を思い浮かべろ。」
「ん~?」
「…喝!」



 ファルファラ 
「……え?」

(繋いでやったぜ。話してみろや。)
「……は?」


 ファルファラ 
「!? あなた、ブラッド!?どうしたの!?
 どこから話しかけてるの!?鱗光蝶もいないのに……!?」
 ブラッド   
「やあ、まあ、そりゃァオレにもわかんねェんだけど……」
「……どうにかして思念を送ってきているのね?で、何か急用なの?」
「おお……その……なんだ……」
「?」
「……いまヒマ?」
「…………」


 ブラッド   
「あれっ!?」
 ベンケイ   
「おう、振られたなあ、ニイちゃん。」
 ブラッド   
「いや……そりゃそうだろ!言わせんなァ、あんな無茶なコトはよォ!
ぜってーヘンに思われただろー!?」

 エドガルド  
「ケハハハハ! 気にすんなよ!てめェはイイオトコだぜ!?」
 ブラッド   
「嬉しくねーなー!」

 マウリツィオ 
「無理に呼ぶこともあるまい。今宵はこのメンツで飲み明かそうではないか。」
 ベンケイ   
「……くくく、そうだなぁ。」
 ブラッド   
「だったらやらせんなよなァー!?」

 エドガルド  
「ケハァッハッハッハ……!」


思い出4


 ブラッド   
「――はっ!?
…………いつの間にか寝てたのか……ン?」


 インヘルミナ 
「ようやく目を覚ましたか!このうつけ者がっ!」
「おおっ!?」


 イザベラ   
「お寝坊さんは減点よ?」


 アルザーン  
「しゃんとせぬか!悪は、どこに潜んでいるかわからんのだぞ!」
「な、なんだよあんたたち!?あいつらはどうしたんだ!?」

 インヘルミナ 
「あいつら?この部屋には其方しかいなかったが。」
「帰りやがったな……!……で、あんたたちは一体どういう御用で?」

 イザベラ   
「ある人に、パーティをやるからって誘われたのよ。」
「ある人……?」

 アルザーン  
「紳士的な物腰だったが、かなりの使い手だった。
たしか一時期、ジョカ島の顔役をやっていた男だったか。」
「ニイさんじゃねえか……何考えてだァ……?」

 インヘルミナ 
「こうしてわざわざ出向いてやったのだ。わらわを、もてなせ。」
「もてなせったって……」

 イザベラ   
「あら、シャンパンがあるじゃない♪いただいてもいいのよね?
はあ、こんなことなら神父様もお誘いすればよかったわ~」

 アルザーン  
「このシャンパン、相当な量だが、どこから持ってきた?まさか?」
「買ったんだよ!」
「そうか。君はそれなりに余裕のある暮らしをしているのだな。」
「そりゃどうも!」

 インヘルミナ 
「では飲むとするか。」
「オイ!?やるなんて言ってねぇぞ!?」
「ケチくさいこと申すな。代金だったら、後で家来の者に届けさせよう。」
「いや、金はいいけどよ…………じゃなくって!」

 イザベラ   
「……っぷは~♪香りだけじゃなくて、味も極上じゃない♪」
 アルザーン  
「む、これはたしか、ジョカ島の新作ブランド、ドン・ザビーノだな。」
 インヘルミナ 
「おお。一度賞味したいと思っていたところだ。どれどれ……
……ふむ。ふくよかなコクが広がるが……まだ、若いな。あと数年は寝かせたいところだ。」
 イザベラ   
「あら、この若々しさがいいんじゃないの?」
 インヘルミナ 
「そうか?」


 アルザーン  
「そういえば連邦には、良いワインがあると聞いたが。」
 インヘルミナ 
「ふむ。我が国ではないが、ワインの名産国も、確かに連邦に加盟している。」
「羨ましい話だ。我が国カルクーフでは、名産品と呼べる物があまりなくてな……」
「そうであったか。だが、交易で生まれる利が、相当なものだと聞いているが?」
「さすが、お見通しであったか。」
「ふふ……♪飲むがいい、剛拳女王アルザーンよ。」
「そちらもな、征服女王。しかし、なんだな。このように気がねなく杯を交わせば、国と国も……」
「言うな、アルザーン。この場は夢。そうであろう?」
「ふ……そうだな……」


「ちょっと~?難しい話はやめにして、楽しく飲みましょうよ~?」
「うむ……!」


 ブラッド   
「……居場所がねぇ……」


思い出5


「ニィさんはいるかァア!?」

「ブラッドさん!?」
『どうしたのよ血相変えて?眼球でも飛んでった?』
(キャトラ!?)

「ニィさんの嫌がらせだろ!?クリスマスのアレはよォ!?」
『よくわかんないけど、またヴィンセントに嫌がらせをされたの?』
「おおよ!知らねえオッサンが来たり、女の人たちが来たり……!
全く騒々しいクリスマスの夜だったぜ!」
『それでティナとかに会えなかったってワケ?」
「……いや。それは、都合がつかなくってよ、元々じゃなかったんだが……」
『じゃーいーんじゃないの?』
 「キャトラ?」
『ヴィンセントはさ、アンタが寂しくないようにって色んな人を呼んでくれたんでしょ?
それって悪いことかなぁ?』
「…………」
『一人の夜もいいけどさ、にぎやかなのも楽しいでしょ?でしょ?』
「……まあ、かもしれねえがよ……」
『スキありよ!』
「あ?」

『主人公!やっちゃいなさいな!本当のサプライズはこれからよ!』


思い出6 (友情覚醒)


「うおっ!?急にナニすんだよ!?前が見えね――」


「メリークリスマース!」
「!?」



「ティナ!わざわざ来てくれたのか!?ありがとよ!メリークリスマス!」
「おじさん、私だけじゃないよ。」
「ん?」

「メリ~クリスマ~ス♪ブラッドちゃ~ん♪」
「ニィさん!?このヤロー、どの口が!散々なメに会ったぜ!」
「しゃーねーだろが、当日には全員揃わなかったんだからよ。」
「全員?」

「メリークリスマス、ブラッド。」
「おう!オメーも来てくれたのか!」
「……一つ聞きたいんだけど、いい?」
「え。」

「クリスマスの夜のアレは…………なんだったの?」
「いや、あれはだな……」
「急に呼んで、来ると思った?私が?」
「わ、悪かったって……」

「何の話?」
「なンだブラッド、おめー、女が恋しくなってファラちゃんに声をかけたのか?」
「ちげーよ!」
「おじさん……なんだよソレ……」
「聞いてくれよティナ、本当に違ェんだって!」

「まったく、何考えてるんだか……」
「オメーはわかるだろ!?俺にあんな能力はねぇよ、あれはベンケイの奴が……!」


 『……クリスマスには間に合わなかったけど、よかったわね、ブラッド。』
 「そうだね。みんな一緒で楽しそう♪」




「だったらそう言えよなー。そうだ、オレが呼んどいた三人の美女は――」
「ニィさん!!!」

「……あら。」
「……フケツ……」

「違ェんだって!聞いてくれよ、ティナ~!!!」




ネオンに煌めくアウトロー

その他



相関図


ストーリーまとめに戻る
最近の更新

2017/12/10 (日) 22:08

2017/12/07 (木) 23:33

2017/12/04 (月) 21:14

2017/12/04 (月) 01:40

2017/12/03 (日) 20:23

2017/12/03 (日) 20:13

2017/12/03 (日) 19:45

2017/12/03 (日) 11:16

2017/12/03 (日) 11:04

2017/12/01 (金) 23:30

2017/11/29 (水) 23:25

2017/11/28 (火) 23:33

2017/11/27 (月) 20:45

2017/11/26 (日) 17:14

2017/11/25 (土) 19:44

2017/11/19 (日) 15:42

2017/11/17 (金) 18:44

2017/11/15 (水) 22:14

2017/10/22 (日) 23:03

2017/10/16 (月) 19:56

新規作成

2017/12/10 (日) 22:08

2017/12/07 (木) 23:33

2017/12/04 (月) 21:14

2017/12/04 (月) 01:40

2017/12/03 (日) 20:23

2017/12/03 (日) 20:13

2017/12/03 (日) 19:45

2017/12/03 (日) 11:04

2017/11/28 (火) 23:33

2017/11/27 (月) 20:45

Wikiランキング
【速報】ミラクルニキ攻略アンテナ
DBZ ドッカンバトル攻略Wikiまとめ【ドラゴンボールZドカバト】
白猫プロジェクトwiki【白猫攻略wiki】
4 アイマス デレステ攻略まとめwiki【アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ】
5 ブレソル攻略Wikiまとめ【BLEACH Brave Souls】
6 チェインクロニクル攻略・交流Wiki チェンクロ3
7 消滅都市2 攻略まとめWiki
8 ジョジョの奇妙な冒険 スターダストシューターズ攻略Wiki【ジョジョSS】
9 ドラクエモンスターズ スーパーライト非公式wiki【DQMSL攻略】
10 あんさんぶるスターズ!攻略まとめwiki【あんスタ】
注目記事
きらファン リセマラランキング きららファンタジア
WOFFメリメロ リセマラランキング ワールドオブファイナルファンタジーメリメロ
ミラクルニキ 1周年 ミラクルニキ
ドッカンバトル リセマラランキング ドラゴンボールZドッカンバトル
白猫 凱旋ガチャおすすめ 白猫プロジェクト
アズレン ワイワイお茶会 パズル場所 アズールレーン
デスチャ リセマラランキング デスティニーチャイルド
ウルトラサンムーン レートランキング ポケットモンスターウルトラサン/ムーン
FGO おすすめストーリーサーヴァント Fate/Grand Order
モンスト LINE掲示板 モンスト
ページ編集 トップへ