ブライ・思い出

 
最終更新日時:
ストーリーまとめ

自称天才魔法使い
ブライ・マグマイア CV:室元気
騎士団の副団長を任されている魔法使い。
良家の子息で、豪華な装備を身につけている。



思い出1

どこまでも青く広がる大空に、悠然と浮かぶ、空飛ぶ島――
なんて雄大な姿なんだろう……まるでボクの未来の姿みたいだ。

今のって飛行島を褒めてるようで、実は自分を褒めてるだけよね?
たぶん……?

やあ、ごきげんいかがかな。諸君。
え、きげん? 悪くないわよって、それよりアンタは?
もちろんボクは絶好調さ♪
そ、そう……?
ステキなこともあったしね♪
素敵なこと……ですか?
キミたちと出会ったことさ☆今日はいい日だね♪諸君もそう思うだろ。フフッ♪
あ、はい……じゃないわよ!アタシはアンタが誰だか聞いたのよ!?

そうだったのかい?それは失礼したね。
ボクは ブライ・マグマイア !華麗にして至高の天才魔法使いさ!
家名ではなく、親しみを込めてブライと名前で呼んでくれたまえ!

は、はあ……あの、よろしくお願いします。私はアイリスです。
キャトラよ。こっちは主人公。
ああ。よろしくね☆おっと、握手は出来ないんだ。ごめんよ。
え、するつもりなかったけど、なんかあるの?
ボクの手袋は、パパが知り合いの職人に頼んで作ったものなんだ。
手間ひまかけて仕上げた、超高級品だから汚したくないんだ♪
そ、そうなんですね……
でも大丈夫さ。今手袋を外すから、すこしだけ待ってくれたまえ♪

あ、アイリス……なんかコイツ……めんどくさいわ!
 (言っちゃった……!)


思い出2


  町人  
よいこらせ……どっこいせ……

こんにちは、レディ。
れでぇ? やだよぉ。こんなおばちゃん捕まえて。
さっきから荷物が重そうでしたが、よければこのボクが、お手伝いしますよ!
あれま。手伝うって、荷物を運んでくれるのかい?
ええ! さあ、いきましょ――ぐっぐっ……お、重い……
れ、れでぃ? この袋には一体、なにが入ってるのか聞いてもいいかな?
それは全部食材だよ。おばちゃんの店の料理につかうのさ。
りょ、料理の食材か……なるほど、重いわけ……だ。

大丈夫かい?店は――ほら、すぐそこだからね。
ま、まかせてくれたまえ!これくらいは簡単なものだよ!
助かるよ。ありがとねぇ。


 ***


お……重かった……
ハロー♪
や、やあ諸君! ……ん?なにか楽しそうだね?
ちょっとイイモノが見れたから、気分がいいところなのよ。
そうなのかい?
はい。さっき、おばさんの荷物を運んであげてましたよね。
めんどうなヤツだと思ったけど、アンタあんがいイイヤツね!

ああ、アレを見てたのか。だけど騒ぐほどのことじゃないさ。
ほうほう。言うじゃない。
ボクは<マグマイア家>の名に恥じない行動をとっているだけさ。
どういうこと?

弱者とレディには優しく!ボクの家の家訓だよ。
エリートとして、か弱い者を助けるのは当然なんだ。

普通のエリートはしなさそうだけど。
アンタも服汚すの嫌がりそうだし。

好きじゃないけど、ボクはエリートだからね!
それに、この服はママがお金に糸目をつけずに作ってくれた高級品さ。
ちょっとした汚れなんて、綺麗に拭き取れるよ。
ちなみに、この服のデザインは、あの『メンズナイツ』のモデルにもなった彼が――

そこまで聞いてないわー!


思い出3


キャトラ、準備はできた?
もっちろん♪さ、気合いいれていくわよ!

やあ、諸君。賑やかだね。これからなにかあるのかい?
お仕事よ。オ・シ・ゴ・ト。
私たちギルドのお仕事で、森へ魔獣退治にいくところなんです。
魔獣退治ってキミたちだけでかい?
そうよ。見ればわかるでしょ。
…………
どうかしましたか?

うん。わかった。ボクも一緒に行ってあげよう。
え、アンタが? なんで?頼んでないんだけど?
そんな危ない所へ、キミたちだけで行かせられないよ。女の子には特にね!
は、はあ……?
心配ないわよ。アタシたちは強いんだから。
アンタこそ、そんなひょろひょろで戦えるわけ?
もちろんさ。ボクは栄光ある騎士団に所属する魔法使い!
それも副団長を任されているんだ。安心してくれていいとも。

アンタ騎士だったの?!それも副団長?!
ああ、わかるよ。なんで団長じゃないのかって言いたいんだろ?
は?……え?
本当はパパの口利きで、ボクが団長になるはずだったんだ。
でもさ、まわりの嫉妬が酷くて、結局は副団長になったんだよね。
あ、アンタ……

ま、そんなことより。このボクが一緒に行くんだ。キミたちの安全は保証するよ。
そう言われてもねえ……アンタがどれくらい戦えるのかで、話が全然――
ああ、ボクは魔獣との戦いは初めてだよ。
ちょ、ちょっと?!本当に初めてなの?!
大丈夫さ! だってボクにはパパとママからもらった。この装備があるからね!

杖も装飾品も……とても強い力を感じるわ……
そうだろうとも。これを使いこなすには、天才のボクでも苦労したからね。
でもこれで、キミたちの心配も杞憂だったってわかっただろ。
さあ、キミたち。準備が整ったら。魔獣退治に出発だ!

……い、いつの間にかしきられてる!!?


思い出4


……よし、大丈夫みたいだ。だけど、注意は怠らないでくれ。
え~っと……うん。
それから、疲れた時は遠慮しないで言う事だ。いいね?
……はい。ありがとうございます。
さあ、慎重に進むとしよう。

って、なんでアンタに仕切られてるのよ……
それは騎士であり、天才であるボクが一番の適任だからさ。
でも、これはアタシたちの仕事なんだけど?
もちろんさ。だけど危険なことを知っていて、放置はできないよ。
……ああ……そう。

……キャトラ。
わかってるわよ……だから断れなくて、ちょっと困ってるんだし。
純粋に、私たちを心配してのことだものね……
っ!? 気をつけて!そっちの茂みになにかいる!

キミたち下がるんだっ!ここはボクの華麗な魔法で、片付けてやる!
さあ、でてこい魔獣めっ!!このボクが相手だ!
いくぞっ! この天才の魔法で、吹き飛ぶが良い!!!

ブライが杖を振るうと、魔法の光がほとばしり、現れた魔物を包んだ! しかし――
え……生きてる? そ、そんな!

今よ主人公!やっちゃいなさい!
――!

な! つ、強い……ボクの魔法でも倒せなかったのに……
いや、それより倒せてよかった!キミもイイ連携だったよ!

ま、アタシたちの実力なら当然ね。
これで依頼は完了だから、早く帰りましょう。
うむ。そうだな。さっそく凱旋といこうじゃないか。

…………。


思い出5


あれ……ブライよね?
そうみたいね……なんだか真剣そうだけど……

まだた……もっと……もっと魔力をこめるんだ! 限界まで!

気合いより前に、集中しなさいよ。
でも、あまり魔力を込めすぎると、危ないですよ?

っ!?き、キミたち、いつからっ?!
ちょっと前からかしらね。アンタは特訓中かなにか?
な、なにをいうんだい。天才のボクが特訓なんてするはずないたろ?
じゃあ、さっさのはなんなの?
あれは……そ、そう!新しい魔法を試していたのさ!
ふ~ん。新しい魔法ねえ……で?なんでわさわざごまかすわけ?
ご、ごまかしじゃ……
はいはい。なんかあるなら相談にのるから。
ちょっとキャトラ、少し強引よ……ブライさんにも事情はあるんだから……

…………
……すまない。さっき言った、新しい魔法っていうのは嘘なんだ。でも――
嘘でいいとは思ってない……

……どういうことですか?
ボクは……嘘を本当にしたいと思っているってことさ。
新しい魔法を作りたいわけ?
そうじゃなくて、ボクは――天才になりたいんだ。
華麗に魔法を操ったり、新しい魔法を自分で作り上げたりする、天才的な魔法使いに……
……天才的な魔法使い……

……ボクの家はね、魔法使いのエリートの家系なんた。
そうなの?
ああ。パパもママも魔法が得意で、それを誇りにしているんだ。
でもそんな家族の中で、凡人の落ちこぼれがいる。……ボクさ。

……だからアンタ。ごまかそうとしたの?
……今のボクはこんななんだ。才能も自信ももっちゃいない。
だけどいつかは、望んだ自分になる。それがボクの目標なんだ。
だから、今ここにいるボクはブライじゃない。
言葉通りの天才になれた時――ブライになるんだ。

……天才でなくても。ブライさんはブライさんですよ……
ありがと……でも止めてほしい。そしてどうか――お願いだよ。
このことは誰にもいわないで……
影で特訓してるなんて。ブライ・マグマイアじゃないんだ。
こんな姿を誰かに知られたら、きっとボクはもう。<ブライ・マグマイア>になれないから。


思い出6 (友情覚醒)


こ、これ……キミの魔法かい?
スゴく綺麗だ。なんだか癒やされるよ……

ちょっとは落ち着いたみたいね。
え……
さっきの張り詰めたアンタじゃ、コッチがやりにくいわよ。
それは……申し訳ないことをしたね。
安心してください。私たちは、誰にも言ったりしません。
ほ、本当かい?!
はい。絶対にいいません。それに私たちは今のブライさんも応援しますよ。
ボクを……かい?でも今のボクは、まだ――

人はね、天才も凡才も、誰だって最初は弱いもんなのよ。
それはアンタが尊敬する両親だって、きっとそう。
……パパたちも……
だから、努力してるアンタのことだって、アンタだって認めてやんなさい。
天才になったアンタだって、今のアンタがいなきゃ、生まれないんだから。

キミたち……
ありがとう……今のボクも認めるか……
ボクがボク自身から、目を背けていたのかもしれないな……
理想の自分を目指すのは、いいことだと思うけどね。
こんなボクじゃ、パパたちに申し訳ないって、ずっと考えていたんだ……
でも、なんだか少し、前に進めそうな気がするよ。

大丈夫よ。なにかあれば、アタシたちが協力してあげるから。
それが仲間ですから。
……感謝するよ、諸君。だからここにひとつ、誓いをたてておくよ!
ちかい?

ボクは絶対に、天才と呼ばれる自分になって――
今度こそ、キミたちを助けてみせる!



未来の天才魔法使い

その他



相関図


ストーリーまとめに戻る
最近の更新

2017/10/22 (日) 23:03

2017/10/16 (月) 19:56

2017/10/15 (日) 18:22

2017/10/15 (日) 13:31

2017/10/14 (土) 23:51

2017/10/14 (土) 16:45

2017/10/14 (土) 12:57

2017/10/14 (土) 12:10

2017/10/14 (土) 11:24

2017/10/13 (金) 21:13

2017/10/13 (金) 21:11

2017/10/12 (木) 19:14

2017/10/11 (水) 01:49

2017/10/09 (月) 23:04

2017/10/08 (日) 07:58

2017/10/06 (金) 05:45

2017/10/05 (木) 21:06

2017/10/04 (水) 20:58

2017/10/04 (水) 06:47

2017/10/04 (水) 06:46

新規作成

2017/10/22 (日) 23:03

2017/10/16 (月) 19:56

2017/10/15 (日) 18:22

2017/10/15 (日) 13:31

2017/10/14 (土) 23:51

2017/10/14 (土) 16:45

2017/10/13 (金) 21:11

2017/10/12 (木) 19:14

2017/10/11 (水) 01:49

2017/10/09 (月) 23:04

Wikiランキング
【速報】ミラクルニキ攻略アンテナ
ブレソル攻略Wikiまとめ【BLEACH Brave Souls】
DBZ ドッカンバトル攻略Wikiまとめ【ドラゴンボールZドカバト】
4 アイマス デレステ攻略まとめwiki【アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ】
5 白猫プロジェクトwiki【白猫攻略wiki】
6 ジョジョの奇妙な冒険 スターダストシューターズ攻略Wiki【ジョジョSS】
7 チェインクロニクル攻略・交流Wiki チェンクロ3
8 消滅都市2 攻略まとめWiki
9 ドラクエモンスターズ スーパーライト非公式wiki【DQMSL攻略】
10 あんさんぶるスターズ!攻略まとめwiki【あんスタ】
注目記事
アズールレーン リセマラランキング アズールレーン
ドッカンバトル LRボージャック 評価考察 ドラゴンボールZドッカンバトル
白猫 アトランダムタワー 攻略 白猫プロジェクト
ミラクルニキ 黒薔薇舞踏会 コーデ ミラクルニキ
デレステ イベント Halloween♥Code アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ
あんスタ 親愛イベント 攻略 あんさんぶるスターズ!
戦ブラ 黒瓶 調合レシピ 戦刻ナイトブラッド
FGO おすすめストーリーサーヴァント Fate/Grand Order
ナナフラ リセマラのおすすめキャラ キングダムセブンフラッグス
モンスト LINE掲示板 モンスト
ページ編集 トップへ