ディーン・思い出

 
最終更新日時:
ストーリーまとめ

#ig_ink(喝采を望む騎士)
ディーン・バルト CV:逢坂良太
褒められることが人生の目標という騎士。
称賛を求めて人助けを続ける。



思い出1


<聖地ディルムンで起こった、
世界各国を巻き込んだ戦乱――>

<それは一時の終息を見、
主人公たちも本拠地である
飛行島へと帰還していた。>

<そして、再会の時は、
騒々しく訪れる。>

やあみんな! 久しぶりだな!
さあ拍手!

……あー、はいはい。

なんだよ~少しは褒めてくれよ。

何に対してよ!

何でもいいだろ?

すごいですね、ディーンさん!

アイリス~それだよそれ!!
いや~最高だね~!! 主人公~!

ア、アンタ……飛行島に……
褒めてもらいにきたわけっ!

それは理由の九割ほどだな。
全部じゃない。

大部分じゃない!

残りの一割は……
なんだと思う?

修行だよ、修行~。

剣の修行ってやつ?

もっと、自然に褒めて
もらえるようになるための修行だ!

なんか軽く泣けてきたわ……

がんばってるだろ、俺……
褒めてくれてもいいぜ?

どんよくね!
でもアンタ……
かっかっしすぎなのよ!

甘いぞキャトラ!
人はそんなに褒めてくれないんだ!

あんたがそんなだからよ!

がんばってるディーンさん、
すごいです!

だろう! そうだよな!

思い出2


主人公と、
ディーンが、討伐から
帰ってきた……!

どうだった、まものとーばつは?

それがよう……誰も……
褒めてくれなくってよ……

元気をだしてください、
ディーンさん。

ほーしゅーは出たのよね?
だったらいいでしょ。

よくねーよ!!

ディーンさん、どうしてそんなに
誰かに褒めてほしいんですか?

あー、俺、ほっとんど人から
褒められたことが無くてさー。

そんなことないでしょ。
だって、あんたも昔は
ちっちゃかったのよね?

そりゃあ、ちっちゃかったぜ。

ちっちゃな子は何をしても、
褒めてもらえるモンよ。
アタシ知ってるもん。

いやーそれが全くな。
そういう教育方針でよ。

お父さんにも、お母さんにも?
ぜんぜん?

親父にだな。おふくろの顔は、
……見たことなくてよ。

おふくろから離されて、
育てられたんだよ。俺は。

母親と一緒にいると、誰かに
頼る人間になるから、ってな。

……そんな。

ディーンは、手のひらを広げ、
周囲の神気<ソウル>を動かす。

地面の木の葉が舞いあがり、
ディーンの手に落ちた。

ガキのころから俺は、神気道の
修行にあけくれてた。

その間も俺は、誰にも褒めて
もらえなかった。だから、
褒められるってことが、
良くわからなかった。

そんなときだ……修行が嫌になって
ちょっくら家出したとき、
ケガしてる小鳥がいてよ。

傷口をふさいで、ソウルで
簡単な治療をしてやった。

そうしたら、それを見ていた
女の人が『ぼうや、偉いわね』
っていって頭をなでてくれた。

俺は、初めて褒めてもらった。
その時は、なんのこっちゃ
わからなかったが――

神気道を学んできたことも、
良かったって思えた。

アンタ……!

そーいう人生を歩んできたから、
褒めてほしいって、思うのかもな。

修行――するわよ。

修行~?
まさか、褒められるための?

アンタが自然と褒められるように。
アタシがきたえてあげるわ!

思い出3


<こうして、ディーンの
修行が始まった!>

ディーンさん、すごいです。

え、そうか~? いやあ照れるな!

にやけてる!!
ほら、もっと自然な表情!

し、自然か……

その調子です、ディーンさん!

お、おう~!!
だめだ、にやけざるをえねぇ!

褒められるのに弱すぎ!



ハァ……なにやってんだ、
お前らはよ……

どうしたキース従士?

じゅうし?
キース、アンタどうしたの?

うるせーな。聞くなよ。

こいつ、剣誓騎士団に
入団したんだよ~。

キース、アンタ……!

おめでとうございます、
キースさん!

近々正式に騎士として
叙任されるってさ。

わかってねぇなぁディーンよ。
こいつはお前で儲けるための
第一歩だからな~!

恩賞で儲かった……って
聞いてるぜ?

てめ~からは手付金の
10ゴールドしか受け取って
ねぇんだが~?

そりゃそうだが……
俺でもうけるってどういう?

てめーが素寒貧なのは
知ってるんだよ。だから、
騎士団を俺の金づるに
かえてやるってわけだ。

なるほど、納得……

で、この<修行>いつまで
つづけるんだ?

ディーンが自然に人から
褒めてもらえるように
なるまでよ!

そいつは……しばらく
かかりそうだな……

いや~。それにしても俺って
修行してぼっかりだよな~。

神気道の修行も続けてるしな~。
寝る間も惜しんでな~。

えらいですねディーンさん。

そ、それほどでもあるかな!

一生かかるやつじゃねーか、
大丈夫なのか、総長さん。

そ一ちょー?

ああ、こいつ、剣誓騎士団の
総長になったんだ。

お父さんの騎士団の総長に?

ガラじゃねぇっていったんだが、
なんか、お前にしかできないとか
いわれちまうとな~。

またニヤニヤして!

それはそうと……あ。

なんだ?

ギャレンの奴からだ――
決着をつけたい、だと。

なるほど、わかったぜ……

やるのか?

あいつからも。
褒めてもらいたいしな!

思い出4



総長殿。お話したいことが。

おかたいなあ。その呼び名。

――私は、貴方のことを
誤解していた。

剣誓騎士団を裏切った男だと。
騎士を捨てた男だと、
私はそう思っていた。

間違いじゃねぇしな――
勝手に騎士団抜けたしさ。

貴方は騎士だった。
騎士王を受け継ぐにふさわしい。

そ、そうかな~。
い、いや待て俺!

ここはいいことをいう流れだ!
……いやまて思いつかん。

それも貴方らしい。

ディーンでいいっての。

ではーディーン。
一つだけ聞かせてくれないか。

なんだよかしこまって。

どうしてお母様の葬儀に
参加されなかったのだ?

あー、その時は修行で
<剣の国>を離れててよ。

戻ってくれば良かっただろう!

離れ小島での修行だぜ~?
ほとんど一人暮らしだし……

伝えにくるものがいたはずだ。

いなかったぜ? おふくろが
死んだらしいってのは、後から聞いた。

まー俺にとっちゃ他人みたいな
もんだったからな~。

……他人とは何だ。
たった一人の母親だぞ!

だって顔も見た事ねぇしよー。

……顔も……? ディーン、君は、
お母様の顔も……

いまでも知らん。写真とかも、
のこってねーからなー。

ファフナー……!



カレンは、己に仕える<影>の
精霊を召喚する。

影は一枚の写真の<幻>を
カレンの手の中に生み出した。

写真には、―人の女性と
幼い少女が写っている。

便利だな~!

――この方が、セリア様。
君のお母様だ。

えっ、この――人が、俺の?

そうだ――

あの時……俺を、
褒めてくれた人だ……!

――君は。

あの人は、俺の……
おふくろだったのか……!

……私は……だったら、
なんという、ことを……

君は私のことを、恨んですら――
いなかったのか――!

どういう、ことだ……

セリア様が死んだのは――
私のせいだ――

思い出5


<幼いころ、カレンは、剣誓騎士団の
拠点、ローエングリン城に
預けられていた。>

<理由はガランド王国を二分した
王位継承戦争である。>

君の母親、セリア様は……
お優しい方だった。

甘えることを知らなかった私が、
初めて甘えることができた人だ。

<カレンの母は、幼い娘を置いて
自分の母国である<峰の国>に
帰っていた。>

<ガランド王家の継承権をもつ
娘を連れていくということは、
峰の国に争いを持ち込む
ということでもある。>

私は、セリア様が難しい立場に
おられることも知らずに……
セリア様を連れ出した。

ローエングリン城の外に。

そのせいで、セリア様は――
奴らの手に――!

ガランド王国の前王は、征服王と
仇名される男である。

セリアの父は、王国の宰相。
王国の汚れ役を一手に
引き受けた男だった。

それゆえに、恨まれていた。
その恨みは、宰相の一族にも
及んでいた。

ああ、そうだったのか。
カレン、そんなのを抱えてたのか。

辛かった……よな。

私を気づかうことはない。
全ては――私の甘さか
招いた……ことだ……

強いなカレンは。俺だったら
とっくに潰れてるぜ。

ありかとうな……
教えてくれて……


…………
……


主人公たちは、
ディーンが修行していたという
森に立ち寄った。

いやーすまねーな。
……なんか、急に会いたく
なっちまったんだよ。

ちびっこだった時に、
この森で一人で暮らしてたの?

そーだぜ、なかなかスゴイだろ?

がんばったんですね。ディーンさん。

<ディーンの目の前には、
巨木がある。>

いやー久しぶりだなあ。

立派な木ですね……

アンタ、この木に会いたかったの?

その通りさ。この木は俺の師匠だ。

どーいうこと?

この島、一年の半分は大風か
吹くんたが、この木だけは
風に吹かれてもビクともしない。

どうして?

根っこが探いのさ。
他の木よりも、深いとこまで
根を下ろしたんだろうな。

<木の幹を、リスが駆け上った。
木の枝には何羽もの小鳥が
とまっている。>

この木、いろんな動物が来るんだ。
いろんな生き物に頼られてんだ。

修行で苦しいときゃ、
辛いときに、俺はいつも
この木に励まされてきた。

そして俺はこの木の下で、
ついに見出した。

ひっさつわざっぽいやつ!?

そう必殺技……
<自画自賛>を!!

じが……じさん……!?

誰も褒めてくれないなら、
自分で自分を褒めれぱ
いいってことに気づいたんだ!

どーした主人公。

えっと……アンタに
渡すものがあるって。

思い出6 (友情覚醒)


おお……これはー!!
俺、なんかしらんが、
褒められてる!!

まったく新しい褒められ方だ!

……あんたはずっと……
ほんとに誰にも、褒めて
もらえなかったのね。

ディーンさん、いままでずっと……
がんばってきたんですね。

おお、また褒められてる!

……アンタのこと、
褒めてあげるわ……!

ありかとなーキャトラ師匠。
でも、褒めるのは、ちょっと
あとにしてくれねーか。

いつもだったら、
がつがつしてくるのに。

決着……つけねーとなんだよ。
楽しみはそのあとにとっとくぜ。


…………
……


<剣誓騎士団領<剣の国>。
ローエングリン城。>



<そこに、剣誓騎士団の団員が
集っていた。>



待っていたぞ。ディーン。

ほんとにやんのか?
ギャレン。

騎士団総長の座は、
弱者にはふさわしくない。

両者、構えよ――
その剣で己の証をたてるがいい。

じゃー全力でいくぜ。
お前に褒めてもらう為にな。

<ディーンは腰の位置で構えた。
剣先はギャレンの目に向ける。>

お前は許しを選んだ。
ならばその許しの、正しさを問う。

<ギャレンは剣を頭の高さまで
持ち上げ、切っ先をディーンの目に
つきつける。>

はあああっ!

 はーっ!!

<二人の剣が激突する。
ぶつかりあい、舞い踊り、
火花が散る――!>

<凄まじいまでのソウルが、
練武場を震わせる――!>

おおっ……!!

何だっ……この圧は!!

嵐が――ソウルの激突が、
嵐となって!

<ギャレンは、己のソウルを――
ソウルをもって<高める>>

<ソウルに、ソウルという燃料が
投じられ、爆発的に増加する!>

天を征し、神を討つ――

<ディーンは、己のソウルを――
ソウルをもって<封じる>。>

<ソウルかソウルによって圧され、
極限まで<縮む>!

魔を征し、邪を討つ!

お互いの剣が、激突した――!>

<極限まで<高まった>
ギャレンのソウルが、
極限まで<縮んだ>
ディーンのソウルが――
解放され、激突する!


征天討神剣――!

征魔討邪剣――!


…………
……


知っておろうが、お主のソウルは
常人の半分以下。
故に、厳しい訓練が必要と
カイデン殿は認識されていた。

みな、命じられていたのだ。
ディーン、お主のことを
絶対に褒めるなと。

そう……だったのか……

お主を、セリア様に一切
会わせなかったのも、
そういうことだ……

お前は総長にふさわしい。

行くのか、ギャレン。

俺の弱さが総長を殺した。

早まるんじゃねぇぞ。

殉ずるは、騎士王の理想だ。
もう一度己を鍛え直す。


…………
……


――総長。いや、ディーン。

何だい?

君にいっておくことかある。

お前と決闘はカンベンしてくれ。

君は本当に……よくがんばったな。
それだけ、いいたかった。

だろ~!?
俺もそう思ってたぜ!


託されし者

その他

・メインイベント
 ソウルオブナイツ Story
・サブイベント
・他


・相関図


最近の更新

2017/11/19 (日) 15:42

2017/11/17 (金) 18:44

2017/11/15 (水) 22:14

2017/10/22 (日) 23:03

2017/10/16 (月) 19:56

2017/10/15 (日) 18:22

2017/10/15 (日) 13:31

2017/10/14 (土) 23:51

2017/10/14 (土) 16:45

2017/10/14 (土) 12:57

2017/10/14 (土) 12:10

2017/10/14 (土) 11:24

2017/10/13 (金) 21:13

2017/10/13 (金) 21:11

2017/10/12 (木) 19:14

2017/10/11 (水) 01:49

2017/10/09 (月) 23:04

2017/10/08 (日) 07:58

2017/10/06 (金) 05:45

2017/10/05 (木) 21:06

新規作成

2017/11/19 (日) 15:42

2017/11/17 (金) 18:44

2017/11/15 (水) 22:14

2017/10/22 (日) 23:03

2017/10/16 (月) 19:56

2017/10/15 (日) 18:22

2017/10/15 (日) 13:31

2017/10/14 (土) 23:51

2017/10/14 (土) 16:45

2017/10/13 (金) 21:11

Wikiランキング
DBZ ドッカンバトル攻略Wikiまとめ【ドラゴンボールZドカバト】
【速報】ミラクルニキ攻略アンテナ
アイマス デレステ攻略まとめwiki【アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ】
4 消滅都市2 攻略まとめWiki
5 白猫プロジェクトwiki【白猫攻略wiki】
6 ブレソル攻略Wikiまとめ【BLEACH Brave Souls】
7 チェインクロニクル攻略・交流Wiki チェンクロ3
8 ジョジョの奇妙な冒険 スターダストシューターズ攻略Wiki【ジョジョSS】
9 乖離性ミリオンアーサー攻略Wikiまとめ
10 CHUNITHM【チュウニズム】攻略wiki
注目記事
ポケ森 住民キャラ一覧 どうぶつの森 ポケットキャンプ
ウルトラサンムーン 新ポケモン一覧 ポケットモンスターウルトラサン/ムーン
デスチャ リセマラランキング デスティニーチャイルド
ドッカンバトル リセマラランキング ドラゴンボールZドッカンバトル
白猫 オーバードライブ紅蓮2 白猫プロジェクト
アズールレーン 明石のお願い 暗号の場所 アズールレーン
デレステ イベント Trinity Field アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ
ミラクルニキ 風の谷の伝説 コーデ ミラクルニキ
FGO おすすめストーリーサーヴァント Fate/Grand Order
モンスト LINE掲示板 モンスト
ページ編集 トップへ