ゲオルグ・思い出

 
最終更新日時:
ストーリーまとめ

竜騎士団の団長
ゲオルグ・ランディル
竜騎士団の団長を務める歴戦のドラグナー。
相棒は火竜カグツチ

思い出1

カグヅチに乗ったゲオルグが、
ドシンという地響きとともに、
飛行島に降り立った。


キャトラ
あれ、ゲオルグ、
どこいってたの?

ゲオルグ
周辺の空を巡回していた。
この島で世話になる以上、
せめて警戒くらいはと思ってな。

キャトラ
そんなことしなくても、
ここは空の上なんだから、
誰も襲ってきやしないわよ~、

カグヅチ
能天気な奴め。
われわれがどうやってこの島に
来たのか、もう忘れたのか?

キャトラ
誰がノーテンキよ!!

ゲオルグ
ところで、キャトラ君。
姫様を知らないか?

キャトラ
エクセリアなら、
向こうの木陰でラピュセルと
お昼寝タイムよ。

ゲオルグ
む。そうか……
竜の国>を離れてから、
いささか気の緩みが見られる。
ここはお諫めしなくては……

キャトラ
別にいいじゃない。
王女さまだって休みたいときは
休むべきよ。

ゲオルグ
自分は、陛下より姫様の
指南役を仰せつかっている。

姫様を一人前の
ドラグナーにすることは、
自分にとって至上命題なのだ。

よし、早速、
槍の鍛錬の準備を……

アイリス
おつかれさまです、
ゲオルグさん。

ゲオルグ
ア、アイリス君!?
お、おおおつかれさまだ!

キャトラ
……?
(ずいぶんな慌てようね……)

アイリス
あの……これ、
ヘレナさんからの差し入れです。
新しいお仲間の方に、だそうです。

ゲオルグ
あ、ああ、感謝する。
わざわざすまない……

アイリス
いえ、お気になさらないでください。

…………

ゲオルグ
…………

アイリス
……あの、ゲオルグさん?

ゲオルグ
な、なんだ!?

アイリス
えっと、私、
そろそろ、いきますね。

ゲオルグ
あ、ああ! 行くといい!

アイリス
は、はい! それでは……

ゲオルグ
…………はぁ~…………

キャトラ
……ん~?


思い出2

エクセリア
えい! せあ! たあ!

ゲオルグ
もっと体を前に出すのです!
今の突きでは敵に届きませんぞ!

アイリス
エクセリアさん、
槍の修行中みたいね。

キャトラ
うわぁ、キツそう……
エクセリアも汗だくじゃない。

エクセリア
やあ! せい! はあ!
はぁ……はぁ……
ゲ、ゲオルグ……少し、
休憩させて……

ゲオルグ
姫様、この程度で音をあげては、
一人前のドラグナーには
程遠いですぞ。

エクセリア
で、でも……
前より厳しくなってるような……

ゲオルグ
この鍛錬は、姫様の気の緩みを
正すためのものですからな。

ゲオルグ
さあ姫様、あと1万本いきますぞ!

エクセリア
えええーーっ! もう無理よ!!

ゲオルグ
竜騎士団では、この程度、
当たり前にこなします!
さあ、姫様!

エクセリア
…………

ゲオルグ
……む、姫様?

エクセリア
…………ふぇっ……

ゲオルグ
――っ!!!!

キャトラ
うわ、エクセリア、泣きそうに
なってるじゃない……

アイリス
あの、ゲオルグさん!

ゲオルグ
ア、アイリス君!?

アイリス
エクセリアさんも十分
がんばっていると思います。
だから、ここは……

ゲオルグ
いや、その、しかしだな……
むむむ……

エクセリア
ふぇっ……ひっく……

ゲオルグ
ううっ!
あ……あ……あ……

ひ、姫様! 今日の
鍛錬はここまでとします!

じ、自分はそろそろ
巡回の時間なので、失礼します!

キャトラ
んん……?
あんなにやる気だったくせに、
あっさり引き下がったわね……

エクセリア
ええ、助かったぁ……
ありがとうございます、
アイリスさん……

アイリス
いえ、そんな……

キャトラ
……もしや、ゲオルグって……


思い出3

キャトラ
アンタ、女の子が苦手でしょ。

ゲオルグ
なっ! なななななにを
言っているのだ、キャトラ君!
じ、じじじじ自分はだな……

キャトラ
わかりやすすぎる……

カグヅチ
見え透いた虚勢を張るな。
かえって見苦しいぞ、ゲオルグ。

キャトラ
今ならアイリスも
エクセリアもいないし、
正直に話してみなさいよ。

カグヅチ
ならば話してやろう。
このゲオルグは情けなくも……

ゲオルグ
カグヅチ! ……わかった。
ここまできたら、
包み隠さず話そう……

カグヅチ
ふん、最初からそうしろ。

ゲオルグ
自分は、その……女性と
どう接すればいいのか
わからないのだ。

キャトラ
それはわかってたけど……
なんでまた?

カグヅチ
ゲオルグはこれまで、我ら竜と
ドラグナーの男たちに囲まれた
日々を過ごしていたからな。

ゲオルグ
ああ……竜騎士団にいた頃は、
そういう機会など
まったくなかったのだ。

カグヅチ
まさに灰色の青春というやつだな。
クックックッ……
なんとも情けない話よ。

ゲオルグ
くっ! そんなこと、
お前に言わなくても
わかっている!

キャトラ
でも、よくそれでエクセリアの
指南なんかできるわね。

ゲオルグ
ああ……まさにそれが
悩みの種なのだ……

姫様は王族のご身分だが、
同時に年頃の娘でもある。

自分は、そんな姫様に
どう接したらよいのか、
わからなくなるときがあるのだ。

キャトラ
……もしかして、
この前の鍛錬のときも?

ゲオルグ
あのときは、姫様に良かれと
思ってやったことだった。

だが、まさかあそこで
泣かれてしまうとは……

キャトラ
それであんなに
動揺してたのね、アンタ。

ゲオルグ
くっ! なんと不甲斐ない!
これでは姫様の指南役など……!

カグヅチ
……ゲオルグよ、
我に一つ策がある。

えっ!

ゲオルグ
ほ、本当か、カグヅチ!?
で、その策とはなんだ!?

カグヅチ
……それは、然るべきときが
来たら見せてやろう。
ではな。

キャトラ
??? ど、どゆこと?

ゲオルグ
あのカグヅチの言うことだ。
ここは信じて「とき」とやらが
来るのを待つとしよう。

キャトラ
信頼してるのね。

ゲオルグ
ああ、カグヅチは自分にとって
半身も同然――かけがえのない
相棒だからな。

キャトラ
ふ~ん……


思い出4

キャトラ
前から気になってたんだけど、
ゲオルグってどうやって
あのカグヅチを手懐けたわけ?

ゲオルグ
ああ、それはだな……
少し長くなるが、構わないか?

キャトラ
オーケー!
すっごい気になるし!

ゲオルグ
……そもそも
昔の自分は、ドラグナーを
目指してなどいなかった。

キャトラ
え! いきなり衝撃の事実!?

ゲオルグ
当時の自分は、
己の力を過信していた。

竜に乗って戦うなど、
己一人で戦えない軟弱者の
することだと断じていたのだ。

キャトラ
にわかには信じられないわね……
それで?

ゲオルグ
そして自分は、己が力が
竜に勝ることを証明するために、
様々な竜に挑みかかった。

キャトラ
え、ちょっと、それって……

ゲオルグ
そうだ。命こそ奪っていないが、
やっていることは<竜狩り>と
そう変わらなかった。
我ながら愚かの極みだった。

そんなときだった。
当時、凶暴な火竜として
その名をとどろかせていた
カグヅチと出合ったのは。

カグヅチもまた人間を見下し、
竜こそが地上最強の種族であると
己の力を誇示していた。

キャトラ
……アイツは今も昔も
変わっていないのね。

ゲオルグ
カグヅチとは何日もの間、
戦い続けたが、
今までの竜とは比べ物に
ならないほどの強敵だった。

キャトラ
それで、勝負はどうなったの?

ゲオルグ
実は、それどころではなくなった。

キャトラ
えっ?

ゲオルグ
自分たちの決闘の場に、当時の
竜騎士団が駆けつけ、カグヅチを
取り押さえようとしたのだ。

頭に血が上っていた自分は、
獲物を横取りされたと激昂し、
彼らに矛先を向けた。

キャトラ
な、なんかもうめちゃくちゃね。

ゲオルグ
そうして自分とカグヅチは、
背中合わせになり、ドラグナーたち
をひたすら倒していった。

だが浅はかだった。
我らはその勢いで、当時の団長に
戦いを挑んでしまったのだからな。

結果は惨敗。
自分とカグヅチは完膚なきまでに
打ちのめされてしまった。

キャトラ
あらら……
やっぱり団長さんは
強かったわけね。

ゲオルグ
そして我々は
団長に延々と説教された挙句、
竜騎士団に入団させられたのだ。

キャトラ
なによそれ!?
わけがわからないわ!

ゲオルグ
ああ、まったくだ。だが逆らえば
再び制裁される。自分もカグヅチも
団長に頷くしかなかった。

ゲオルグ
そのときからだったな。
カグヅチとの奇妙な連帯感が
生まれたのは。

キャトラ
はー、アンタたち、とんでもない
問題児だったのね。
で、問題児同士、仲良くなったと。

ゲオルグ
まあ、そのあとも紆余曲折は
あったが、結果として
我らはドラグナーとなった。

キャトラ
なるほどねぇ。
アンタたち似たもの同士だし、
お似合いだと思うわよ。

ゲオルグ
ああ、自分でもそう思う。
まったく、本当にな……

カグヅチ
…………


思い出5

カグヅチ
……ゲオルグ、ついに「」を
なすときが来たようだ。

ゲオルグ
おお、ついにか!
待ちわびたぞ、カグヅチ!

キャトラ
で、一体どうするわけ?

カグヅチ
……まあ、見ていろ。

カグヅチ
おい、小娘。

エクセリア
あら、カグヅチ。あなたから
話しかけるなんて珍しいわね。
なにか用?

カグヅチ
一度しか言わん。よく聞け。

エクセリア
? ええ、わかったわ。

ゲオルグ
ゲオルグは、お前と話すことを
不得手としている。

エクセリア
……え?

ゲオルグ
なっ!? カ、カグヅチ!
お前、なにを……!!

カグヅチ
少しは態度を改めることだな。
泣けば済むなどという
甘い考えも捨てることだ。

エクセリア
………っ!

ゲオルグ
カグヅチ!
今すぐその口を閉じろ!

エクセリア
……ゲオルグ……私……

ゲオルグ
姫様! 違うのです!
今のはコイツが勝手に……!


エクセリア
っ! ごめんなさい!!

ゲオルグ
ひ、姫様! 姫様―――!!

ゲオルグ
ええい、カグヅチ、貴様、
姫様になんてことを言うのだ!

カグヅチ
ふん、今の調子では
いずれバレることだろう。
速いか遅いか、それだけだ。

ゲオルグ
言い方というものがあるだろう!
小言か皮肉しか言えんのか貴様は!

カグヅチ
我は真実しか言わん。
お前たち人間と違ってな。

ゲオルグ
減らず口を……!

カグヅチ
なんだ、我とやる気か?
今ここで「あのとき」の決着を
つけてもいいのだぞ?

ゲオルグ
上等だ!
今度こどねじ伏せてくれる!

カグヅチ
ふん、ならば消し炭にしてくれる!

キャトラ
ぎゃああ! やめんかー!
飛行島が火の海になるわ!

うおおおおーー!!

グルァァァーー!!

キャトラ
ひいいい! お手上げだわ!
主人公、止めてぇ!


思い出6


ゲオルグ
む! これは……!?

カグヅチ
ルーンの光、か……?

アイリス
――ゲオルグさん。

エクセリア
…………

ゲオルグ
アイリス君、姫様!

アイリス
さ、エクセリアさん、
ゲオルグさんに言いたいことが
あるんですよね。

っ!?

エクセリア
ゲオルグ……えっと、その……

さっきはなにも言わずに逃げ
出したりして……ごめんなさい!

ゲオルグ
そ、そんな!
顔を挙げてください、姫様!
そもそもこれは自分が……!

エクセリア
私がゲオルグの負担になってたこと、
ずっと気付かなくて……
本当にごめんなさい!

ゲオルグ
いえ、ですから違うのです、
姫様! 自分は、その……

キャトラ
もうさ、正直に言おうよ。
でないと、どんどん話が
こじれるわよ。

ゲオルグ
ぬうう! ……そうだな……
もうそれしかあるまい……

ゲオルグ
姫様、聞いてください。
その、実は自分は……

…………
……

ゲオルグ
ー―ということなのです。姫様。

エクセリア
そういうことだったのね、
ゲオルグ……

ゲオルグ
本当に申し訳ありません、姫様!
すべては自分の未熟が故のこと!

ゲオルグ
かくなる上は、団長の座を辞し、
しかるべき処分を……!

エクセリア
落ち着いてゲオルグ!
あなたはなにも悪くないわ!

ゲオルグ
で、ですが……!

エクセリア
安心して、ゲオルグ。

私はゲオルグのこと、
なんとも思ってないから!

ゲオルグ
…………

キャトラ
…………

エクセリア
……あっ、違うわ!
そのままの意味じゃなくて!

えっと、私にとってゲオルグは、
一番尊敬するドラグナーで、
私を導いてくれる大切な人。

その事実だけはなにがあっても
変わらないわ。

だからゲオルグ、
そんなに気負わないで。
たとえなにを言われても
私は大丈夫だから!

キャトラ
……って言いたかったわけね。

ゲオルグ
姫様……!
もったいないお言葉です……!

エクセリア
それからカグヅチもありがとう。
あなたのおかげで、ゲオルグの
気持ちに気付くことができたわ。

カグヅチ
ふん、小娘が
知ったような口をきくな。

キャトラ
それじゃ、話も済んだことだし、
みんなでお茶会しましょ!

エクセリア
賛成です♪
もちろんゲオルグも来るわよね?

ゲオルグ
は……はっ!
このゲオルグ、姫様に
どこまでもお供いたします!

アイリス
ゲ、ゲオルグさん、
相変わらずですね……

キャトラ
まあいいじゃん、
ゲオルグらしくてさ。
さっ、早くいきましょ!

ゲオルグ
……礼を言うぞ、カグヅチ。

カグヅチ
なんのことだ。

ゲオルグ
頭の回るお前のことだ。
こうなるとわかった上での
」だったのだろう?

カグヅチ
考えすぎだ。
我はただ、グズっているお前に
喝を入れたかっただけだ。

ゲオルグ
だがその結果、自分は姫様に
本心を打ち明け、姫様は
それを受け入れてくださった。

カグヅチ
……まったく、
これだから人間というのは……

エクセリア
ゲオルグ~、カグヅチ~!
早くいきましょう~!

ゲオルグ
いくぞ、カグヅチ。
姫様がお呼びだ。

カグヅチ
むう、不本意だが、
無視するとうるさそうだ。
……たまには付き合ってやるか。



燃え盛る闘志のドラグナー

思い出7

カグヅチ
グルゥアァァァ!!

ゲオルグ
はああぁぁーーー!

キャトラ
ちょ……! またケンカ!?

ゲオルグ
いや違うぞ、キャトラ君。
これも鍛錬の一環だ。

それにしては、
なんだか鬼気迫るものが……

カグヅチ
当然だ。
隙あらは頭を噛み砕くつもりで
やっているからな。

ゲオルグ
お前こそ、角の2、3本は
覚悟することだな。

カグヅチ
…………

ゲオルグ
…………

ゲオルグカグヅチ
ウオオオォーーー!!

キャトラ
やっぱケンカでしょコレ!?

思い出8 (神気解放)

ゲオルグ
……腕をあげたな、カグツチ。

カグヅチ
貴様こそ、昔に比べて
しぶとくなったものだ。

主人公
――♪

ゲオルグ
む? 君も自分たちと
鍛錬したいと?

うむ、いい心がけだ!
ならば、ともに高みを
目指そうじゃないか!

カグヅチ
ほう……ならば、その言葉に
偽りがないか試してやろう。

ゲオルグ
カグツチ相手なら遠慮は無用だ。
思いきり打ち込んでやれ!

その他

・メインイベント
・サブイベント
・他

・相関図



最近の更新

2017/10/16 (月) 19:56

2017/10/15 (日) 18:22

2017/10/15 (日) 13:31

2017/10/14 (土) 23:51

2017/10/14 (土) 16:45

2017/10/14 (土) 12:57

2017/10/14 (土) 12:10

2017/10/14 (土) 11:24

2017/10/13 (金) 21:13

2017/10/13 (金) 21:11

2017/10/12 (木) 19:14

2017/10/11 (水) 01:49

2017/10/09 (月) 23:04

2017/10/08 (日) 07:58

2017/10/06 (金) 05:45

2017/10/05 (木) 21:06

2017/10/04 (水) 20:58

2017/10/04 (水) 06:47

2017/10/04 (水) 06:46

2017/10/03 (火) 21:22

新規作成

2017/10/16 (月) 19:56

2017/10/15 (日) 18:22

2017/10/15 (日) 13:31

2017/10/14 (土) 23:51

2017/10/14 (土) 16:45

2017/10/13 (金) 21:11

2017/10/12 (木) 19:14

2017/10/11 (水) 01:49

2017/10/09 (月) 23:04

2017/10/08 (日) 07:58

Wikiランキング
【速報】ミラクルニキ攻略アンテナ
アイマス デレステ攻略まとめwiki【アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ】
DBZ ドッカンバトル攻略Wikiまとめ【ドラゴンボールZドカバト】
4 ブレソル攻略Wikiまとめ【BLEACH Brave Souls】
5 白猫プロジェクトwiki【白猫攻略wiki】
6 チェインクロニクル攻略・交流Wiki チェンクロ3
7 ジョジョの奇妙な冒険 スターダストシューターズ攻略Wiki【ジョジョSS】
8 ドラクエモンスターズ スーパーライト非公式wiki【DQMSL攻略】
9 消滅都市2 攻略まとめWiki
10 Sガンロワ攻略Wikiまとめ【スーパーガンダムロワイヤル】
注目記事
アズールレーン リセマラにもおすすめのキャラ アズールレーン
ドッカンバトル LRボージャック 評価考察 ドラゴンボールZドッカンバトル
白猫 帝国戦旗 攻略 白猫プロジェクト
ミラクルニキ 黒薔薇舞踏会 コーデ ミラクルニキ
デレステ イベント Halloween♥Code アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ
あんスタ 親愛イベント 攻略 あんさんぶるスターズ!
戦ブラ 黒瓶 調合レシピ 戦刻ナイトブラッド
FGO おすすめストーリーサーヴァント Fate/Grand Order
ナナフラ リセマラのおすすめキャラ キングダムセブンフラッグス
モンスト LINE掲示板 モンスト
ページ編集 トップへ