エドガルド・思い出

 
最終更新日時:
ストーリーまとめ

死せる海賊
エドガルド・マレル CV:
命を落としてなおさまよう、幽霊船長。
飛行島の略奪をもくろんでいる。



思い出1


 ???  
――ケハハハハハハハハハハッ!

 けたたましい笑い声を上げながら――
 目の前に、空から大柄な男が
 ずどんッ! と降ってきた!


 ???  
ここかァ――?
飛行島ってのはよォ――

ケケケ――いい船じゃねェか。
このエドガルドさまに略奪されんのを、
今か今かと待ってやがるぜ!

 キャトラ  
な、なに勝手なコト言ってんのよ!
ここは主人公の島なんだからね!

 エドガルド 
ハ! ハ! ――そりゃアそうだ。
そりゃアそうだろうよ、
しゃべる子猫のお嬢ちゃん!

海賊ってのは、他人様の財産を略奪
すんのが仕事なんだからよォ!
ケハハハハハハハハハハッ!

 キャトラ  
か――海賊ぅ!?

 アイリス  
ここ、海じゃありませんけど……?

 エドガルド 
海だろォーが、空だろォーが!
船があるなら、海賊の縄張りよ!

さァ――て、主人公ってのは、どいつだァ?
ひとつ、島を賭けて勝負といこうぜェ!



 エドガルド 
……あン?
って、おい、ガキじゃねェか。
てめェがこの島の主だってのか?

カァ―――――ッ!!

ンだそりゃあ! なんでガキが
一丁前に船長やってやがんだ!
危ねェだろ!

海の怖さを知らねェガキにゃ、
船を任せちゃいられねェってんだ。
親はどうした、親はよォ!?

カーッ、やってらんねェぜ。
す~っかりやる気がうせちまった。
ハ!

 キャトラ  
……って、アンタ!
なに道端に座っちゃってんのよ!
さっさと出ていきなさいったら!

 エドガルド 
ヤだね。オレァここで、そいつが
大人になるのを、じィ~~っくりと
待たせてもらうぜェ。

いいな、小僧。てめェがでっかく
なったら、晴れて島を賭けて一勝負だ。
忘れんじゃねェぞ。

 キャトラ  
はぁ!? ちょ、アンタねぇ――

 エドガルド 
ぐがー……ぐがー……
むにゃむにゃ……

 キャトラ  
勝手なことばっか言ってるんじゃ
ないわよ――って、いってるそば
から勝手すぎぃ―――っ!!

 アイリス  
あの人……
それに……あの剣は――

思い出2


 エドガルド 
おう。小僧、ちいとは育ったか?
……ンだよ、ぜんぜんじゃねェか。

 キャトラ  
人間がそんなすぐさま育つ
ワケないでしょーが。

ていうか、なに当たり前みたいな顔
して島に居ついてるのよ!

 エドガルド 
あいにく、この島を略奪するまでは
出ていくつもりはねェんでなァ。

おう。小僧。てめェ、
とっととでかくなりゃアがれ。
肉おごってやるからよ、肉。

 アイリス  
よかったね、主人公。

 キャトラ  
そうかなぁ……

 エドガルド 
ちいとは鍛えてるみてェだが、
まだまだひょろひょろじゃねェか。
そんなザマでよォ、立派な海賊に
なれると思うかァ? ああン?

 キャトラ  
な・ら・な・い・し!

 アイリス  
ところで、エドガルドさん……
おうかがいしたいことが
あるんですけど――

 エドガルド 
ああン? なんだ、お嬢ちゃん。
あらたまってよォ。

 アイリス  
エドガルドさんって……
お亡くなりになってますよね?

 エドガルド 
……は?

ク――ククククク――
ケハハハハハハハハハハッ!

面白ェことを言うお嬢ちゃんだ!
この大海賊エドガルドさまが、
おっ死んじまってるだァ?

ケハハハハッ、ンなわきゃァ――

 キャトラ  
はい、鏡。

 キャトラの差し出した鏡に、
 血の気の失せたエドガルドの顔が
 まざまざと映し出される。

 エドガルド 
………………

 キャトラ  
………………

 エドガルド 
――って、死んでんじゃネェか!?

 キャトラ  
そう言ってんじゃん!

 エドガルド 
おいおいおいおいマジかよおい……
なんてこった……信じられねェ……

こんな青白くなっちまったら、
いい男がダイナシだろうがよ!!

 キャトラ  
ショック受けるのそこでいいの!?

思い出3


 アイリス  
エドガルドさんは、どうして
命を落とされてしまったんですか?

 エドガルド 
うぅ~む……まるでわからねェ。
どうも記憶があいまいでなァ……

 アイリス  
実は、その剣から、強い魔の力を
感じるんです。ひょっとして、
何か関係が――

 エドガルド 
どうだかなァ。こいつも、
気がついたら持ってたって
ことしかわからねェ。

海賊だったとか、自分の名前とか、
そういったことならともかく……
細かい思い出となるとさっぱりよ。

 キャトラ  
そもそもさ~、飛行艇がこんだけ
飛んでる時代に、なんでわざわざ
海賊なんてやってたわけ?

 エドガルド 
そりゃアおめェ、こんな時代でも、
船が現役で海を走ってるからよ。

人を運ぶにゃア、
飛行艇の方が便利だが――
荷を運ぶってんなら、
やっぱ船の独壇場よ。

 アイリス  
そうなんですか?

 エドガルド 
飛行艇ってなァ、ルーンの力で
飛んでやがるからな。
荷を積んで重くなりゃ、そのぶん、
消費するルーンの量がかさむ。

大量のルーンも積まなきゃならねェ
となると、積み荷の量にゃア、
さらに制限がかかっちまう。

つうわけでな。
ルーンを使わねェ普通の船の方が、
積み荷を多く運べる
ってもんなのさ。

 キャトラ  
へぇ~……
そういう仕組みだったのね。

 エドガルド 
でもって、大量の荷を積んだ商船は
海賊にとっちゃア格好の獲物だ。

まだまだオレたち海賊の飯のタネは
尽きねェってことだな。
ケハハハハハ!

 アイリス  
エドガルドさんも、船の積み荷を
略奪していたんですか?

 エドガルド 
そりゃアそうよ。海賊だからな。

ただ、どんな船でも襲うわけじゃ
ねェ。略奪すんのは奴隷商船だけ
ってのが、オレの流儀でな。

 キャトラ  
どれーしょーせん?

 エドガルド 
どっかで捕まえてきた大量の人間を
奴隷として売るために運ぶ船よ。

今となっちゃア違法な商売さ。
だからオレたち海賊が襲っても、
誰にも文句は言われねェ。

 アイリス  
つまり、悪い人からしか
略奪はしないんですね。

 キャトラ  
……って、だったらなんで、
飛行島を略奪しようとしたのよ!

 エドガルド 
そりゃアおめェ。
そのへんスコンと忘れてたからよ。

 キャトラ  
シャアーッ!!


思い出4


 アイリス  
ねえ、主人公。
今日のお昼は、なににしよっか?

 エドガルド 
おう、小僧、あんまり肉ばっか
食うんじゃねェぞ。

 キャトラ  
この前は、いっぱい肉を食べろって
言ってたじゃん。

 エドガルド 
肉を食わにゃアでかくなれねェのは
確かだがよ。肉しか食わねェで
いると、病気にかかるんだよ。

 アイリス  
そうなんですか?

 エドガルド 
おう、壊血病って言ってな。
船乗りのよくかかる病よ。

長ェ航海に出るとな、保存のきく
干し肉やらビスケットやらばっか
食う日々が続くわけよ。

すると、どういうわけか壊血病に
かかりやすくなっちまってなァ。
それでもう、バッタバッタ死ぬ。

そこで船乗りたちが神に祈ると、
航海を守護する天使が降臨し、
こう言ったそうだ――

<肉、肉、野菜!肉、野菜だー!>
……と。

 キャトラ  
どんなお告げよ!?

 エドガルド 
実際、野菜の漬け物を持ち込んで
みると、見事に病気にかかりにくく
なってなァ。

つうわけでな、小僧。肉ばっか
食うんじゃねェぞ。野菜も食え。

 アイリス  
……ふふ。
エドガルドさんて、なんだか
世話焼きのお父さんみたい。

 エドガルド 
ああン? おいおい嬢ちゃん、
言うに事欠いてそりゃねェぜ。
海賊がガキの世話なんざ――
………………ッ!?

 アイリス  
エドガルドさん……?
どうしたんですか?

 エドガルド 
い――いや……
なんでもねェ……

それより――ほれ!
メシ食うんだろうが、メシ!
さっさと行きゃあがれ!

 キャトラ  
? 変なの~。


 エドガルド 
そういう、ことか……

ハ……
なっさけねェったらねェ――

思い出5


 エドガルド 
……………………

 アイリス  
あら、エドガルドさん。
おはようございま――

 エドガルド 
この島は、今日から
このエドガルドさまのもんだァ!

おとなしく投降しやがれ!
さもねェと――ぶった斬るぜェ!?

 キャトラ  
ちょっと! 子供とは
戦わないんじゃなかったのぉ!?

 エドガルド 
ゥるっせェ!
小僧が育つのを、チンタラ
待ってなんかいられるかよッ!

オレにゃア、やるべきことがある。
それにゃア、この島が必要だ。
だから奪う! それだけのことよ!

 アイリス  
エドガルドさん……!

 応えず――エドガルドは、禍々しい
 光を放つ魔剣を構えた。

 エドガルド 
抜けや――小僧……

……どうした。
聞こえねェのかァ――?

さっさと剣を抜かねェと……
この<ほの暗く燃ゆるもの>の
サビになるって言ってんだよォッ!

 図体に見合わぬ、ふわりと揺らぐ
 ようなかろやかな踏み込み――
 でありながら、恐るべき苛烈さを
 秘めた一刀が振り下ろされる。

 剣を抜く――受け止める。
 撃剣一陣、刀光剣影――
 爆ぜる火花が互いを照らす。

 噛み合う剣にならうかのように、
 エドガルド自身も、歯をむき出しに
 大きく口を開いた……

 エドガルド 
ケケケ――
腕ェ、上げたんじゃねェかァ?
小僧っ子ォ――

たぎってきたぜェ……
略奪ってなァ、こォでなくちゃなァ!!

ケハハハハハハハハハハハハッ!

思い出6


 エドガルド 
なんだッ……
こいつはッ……!?

光――
あいつら>みてェな……
キラキラしたッ……、光ッ……!

 エドガルドは、左手で顔を抑え、
 よろめきながらあとずさる……

 エドガルド 
ヘッ……
やっぱ、ダメだわ。

邪気のねェ目ェしやがってよォ。
ったく……やり合う気が失せるぜェ。

 アイリス  
あの、エドガルドさん……
どうして、突然――?

 エドガルド 
……思い出したのさ。
オレが死んだときのことをよ。

オレァ――あの日も、奴隷商船を
襲って、ガキどもを開放している
真っ最中だった……

 キャトラ  
ガキども、って……
子供の奴隷がいたの!?

 エドガルド 
ああ、身寄りのねぇ連中や、
親に売りさばかれた連中がな。

そういうヤツらを解放して、まあ、
行くアテもねェだろうから仲間に
引き入れるってのが、いつもの
オレのやり方だった。

だが、そのとき、オレたちが襲った
奴隷商船に、いきなり魔物どもが
乗り込んで、火を放ちやがった――


 ***

 エドガルド 
なんだって魔物なんぞがッ……!
おいッ! 全員、丸焼けになる前に
我が家に戻りやがれッ!


 ???   
ほう――活きのいいソウルだ。
我らの悲願のため、
役立ってもらうとしよう――

 エドガルド 
ぐはぁあああッ……!?
て、めェ――こ、の――
なに、もン、だっ……

 ???   
海賊風情が我が名を問うか。
愚弄だな――
あまり時間もない。仲間ともども、
業火に焼かれて散るがいい――!

……ッ!?
貴様――私の魔剣を……!?
いつの間に……!

 エドガルド 
ケ……ハ、ハハッ、ハ……ハッ!
略奪は……海賊のオハコ……
って、なァッ!!

 ???   
くっ……!
貴様……仲間が逃げるための
時間稼ぎをするつもりか……!

 エドガルド 
あまり時間もない>、んだろゥ?
ケケケ――どうするよ? ええ?

 ???   
…………
……非礼を詫びよう、海賊。
この私の剣を奪い、あまつさえ
傷をつけるとはな……

だが――人間ごときが、その魔剣、
ほの暗く燃ゆるもの>を手にして
まともに死ねるとは思わぬことだ!

 エドガルド 
へ……ヘヘ――
あいにく……オレの行き先なんだ、
とうに、地獄に指定ずみ……よ……


 ***


 エドガルド 
仲間は船に戻ったが、オレァ、
奴隷商船ともども海に沈んでな……

気がつきゃ、幽霊船を操る
船長をやってたのよ。
この剣の呪いか何かのおかげでな。

 アイリス  
幽霊船、ですか……
やっぱりその剣――おそろしい
呪いを秘めた品なんですね……

 エドガルド 
仕方なく、その船でもって、オレを
殺した野郎を探してたんだが……

エクソシストとかいう連中に、
浄化されそうになってなァ。
オレァ耐えたが船は消えちまった。

ンで、新しい船を求めてこの島に
来たものの……浄化されかかった
ショックで記憶が飛んじまった
みてェだな。

 キャトラ  
なるほどぉ~……ってぇ!
その記憶が戻ったのに、どーして
襲いかかってきたわけぇ!?

 エドガルド 
……この島にゃア、力がある。
ヤツをブッ倒せるだけの力がな。
だから奪うしかねェと思った。

だが――ヘッ。やっぱ、どうにも
ガキの目ってのは苦手でよ。
にらみ合うのも疲れるときた。

 アイリス  
エドガルドさん……
あなたがその人を追うのは
復讐のためですか? それとも――

 エドガルド 
――野郎は、活きのいいソウルを
集めてやがった。いずれ、
てめェらの前にも現れるだろう。

ま、てめェの腕なら簡単に殺される
こともあんめェ。オレさまが
手助けすりゃア、なおさらよ――

ただし! てめェの目の光が
消えでもしたら、オレァいつでも
この島をブン取ってやる。
それを忘れんなよ。

なんせ、海賊ってのは
極悪人だからなァ――
ケハハハハハハハハ!




不死なる業火の大海賊




思い出7


 エドガルド 
な、なんだァ!?

 エドガルドの魔剣――
 <ほの暗く燃ゆるもの>が、
 妖しく光り輝く……!

 アイリス  
! 魔剣の呪いが……
どんどん膨れあがって……!

 エドガルド 
う……おォお……おおオ!!

 キャトラ  
エドガルド!


 エドガルド 
おいおい……
いよいよオレまで
喰らいつくそうってかァ……!

ケッ、たかが剣の分際でよォ……

ナメてんじゃねェそォーーッ!

思い出8 (神気解放)



 エドガルド 
うおおォォらァァー!

 エドガルドは、気合とともに
 魔剣を振り抜いた!

 エドガルド 
フゥゥゥゥ……
ったく、手こずらせやがって……

 主人公   
……。

 エドガルド 
あア、なんてこたァねェ。
コイツがオレの魂を
食おうとしやがっただけだ。

そんな顔すんな。
ちとばかし気合を入れれば
あとは なんとかなる もんだぜェ?


ほの暗く燃ゆるもの>……
オレの隙をついたんだろうが、
ちと甘かったようだなァ。

金だろうが命だろうが、
オレから略奪しようなんざ
100年早ェんだよッ!

ケハハハハハハハハハハハハ!


その他

フォースター5th Story
・夢を追え 追って、つかめ Story
フォースター6th Story
フォースターXmas Story
・サマー!サマー!!サマー!!! Story
エドガルド(サマー版)・思い出
 インヘルミナ(サマー版)・思い出 4
 レイヴン(サマー版)・思い出 3

相関図


最近の更新

2017/06/24 (土) 09:58

2017/06/18 (日) 00:10

2017/06/04 (日) 14:50

2017/06/04 (日) 14:49

2017/06/04 (日) 14:25

2017/06/03 (土) 23:48

2017/06/03 (土) 23:46

2017/06/03 (土) 23:11

2017/05/20 (土) 16:56

2017/05/20 (土) 16:49

2017/05/20 (土) 07:22

2017/05/20 (土) 00:32

2017/05/19 (金) 06:44

2017/05/19 (金) 06:29

2017/05/19 (金) 06:27

2017/05/19 (金) 06:24

2017/05/18 (木) 06:03

新規作成

2017/06/18 (日) 00:10

2017/06/04 (日) 14:25

2017/06/03 (土) 23:46

2017/06/03 (土) 23:11

2017/05/20 (土) 16:56

2017/05/20 (土) 00:32

2017/05/19 (金) 06:44

2017/05/19 (金) 06:29

Wikiランキング
【速報】ミラクルニキ攻略アンテナ
白猫プロジェクトwiki【白猫攻略wiki】
アイマス デレステ攻略まとめwiki【アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ】
4 消滅都市2 攻略まとめWiki
5 チェインクロニクル攻略・交流Wiki チェンクロ3
6 ハンターハンター バトルオールスターズ攻略まとめWiki【HHBAS】
7 ブレソル攻略Wikiまとめ【BLEACH Brave Souls】
8 DBZ ドッカンバトル攻略Wikiまとめ【ドラゴンボールZドカバト】
9 ドラクエモンスターズ スーパーライト非公式wiki【DQMSL攻略】
10 ジョジョの奇妙な冒険 スターダストシューターズ攻略Wiki【ジョジョSS】
注目記事
白猫 名星会版コヨミ 評価 白猫プロジェクト
白猫 名星会版エスメラルダ 評価 白猫プロジェクト
シノアリス 正義の鉄槌ガチャ 評価 シノアリス
ファイトリーグ リセマラランキング ファイトリーグ
ドッカンバトル ロゼ&ザマス 評価 考察 ドラゴンボールZドッカンバトル
デレステ イベント Yes! Party Time!! アイマス シンデレラガールズ スターライトステージ
チェンクロ3 ギルティギアコラボ ソル=バッドガイ チェインクロニクル3
ミラクルニキ 音楽会-クラシックの調べ ミラクルニキ
DQMSL 幻魔の塔 攻略 ドラクエモンスターズ スーパーライト
モンスト LINE掲示板 モンスト
ページ編集 トップへ